エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)







芸能・エンタメ

令和最初の紅白歌合戦! 見どころを予習する:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載291

2019.12.26(木)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第291回 令和最初の紅白歌合戦! 見どころを予習する

 激動の2019年も、あと1週間足らずで終わり。自分がちゃんと成長・成熟している実感がまったくないのに、時間だけがどんどん過ぎていく……。この感じだとアタシ、30代くらいの精神年齢のまま、体だけ70代とか80代になってしまいそう。こわい! 誰か助けて! 時を止めて!

 なーんてアタシの(年末恒例の)不安はとりあえず置いといて、今回はアタシが勝手に考えた「第70回 NHK紅白歌合戦の見どころ」を、みなさんにお伝えするわね。

 と、ここまで書いた時点で、すでにアタシの胸には苦い思いがこみ上げているわ。本当はこのコラムで「今年の大みそかは、八方不美人(アタシが所属しているドラァグクイーン・ディーヴァ・ユニット)で紅白に出ます!」とお知らせできるはずだったのに、わずかに力及ばず……。ちくしょう!
 でもね、アタシ、まだ希望は捨てていないの。今年がダメでも来年がある。そのために今まで真面目に受信料払い続けてきたんですもの。めげずに頑張るわ!
 それに今年は、松任谷由実様とMISIA様がご出場。先日東京国際フォーラムでご一緒させていただいたお二方を、大みそかに拝見できるだけで十分……(と、勝手にすっかり身内気取りになっているアタシ)。

 ほかに気になるのは、なんといってもキヨンセこと(?)氷川きよし先生。今までも、しばしばマッチョ男性ダンサーズを従えて歌うなど、紅白でかなりの匂わせを行ってこられた氷川先生が、今年はどこまで限界を突破なさるのか。ああ、ハラハラとワクワクとドキドキが止まらない。アタシたち(誰?)、みんな氷川先生を応援しています!

 あと、今年後半、アタシを虜にしたOfficial髭男dismに関しては、演奏自体もさることながら、紅白出場後にどこまでのぼりつめるのか、興味深いわ。
 2015年の小林幸子先生の復活を機に、巨大衣装路線をあきらめた感のある水森かおりのイリュージョンの完成度も見届けたいところ。

 さらに、今年さほどNHKと縁があったようには思えない田中圭が審査員として出演する理由も気になるわね。アタシ的には「Superflyが朝ドラ『スカーレット』の主題歌を歌うときに、『スカーレット』に出演している林遣都が登場して、田中圭と『おっさんずラブ』的なセリフのやりとりをするのでは?」とかすかに期待しているんだけど……。さすがにそれはないか。

とまあ、そんなわけで、相変わらず見どころ満載な紅白歌合戦。出場を逃したのは残念だけど(しつこい)、今から観るのが楽しみだわ!
 そしてみなさん、今年もありがとうございました。良いお年をお迎えください。来年もよろしくね!

<水曜連載>※今回木曜更新

画像:番組ロゴ

エスムラルダ、ユニット「八方不美人」で歌手デビュー1周年! 

デビューミニアルバム「八方不美人」、2ndミニアルバム「二枚目」発売中! FCも開設!! 
楽天ブックス「八方不美人」CD販売特設
https://books.rakuten.co.jp/artist/100000000837805/

JOYSOUNDの新機種で「愛なんてジャンク」本人映像と「流砂の恋」「罰をくらえ愛で」配信中、Youtubeで「流砂の恋/ドリアン・ロロブリジーダ」「ディレンマ/エスムラルダ」「魔法時間/エスムラルダ」ほか大量MV公開!

twitter https://twitter.com/happofubijin
instagram https://www.instagram.com/HappoFuBijin/
公式Youtubeチャンネル(登録してね!)

https://www.youtube.com/channel/UCqKkWYmusKHrfmOQtlWYn8Q

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著) 
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバーはこちら →
https://wp.me/p95UoP-4L
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/135072

 


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6