. 大黒摩季、電撃復活!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載108 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]


芸能・エンタメ

大黒摩季、電撃復活!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載108

2016.06.22(水)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第108回 大黒摩季、電撃復活!

 不妊治療や子宮疾患治療のため、2010年10月以降、歌手活動を無期限中止していた大黒摩季が、病気の根治が見込めたことから、今年8月、北海道で開催されるイベントに出演。歌手としての活動を再開する、とのこと。いやあ、実にめでたい!

 何せ、大黒摩季の2ndシングル『DA・KA・RA』がミリオンヒットを記録した1992年は、アタシが生まれて初めて、新宿2丁目のゲイバーに飲みに行った年(誰のトクにもならない個人情報)。以後、大黒摩季の歌たちは、常にアタシの青春時代のゲイライフを彩ってくれたわ。
 当時から男に縁がなかったアタシは、何度大黒摩季の曲を歌ってストレスを発散し、何度歌詞(『夏が来る』)にうなずいたことか……!
 てか『夏が来る』の歌詞、今読んでも、かなり刺さるわ。不惑を迎えても、私の夏、まだ来てない……。

 ちなみにアタシ、1997年8月に東京・有明で開催された、彼女の初のソロライブに行っているの! 大黒摩季って、デビュー後5年くらい、テレビに出たりライブ活動をしたりしていなかったので、「大黒摩季は3人(作詞・作曲担当、歌担当、CDのジャケット写真担当)いる」といわれていて、アタシもライブに行く前は「本当に違う人が歌ってたらウケる」とか思ってたんだけど……。ステージが遠くてよく見えなかったものの、ちゃんとジャケット写真と同じ顔っぽい人が歌っていて、ちょっぴり残念だったわ。
 しかしあの「出し惜しみ」戦略、ネットがあまり普及していない時代だったからこそ、可能だったのよね。

 「大黒摩季が実在する」ことが確認できて気持ちがおさまったせいか、その頃から彼女の曲をあまり聴かなくなったアタシだけど……。もし東京でもライブをやってくれるなら、20年ぶりに行ってみようかしら。てか、まずは復活を祝って、カラオケで久々に大黒摩季を歌わなきゃ!

(水曜連載)

おすすめCD:ゴールデン☆ベスト 大黒摩季(ユニバーサルミュージック)
http://books.rakuten.co.jp/rb/12470939/

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)


おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/


 


スポンサーリンク

 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジン




Powered by Vivvo CMS v4.6