. GACKTとROLANDのパクリ騒動から学ぶ謝罪のあり方:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載343 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

■ブッチNEWSのメルマガ(※認証あり)


PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]



芸能・エンタメ

GACKTとROLANDのパクリ騒動から学ぶ謝罪のあり方:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載343

2020.12.24(木)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

第343回 GACKTとROLANDのパクリ騒動から学ぶ謝罪のあり方

 12月16日、GACKTと、「ホスト界の帝王」とも呼ばれるタレント・ローランドがプロデュースし、キャバ嬢御用達ブランドのdazzy社が運営する、「女性を『一流』にする」ためのドレス・ランジェリーブランド「G&R」が、第1弾企画としてドレス数点を発表。ところが、その一部が、海外ブランドのデザインを模倣しているとネット上で話題になり、dazzy社は疑惑を認め公式サイトで謝罪。GACKT、ローランド、そして今回ディレクターを務めた、元キャバ嬢の門りょうも、それぞれのSNSで謝罪したというニュース、みなさんはご存じかしら。
 なんでも、ドレス担当のデザイナーの一人が、アイデアに行き詰まり、他社の既存商品のデザインを盗用してしまったとのこと。

 気になって、アタシ、すぐにG&Rの商品とパクリ元の商品を見比べてみたんだけど(野次馬根性炸裂)、あまりにも似すぎていて、どうにも言い逃れできないレベルだったわ……。

 いや、正直言って、そのデザイナーの気持ち、わからなくもないの。アイデアって、どうしても波があるじゃない? 刻々と迫る締切。上司やクライアントからのプレッシャー。浮かばないアイデア。追いつめられ、頭が真っ白になり、いけないことだとは思いながら、つい他者のデザインを真似してしまう……。同じ立場なら、アタシもやらない自信はないわ(おい)。

 ただ、デザイン盗用のニュースを見るたびにいつも思うのが、「いやいや、だからといって、そこまで同じにする必要なくない?」ということ。今回も、長袖が半袖になるなど、デザインには若干変化が加えられているので、せめて配色や柄のテイストだけでも違うものにすればだいぶ印象が変わっただろうに。たとえ盗用であっても、つい「いや、このデザインにはこの配色、この柄でなければ成立しないッ」みたいなデザイナー魂が発動してしまったのか、実はデザイナーが会社や上司、クライアントに不満を抱いていて、「ふん、大騒ぎになればいいのにッ」と、あえてバレバレな盗用をしてしまったのか、追い詰められすぎて完全にヤケになっていたのか。いずれにしろ、闇の深さを感じるわ……。

 ところで今回、ローランドの謝罪動画が「言い訳など一切しておらず、潔い」と話題に。これも早速観てみたんだけど、「(おそらく身内であろう)撮影者に鋭いツッコミをさせ、それに素直に答える」という形式は、賢いなァと思ったわ。もしかしたら今後、この形式が、謝罪動画の一つのフォーマットとして定着するかも(さすがに、本人が問題行動を起こした場合は、どんな謝罪をしようと炎上するだろうけど)。

<水曜連載>(今回木曜更新)

画像:「ローランドから皆様へご報告(Youtubeより)」https://youtu.be/R6n34d4LSnE

エスムラルダ参加ユニット「八方不美人」、「ソウゾウするちから~普通ってなんだろう Panasonic×プライドハウス東京レガシー共同企画~」にゲスト出演(中継は終了)。現在、アーカイブを限定公開! Youtubeでどなたでも視聴可能! ぜひごらんください。
https://www.youtube.com/watch?v=o70l2yFJ9uM

デビューミニアルバム「八方不美人」、2ndミニアルバム「二枚目」発売中! 
楽天ブックス特設CD販売ページ
https://books.rakuten.co.jp/artist/100000000837805/

JOYSOUNDの新機種で「愛なんてジャンク」本人映像と「流砂の恋」「罰をくらえ愛で」配信中、Youtubeで「流砂の恋/ドリアン・ロロブリジーダ」「ディレンマ/エスムラルダ」「魔法時間/エスムラルダ」、最新曲「地べたの天使たち」ほか大量MV公開!

twitter https://twitter.com/happofubijin
instagram https://www.instagram.com/HappoFuBijin/
公式Youtubeチャンネル(登録してね!)

https://www.youtube.com/channel/UCqKkWYmusKHrfmOQtlWYn8Q

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著) 
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバーはこちら →
https://wp.me/p95UoP-4L
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/135072


 


スポンサーリンク

 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジン




Powered by Vivvo CMS v4.6