. 鈴木杏樹の不倫に少しだけ感情移入しちゃったよ:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載297 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]

芸能・エンタメ

鈴木杏樹の不倫に少しだけ感情移入しちゃったよ:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載297

2020.02.06(木)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第297回 鈴木杏樹の不倫に少しだけ感情移入しちゃったよ

 2月5日発売の『週刊文春』が、女優の鈴木杏樹と俳優の喜多村緑郎の不倫を報じた件、みなさんはもうご存じかしら。
 なんでも二人は、2019年10月に舞台で共演し、年末から深い仲に。今年1月中に、『週刊文春』取材班によって、2度にわたってデート現場を確認されており、報道に関しては双方の事務所と本人がともに事実を認め、謝罪コメントを出しているとのこと。
 ここ数年、年始の文春砲は仕事しまくりね……。

 さて、今回の報道、喜多村が既婚者(妻は、元宝塚歌劇団宙組トップスターの貴城けい)であることから、「また不倫か」と騒がれてはいるものの、東出・唐田に対してほどのバッシングは起きておらず、むしろ「不倫よりも、鈴木杏樹が、(あんなにきれいなのに)もう50歳だということにびっくり」といった声まで上がっているそう。

 東出くんの件との違いとしては、「売出し中の若手俳優ではなく、ある程度年齢のいった二人のスキャンダルである」とか「喜多村・貴城夫妻に子どもがいない」とか、いろいろ挙げられるけど、今回は、「不倫をした側」である杏樹が、比較的同情されやすい立場にある点が大きいわよね。なんせ杏樹は未亡人(2003年に、医師だった最愛の夫と死別)だし、喜多村からは「独り身になるつもりだ」と言われていたみたいだし。アタシ(杏樹と同世代)だって、記事を読みながら、ついうっかり「きっと杏樹、これからの人生を共に歩むパートナーがほしかったんだね……」と感情移入しちまったわよ!
 まあ、夫が遺した高級マンションに住んでいるという杏樹の方が、いろんな意味で、アタシよりはるかに恵まれてるんだけどね……。そして杏樹が喜多村と結ばれれば、今度は貴城けいがパートナーを失うことになっちゃうわけだけどね……。

 あと、今回の件に関してもう一つ話題になっているのが、「ZIPの呪い」「相棒の呪い」。たしかに、両番組の出演者が次々にスキャンダルや事故に見舞われている印象があるけど、少なくとも『相棒』については、高樹沙耶(益戸育江)にしろ成宮寛貴にしろ鈴木杏樹にしろ、『相棒』卒業後に問題を起こしているのよね(原田龍二を除く)。ハッ。つまり、『相棒』に関わっている間は、身の安全が保障される(原田龍二を除く)ってことじゃないかしら!(たぶん違う)

 とまあ、どうでもいいことを書き並べてきたけど……。喜多村・貴城夫妻および喜多村・杏樹が、今後それぞれの関係をどうするのかわからないけど、みんなが幸せに人生の後半を過ごせることを祈ってるわ……。ついでにアタシにも、人生の後半を共に過ごすパートナーが、早く見つかりますように……(どさくさまぎれ)。

<水曜連載>※今回木曜更新

おすすめCD:「ラブ・ストーリー ~ドラマティック・ミックス~」 UICZ-8199 (ユニバーサルミュージック インターナショナル)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15513505/

エスムラルダ、ユニット「八方不美人」で歌手デビュー1周年! 

デビューミニアルバム「八方不美人」、2ndミニアルバム「二枚目」発売中! FCも開設!! 
楽天ブックス「八方不美人」CD販売特設
https://books.rakuten.co.jp/artist/100000000837805/

JOYSOUNDの新機種で「愛なんてジャンク」本人映像と「流砂の恋」「罰をくらえ愛で」配信中、Youtubeで「流砂の恋/ドリアン・ロロブリジーダ」「ディレンマ/エスムラルダ」「魔法時間/エスムラルダ」ほか大量MV公開!

twitter https://twitter.com/happofubijin
instagram https://www.instagram.com/HappoFuBijin/
公式Youtubeチャンネル(登録してね!)

https://www.youtube.com/channel/UCqKkWYmusKHrfmOQtlWYn8Q

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著) 
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバーはこちら →
https://wp.me/p95UoP-4L
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/135072


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6