. 「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」で、熊切あさ美をちょっと好きになる:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載122 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

■ブッチNEWSのメルマガ(※認証あり)


PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]



芸能・エンタメ

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」で、熊切あさ美をちょっと好きになる:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載122

2016.09.28(水)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第122回 「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」で、熊切あさ美をちょっと好きになる

 24日にテレビ東京系列で放送された、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 第24弾 山口・錦帯橋~京都・天橋立』、みなさんご覧になったかしら?
 実はアタシの両親は、山口県岩国(錦帯橋がある町)あたりの出身で、アタシも小学校のころ、広島県の西の端に、一時住んだことがあるの。そんなわけでアタシ、あの番組を初めて観たんだけど、懐かしい景色がたくさん出てきて、心がほっこりしたわ……。

 なーんてアタシの個人的な感想はともかく(ってこのコラム、そもそもアタシの個人的な感想しか書いてなかった……)、今回、レギュラーの太川陽介・蛭子能収とともに旅をしたのは、なんと! 熊切あさ美だったの!

 アタシ、彼女が出演する番組をちゃんと観たのも初めてだったんだけど……(初めて尽くし)。あさ美ちゃん、(こまめにメンテナンスされてるという噂はあるものの)思ってたより全然きれいでびっくり。しかも、蛭子さんから定期的な攻撃(「いつも相手の男を他の人にとられているでしょう」と言われるとか)を受け、体力的にもかなりハードそうなロケであるにもかかわらず、明るく笑顔でこなしていて、彼女のこと、ちょっと好きになったわ。さすが、何年も「崖っぷち」を続けてるだけある……。あれが完全にテレビ向けの姿だったとしても、なんかこう、プロ根性みたいなものを感じたわ。

 なお、同じように感じた人は結構いたらしく、「熊切あさ美 ローカル路線バス」で検索すると、「『ローカル路線バスの旅』に出演した熊切あさ美の好感度が爆上がりしてる」という記事が。一回の2時間特番でここまで高評価を得るなんて、あさ美ちゃん、良かったね……。報われたね……。

 一方、このところ、あさ美とセットで語られることが多くなった(本当かよ)藤原紀香は、なんと「ローカル路線バスの旅」オンエアの一日前に、片岡愛之助と挙式! テレビ東京、やっぱり狙ったのかしら……。こちらは「再婚なのに白無垢を着た」とか「頭にフルーツバスケットをかぶっていた」とか「引き出物に、定価8万円以上の水素発生器」とか、かなり揶揄されているようだけど、やっぱり紀香には、初婚だろうと再婚だろうと、このくらいどーんとぶちかましてほしいわ。
 紀香、今度こそお幸せに! そしてあさ美も幸せになって! ってか、水素発生器ほしい!

(水曜連載)

おすすめDVD:再会 禁じられた大人の恋(熊切あさ美)(レジェンド・ピクチャーズ/ハピネット)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13691652/

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160629200300
(コピペして検索窓に)


おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/


 


スポンサーリンク

 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジン




Powered by Vivvo CMS v4.6