. アタシにとっては希望の星……? 吉田羊:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載98 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

■ブッチNEWSのメルマガ(※認証あり)


PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]


芸能・エンタメ

アタシにとっては希望の星……? 吉田羊:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載98

2016.04.13(水)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第98回 アタシにとっては希望の星……? 吉田羊

 ジャ●ーズのアイドルグループ「Hey! Say! JUMP」(以下、HSJ)の中島裕翔との、年齢差20歳の熱愛疑惑で、世間(の一部)を騒がせている、女優・吉田羊。ジャ●ーズ側も吉田羊の事務所も、交際を否定しているみたいだし、「吉田羊は普段から役者仲間たちと家飲みすることが多い」「彼女の場合、男性が連泊しても、(肉体関係的なことは)何も起こらない可能性がある」という「古くからの知人」の証言もあるみたいだけど、7連泊はさすがにすごい。てかそれ、ほぼ同棲……?

 ちなみに、アタシが羊の存在を初めてちゃんと認識したのは、2010年に放送されたドラマ「FACE MAKER」(その前から、ちょくちょくドラマで見かけてはいたはずだけど、例によって、ちゃんと覚えてないの)。日テレ木曜深夜0時放送、永井大演じる「患者の顔を売買する整形外科医」が主役という、わりと地味めなそのドラマで、羊は「別れたDV夫にバレないよう、整形して息子に会いにいく優しい母親(整形後を演じていたのは、井上和香)」と「その母親の元の顔を手に入れ、母親になりすます性悪女」の二役を、見事に演じ分けていたのよ! 彼女の顔立ち(アタシ的には結構好きな顔)と演技力が妙に気になったアタシは、さっそくネットで検索し、「吉田羊」という名前を、脳内にインプットしたわ。

 その後、なんだかやたらと羊をテレビで見かけるようになり、ついに2014年、彼女は「HERO 第2シリーズ」で大ブレイク。特に主役を張っているわけでもないし、高畑淳子のようにキャラの濃い役を演っているわけでもないのに、すっかり人々に顔を知られる存在に。芸能界ってほんと、どこでどうなるかわからないわね……。でも、事務所がそれほど強いとも思えないのに(失礼)、ここまでメジャーになったのは、ひとえに彼女の実力とキャラのなせるわざだと思うわ。

 一方でアタシ、実は今回のもう一人の主役、中島裕翔も好きなの……。HSJデビュー当時から、アタシは裕翔&岡本圭人推しだったんだけど、決定的になったのは8年前、オカマ友だちに誘われて、HSJのライブに行ったとき。なんと裕翔、客席から手を振ったアタシ(すっぴんだったので、タダのアラフォーのオッサン)に、満面の笑顔で手を振ってくれたのよ!(「ババアの妄想」「カン違い」といった心ない誹謗中傷は一切却下) あの瞬間にアタシ、一生裕翔の応援をするって決めたわ……。って、その後特にライブに行ったりしているわけではなく、テレビで見かけるたびに、「ファイト!」と心の中で呟いているくらいだけど(ありがたくもなんともない)。
 最近は「半沢直樹」とか「デート」とか、話題作に数多く出演し、さまざまな役を演じている裕翔。ジュ●ーさんのお気に入りだというのもわかるし、現場のスタッフさんにも愛されているような気がするわ。

 そんな、アタシ的には割と好感度の高い二人のスキャンダル。ネット上ではさまざまな意見が渦巻いているらしいけど……。アタシの中ではむしろ、二人に対する好感度はさらに上がったわ!
「年齢非公表」ということだけど、おそらく羊はアタシと同年代。それが、20も年下のあんなイケメンを惚れさせるなんて……アタシ、ちょっと希望出てきた!(←羊との基本スペックの違いを考えろブス)
 あと、年齢差など気にもせず、羊に走った裕翔も素敵。これが同年代のグラビアアイドルとかが相手だったら、きっとアタシ「裕翔もタダの男だったのね」とがっかりしたハズ。さすがアタシの裕翔!

 天下のジャ●―ズがからんでいるだけに、穏やかにはすまされない可能性が高いけど、どうか二人があまり哀しい思いをしませんように。そして、羊が干されたりしませんように……。

(水曜連載)

おすすめ雑誌バックナンバー:GLOW (グロー) 2016年 03月号 [雑誌] (宝島社)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13610307/

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)


おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/


 


スポンサーリンク

 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジン




Powered by Vivvo CMS v4.6