. 肉を切らせて骨を守った成●くん引退劇:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載133 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]


芸能・エンタメ

肉を切らせて骨を守った成●くん引退劇:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載133

2016.12.14(水)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第133回 肉を切らせて骨を守った成●くん引退劇

 今年の漢字、結局「金」に決まったわね。つまんない……。「倫」(不倫)、「散」(WaT、℃-uteなどの解散)、「強」(強行採決など)、「薬」あたりにするぐらいの冒険心は見せてほしかったわ。って、そんな冒険、誰も喜ばないか。

 さて、波乱に満ちた2016年の終わりに世間を騒がせたのが、成●くんの薬物疑惑&電撃引退。12月2日発売の『FRIDAY』が第1弾スクープ記事掲載→成●くんサイド、「事実無根」として法的措置の構え→12月9日発売の『FRIDAY』が第2弾スクープ記事掲載→その日のうちに手書きのFAXにより芸能界引退発表、という前代未聞の急展開に、アタシもびっくり。

 ちなみに当日、成●くんの引退を教えてくれたのは、(アタシをゲイ&ドラァグクイーンだと知っている)なじみの編集者さんだったんだけど、その人から「今後の仕事に差し障るので、エスムさん、もしクスリやってたら正直に言ってください」ってしつこく訊かれたわ。あのね……。ドラァグクイーンの「ドラァグ」は「drug」(薬)じゃなくて「drag」(引きずる)なの! それにアタシ、酒とカフェインと甘いもの以外の「身体に悪そうなもの」はできるだけ摂取しないと決めてるの! 40年以上生きてきて、体内に入れたことのある「クスリ」なんて、インフルエンザの薬と花粉症の薬と頭痛薬とドリエルとカフェイン剤くらい。タバコを吸ったことすら8回くらいしかないし、シンナーだって、プラモデル作るとき以外、嗅いだことないわ!

 それにしても、今回の成●くんサイドの対応には、凄みのようなものさえ感じたわ。『FRIDAY』の記事には明確に書かれていたわけではないのに、FAXに、ゲイであることを肯定するかのような一文をあえて入れ、突如引退。事の真相はわからないけど、「肉を切らせて、自分の骨を守った」ように見えなくもないのよね……。
 なーんて言いつつ、個人的には成●くん、無罪であってほしいし、幸せな人生を送ってほしいわ! って、あれだけのルックスを持ってる時点で、すでにアタシよりはるかに幸せか……。

(水曜連載)

※エスムラルダのトークライブ
「サバトde エスムラルダ」開催決定!
会場:新宿ロフトプラスワン
日時:2017年1月20日(金) 
開場18:00 /開演19:00
料金(税込):自由:2,500円 当日券:3,000円
各プレイガイドにて前売り発売中!
https://www.red-hot.ne.jp/live/detail/27760
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/54777

おすすめ書籍:なりみやでした。(ワニブックス)
http://books.rakuten.co.jp/rb/6235527/

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160629200300
(コピペして検索窓に)


おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/


 


スポンサーリンク

 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジン




Powered by Vivvo CMS v4.6