エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)







芸能・エンタメ

瀬名さん、今年、ユーチューバーやらないんですか?:瀬名あゆむのアイドル革命! 連載26

2020.01.06(月)


地域発アイドルプロデューサーの月イチ連載
瀬名あゆむのアイドル革命!

第26回 瀬名さん、今年、ユーチューバーやらないんですか?

 新年あけましておめでとうございます! 仙台と千葉のローカルアイドル『2ねん8くみ』プロデューサーの瀬名あゆむです。まぁ、そう書きつつ、実は今この原稿を書いてるのは、12月28日だったりするんですけど(笑) そう、だから、新年の抱負というより、「2019年ってどういう年だったのかなぁ?」ってほうに考えがいっちゃうんですよねえ。

AVギャルの美容垢、そしてユーチューバー

 で、実際にどういう年だったかといえば、アイドル業界的に考えても、一般的に考えても、いよいよ〝ネットの時代〟になってきたんじゃないか……って思うのですよ。私自身、ネットの個人配信、『ふわっち』とかを結構やれせてもらいましたし。
 だって、今やもう、あらゆる人たちがユーチューバーになってませんか!? 芸能人もスポーツ選手も、さらにはAV女優さんたちも、みんなユーチューバー・デビューしちゃってて。
 あとAV女優さんでいえば、これまでだとSNSなんかのは完全に男性のAVファン向けだったのが、女の子をターゲットにした、いわゆる「美容垢」的なネット展開をしてる子たちが一挙に増えてきました。私が現役でやってた時代からしたら、AVギャルが女性を対象にしてなにかやるなんて、ほんと想像もできなかった。あ、男性の皆様には「美容垢」ってわかりにくいかもしれないですけど、「美容アカウント」のことで、美容全般、それこそメイクとかダイエットとか美肌とかの美容全般を語るツイッターのことで。それをAVギャルさんたちがやってるというね。
 ただよく考えれば、AVギャル/AV女優って、誰よりも「裸」そのものを全世界に向けて晒してるわけで、一般女子たちが美容的観点でAVに注目するって実は大アリなのかもしれないです。アイドルの子たちのYoutubeチャンネルも、ブレイクしてるのは「女性向けのメイク動画」だったりするし、アイドル写真集だって今や購買ターゲットには女性層も入ってますし。

 でね、「瀬名さんはユーチューバーにならないんですか?」みたいなことも最近ほんとよく聞かれます。「『瀬名ちゃんねる』やってください!」みたいなね。そう言ってくださること、とても嬉しいんですけど、でも私はいまのところは……やらないと思います。だってね、絶対甘くないですよ、ユーチューバー。それでいえば、私は「アイドルカフェ」をやってるわけじゃないですか、実店舗で。無事に5周年を迎えれましたけど、それだってコツコツやってきたから。美味しい商売だなんて思わずに、ただひたすら実直にやってきたんですよ、これでも(笑)

 なので、将来的なことはわからないですけど、今はユーチューバーやろうとは思っていないんです。でもアイドル運営者/アイドルカフェ経営者として、あらゆる可能性は追求しなきゃ生き残っていけない時代だってことは身にしみてわかっていますので、Youtubeも当然視野には入れて、虎視眈々と狙っては行きすよ! そんでやるからには絶対成功さますよ!(と、新年一発目なので威勢のいいことを宣言しておきますwww)

SNSで不幸になるなんてやめようよ

ただ、2019年のアイドル業界/アイドル関連のネットの話題といえば、辛く悲しい出来事/ネガティブな事件が本当に多かったと思います。
 本当にいろいろあったけど、なによりもショックだったのは、元KARAのハラさんが自ら命を絶ってしまわれたことでしょうか。日本でも大人気だったハラさん。可愛いアイドルグループがずっと大好きな私は、KARAが日本で大ブレイクして、K-POPブームを巻き起こすのをリアルタイムでみていました。あの頃のハラちゃん、本当に可愛いくて美人で、もう女子人気も凄くて、憧れの存在でした。

 ハラさん、28歳だったんですよね。私は28歳のときにAV女優を引退して、結婚して、アイドルプロデューサーに転身しました。女性にとって28歳って、リアルに「転機」の年齢なんです。男の人ならね、28歳なんてまだまだ全然若い年齢じゃないですか。でも女は違うんです。28歳になると、もう〝女の子〟じゃなくなるというかね……。

 けど逆に、だからこそ、そこから新たな女性としての道/人生が開けていくともいえます。ただその反面、それだけにその年齢が大きな壁になるのかもしれません。昔から、27歳や28歳でお亡くなりになるアーティストや芸能人は多いみたいなんですね。世界中でね。
 そんな彼女が死を選んでしまった原因の大きなひとつが、インターネットでの彼女に対する誹謗中傷があったとされているんです。

 60年代とか70年代とかのロックスターとかが若くして死んでしまうのって、ドラッグの乱用とかが多かったとされています。スターになったプレッシャーで麻薬に溺れてしまい、命を亡くしてしまう。でもそれでいえば、今や、インターネット、SNSなんかもある意味、〝ドラッグ〟なんじゃないかと思うんです。中毒性や依存性があったり、それによって死に追い込まれる人たちが少なからず出てきたり。
 私自身、このコラムで何度か書いていますけれども、インターネットを通じた深刻なストーカー被害にあった経験があります。自分の子どもの写真を悪意ある言葉と一緒にSNS上に拡散されたり、「殺害予告」的なことまでされたり。最終的にそにストーカーは警察に逮捕されましたが、被害にあっている間は本当に毎日毎日恐怖に怯えていました。

 でもそういう「事件」「経験」をへながらも、今私はツイッターもやってるし、『ふわっち』配信もやってるし、こうしてネット媒体でコラムも連載させていただいています。それはやっぱり、他人の悪意だけにおびえるんじゃなくて、人の優しさや善意を信じていたいからなんです。

 ただね、『ふわっち』生配信とかやってると、コメントでキツい下ネタばっかり送ってくる人も確実にいるんです。楽しい下ネタなら、まぁ私は許容範囲なんですけど、そういうのじゃない、不快になってしまうようなヤツ。
 あるとき私、意を決して、その下ネタ送り続けてくる人に直接ネット上で聞いてみたんです。「なんで、こういのうのばっか送ってくるの?」って。そうしたら、その答えは、「や、面白いと思ったから」でした。さらに「他の配信してる女の子たちにも同じようなこと送ってるの?」と追求したら、「それはしてない。瀬名ちゃんなら大丈夫だと思って。瀬名ちゃんには読んでほしいと思って」ということでした。
 私ははっきりと、「不快だからやめてください」と言いました。そうしたらその人は、「瀬名ちゃんがそう思ってるなんて全然わからなかった。ごめんなさい」と言い、それからはそういうことはしなくなりました。

 私はね、てっきり、「嫌がらせ」「悪意」で私に下ネタコメを送り続けてきてるんだと思ってたんです。でも実際は「嫌がってるとは思ってなかった」というわけです。
 よくよく考えたんですけど、この答え、嘘じゃなくて本当なのかなと思いました。なんだろう、相手が傷つくとか、嫌がるとか、そういう想像力を持てない人が、少なからずいるのかなって。興味があるから、その人にアクセスするのに、その人が嫌がること傷つくことを言ってしまう。そういう人たちがどうしてもいるのかなって……。それは怖いことだし、悲しいことだけど、やっぱりあるのかなって……。

 じゃあどうすればいいのか。正直、私にはわかりません。ただ私は実際に『ふわっち』でしたように、私に嫌なことを仕掛けてきた人には、これからできる限り、「なんでそんなことするんですか?」って聞いていこうと思ってています。「無視が一番」「スルースキル磨けよ」「ネットで活動する限り、そういうのは仕方ない」っていう意見があることは知っていますが、私自身が「仕方ない」で片付けない気持ちがどうしてもあるんです。
 それはやはり、私も「事件」を経験して「命の危険」――それも自分だけじゃなく、愛する子供の命もふくめて――に晒されてきたからだし、そしてこれからも私が運営するアイドルの子たちのことも守る責任があるからです。

『ふわっち』の下ネタの人は、私のストレートな問いかけに、「自分は瀬名さんが嫌がってると思ってなかった」と言ったんです。私が問いかけなければ、その人はずっとそのままだったかもしれない。それはその人にとっても不幸なことだと思うんです。
 不幸な人はひとりでも少なくなったほうがいい。そのために自分は何ができるのかを私は考えていきたい……なんて大真面目なことを私はこの令和元年が終わるころに考えていたのでした。えへへ。

 で、あらためて、明けましておめでとうございます。今年一年何卒よろしくお願い申し上げます。この一年、みんなで幸せになりましょうね!

<4週ごとに月曜日掲載>※「南にこ」の同一サイクル連載と2週間隔で交互に掲載

写真:瀬名あゆむ

★瀬名あゆむツイッター
https://twitter.com/senachanpon
★あいどるかふぇ『2ねん8くみ』仙台本店ツイッター
https://twitter.com/idolcafe2_8

★2ねん8くみ仙台校 HP
http://www.2-8cafe.com/
★あいどるかふぇ『2ねん8くみ』千葉校ツイッターhttps://twitter.com/chiba_nippachi
★2ねん8くみ千葉校 HP
http://2nen8kumi-chiba.com/
★『ふぁんしーどりーみー【公式】』ツイッターhttps://twitter.com/Fancy_Dreamy_ 
★『LIVE HOUSE 88(eighty eight) 』ツイッターhttps://twitter.com/tohoku88

【瀬名あゆむ・書籍のお知らせ】

 瀬名あゆむの新書『元アイドルのAVギャル瀬名あゆむ、アイドルプロデューサーになる』(787円税別)全国書店・ネット書店で絶賛発売中です。発売から一定期間が経過したため、店頭にない場合も多いかもしれません。お近くに在庫がない場合は店舗カウンターまたはネットから是非、お取り寄せでご購入ください。
http://books.rakuten.co.jp/rb/15068251/

詳細・他のネット書店ご案内:
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_024.html

【『2ねん8くみ』楽曲カラオケ&CDのお知らせ】
 デビュー曲『クラスメイト』がついに[カラオケDAM]に入りました!新曲『ドリーム☆ステージ』も[カラオケJOYSOUND]にて全国配信されています。
 さらにCD『アイドルライブラリー Vol.04』に「2ねん8くみ」の『ドリーム☆ステージ』と、「Asterisk from 2ねん8くみ」の『answer』が収録されています。Aが頭文字の某大手ネット通販サイトなどでお買い求めいただけます。

【瀬名あゆむ:プロフィール】
仙台&千葉のローカルアイドル『2ねん8くみ』プロデューサー。10代の頃に北海道のローカルアイドルとして活動し、メジャーデビュー寸前で挫折。その後、地方局TVレギュラー出演等をへてAV女優となり累計800本以上に出演した。1985年生まれ・さそり座・A型。

連載バックナンバー
https://wp.me/p95UoP-aT

※リンクの飛ばないサイトでごらんの方は、URLをアドレスバーにコピペしてください。

 


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6