. 初めて買ったユニフォーム:「ゆるゆるベイスターズファン」鈴木詩子連載6 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


芸能・エンタメ

初めて買ったユニフォーム:「ゆるゆるベイスターズファン」鈴木詩子連載6

2020.06.09(火)


野球興味ゼロのマンガ家・鈴木詩子がなぜベイスターズにハマるのか?

ゆるゆるベイスターズファン
〜野球のルールこれから覚えます〜

第6回 初めて買ったユニフォーム

横浜ベイスターズの試合を観に行くようになって4回目、ついに私もレプリカユニフォームを着て、チームを応援したいなと思うようになりました。

さて、どの選手のユニフォームにしよう? と考えた時に一番最初に頭に浮かんだのが、山崎康晃選手(背番号19)で、すぐに購入を決めたんですよ。

初めて山崎選手を見た時の衝撃は凄かったんです。いきなり試合の終わりの方で小さい車に乗って現れると、スタジアムのファン達は山崎選手のタオルを持って大熱狂でジャンプ! ジャンプ! これは〝ヤスアキジャンプ〟という恒例の応援で、会場がめちゃくちゃ盛り上がって、私も訳も分からずジャンプしました。そして山崎選手は淡々と投球し、試合を勝利に導くと、颯爽と帰っていったのですが……それが凄くかっこよかったんですよね。 野球初心者の私は、クローザー(抑え?)なんて存在を知らなかったので、とても新鮮で。こんなプレッシャーのかかる役割を果たす山崎選手って素晴らしいなと感動したんです。

しかも山崎選手は、ちょいちょい公式がアップする動画でMC的な役割をしたり、お喋りしている様子が公開されているのですが、ホント明るくて、朗らかで面白いのがギャップ萌えで。

しかも高校生(帝京高校)の頃の同級生は、あの有名ホストのローランドさんで、今でも交流があるんだとか。ビックリですよね〜。

そうそう、今月19日にプロ野球開幕するみたいですね。無観客でもやってくれるのはありがたいですが……やっぱりはやくユニフォームを着てスタジアムで応援したい! その日を楽しみに、野球のルールを勉強したいと思います。

<隔週火曜連載>

イラストも筆者

【鈴木詩子:プロフィール】
…(すずきしいこ)漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなアイドルは嗣永桃子。著書に『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)
twitterアカウントは@skippop

チヤホヤされたい女子高生・桃子は、いつだって残念な感じだった。でも、そんなのもうイヤ! 立ち上がった桃子の熱い想いは、クラスのみんなに届くのか!?
オススメコミック:『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)/著:鈴木詩子 発売中!
http://books.rakuten.co.jp/rb/6243475/
※書店・ネット書店にてご注文ください。

同作の映画化『女ヒエラルキー底辺少女』(主演:平嶋夏海)、DVD好評発売中。ストレイドッグプロモーション(販売元ビクターエンタテインメント)から。セルの他、レンタル店にも出ています。是非ごらんください。
http://books.rakuten.co.jp/rb/14304611/

連載バックナンバー:https://wp.me/p95UoP-ge

※リンクしないサイトでご覧の方は、URLをアドレスバーにコピペしてください。


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6