. エスムが勝手に選ぶ・2016年1月期のおすすめドラマ:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載86 - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

■ブッチNEWSのメルマガ(※認証あり)


PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]


芸能・エンタメ

エスムが勝手に選ぶ・2016年1月期のおすすめドラマ:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載86

2016.01.21(木)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第86回 エスムが勝手に選ぶ・2016年1月期のおすすめドラマ

2016年1月期のドラマもほぼ出そろったわね。
 第1話を観て、アタシが視聴を継続しようと思っているのは「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「ダメな私に恋してください」「ナオミとカナコ」「わたしを離さないで」「逃げる女」の5本。
 今回はその5本について、見所やツッコミどころを勝手にレビューするわね!

 まずは「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系、月曜21時~)。
 「いつ恋」と略してもらうことをハナからあてこんでいるかのような長すぎるタイトルはどうかと思うけど、なんせ脚本が「Mother」「それでも、生きていく」「最高の離婚」など、このところ外れなしの坂元裕二さん。有村架純演じる「音」と高良健吾演じる「練」の、日常会話のやや斜め上あたりを狙ったようなやりとりとか(それを「リアルで面白い」ととるか「あざとい」ととるかは、人によって評価が分かれそう)、柄本明演じる音の養父や練のバイト先のメンツの「ひとクセもふたクセもあって、いい人じゃなさそう」感とか、全体を漂うやや暗めな雰囲気とかが、アタシ的にはツボだったわ。
 初回視聴率は思ったほど伸びなかったみたいだけど、びっくりするような名シーン、名セリフを生み出す坂元マジックに期待!

 次に、「ダメな私に恋してください」(TBS系、火曜22時~)。
 おそらく高視聴率で評判の良かった「きょうは会社休みます。」と同じ路線を狙ったんだろうけど……。「非モテで処女な三十路のヒロイン」という深キョン演じるミチコのキャラ設定と、ビジュアルのギャップがあまりにも大きすぎて、違和感だらけ。ミチコが女友だちに「もしかしてバージン? うそでしょ? かわいそう」とあわれまれたり、ミチコが(自分をだましていた)男に「少しは私に恋してくれてたりした? ……だよね。三十路のおばさんだもんね」と言ったりするたびに、「ああ、そうだった。そういう設定だった」と我に返る、というのを、1時間のうちに163回くらい繰り返したわ。
 でも、眼鏡男子なディーン・フジオカがアタシ的にはかなりタイプなので、ヒロインのビジュアルに関しては脳内補完作業を行いつつ、観続けるつもり。

 そして「ナオミとカナコ」(フジテレビ系、木曜22時~)。
 広末涼子&内田有紀という、豪華なのか地味なのかよくわからない二人のW主演も、「女二人が共謀して、DV夫を殺害する」というストーリーも素敵だけど、アタシの周りのオカマたちの間では、デパートで高級腕時計を盗んだり、「(妻に暴力をふるう夫なんて)殺しなさい。そんな男に生きている価値はないのことね」と言い放ったりする、高畑淳子演じる華僑の女社長が大人気。高畑さんってほんと、(もちろん「普通のお母さん」とかも上手だけど)クセのある役が似合いすぎ……。
 初回視聴率はあまりよくなかったみたいだけど、これからどんどん面白くなりそうなので、楽しみにしているわ。

 しょっぱなから「ラ●ュタ砲」を食らってしまい、あまりにも気の毒だったのが「わたしを離さないで」(TBS系、金曜22時~)。
 「仁」や「白夜行」(関東地区でこの年末年始に再放送しており、今さらながらアタシ、ハマリまくっちまったわ……)とスタッフ&キャストがかなりかぶってるし、原作小説も大好き。というわけで、アタシ的にはかなり期待しているし、初回の出来もかなり良かったんだけど……。日●レさん、もう少し手加減してあげて! ジ●リ作品もラ●ュタも好きだけど、頑張ってほしいドラマがこんな感じで毎回つぶされたら、そのうち嫌いになってしまいそう。

 最後に「逃げる女」(NHK総合、土曜22時~)。
 これはアタシ、ノーマークだったんだけど、オカマ友だちに勧められて再放送を観てみたところ、めちゃくちゃ面白く、すぐさま継続視聴決定。脚本は大ベテランの鎌田敏夫先生だし、話がどう転がっていくのか全く見当がつかないし、主役・準主役の女優三人が、水野美紀(事務所移籍に伴い、しばらく干されていたという噂)に仲里依紗(デキ婚)に田畑智子(カボチャ)と、揃いも揃って、クセもあれば味もある、お騒がせ系。そりゃ観ないわけにはいかないわよね……。
 朝ドラや大河以外のNHKのドラマって、どうしてもかげが薄くなりがちだけど、良質な作品がたくさんあるので、この作品にも大いに期待!

 というわけで、「ダメな私~」以外の4本は、地味で暗めもしくは犯罪がらみのどちらか(アタシの好み、偏りすぎ?)。5本とも残念ながら低視聴率発進だけど、なんとか打ち切りとかにならず、完走してほしいわ。みなさんも応援してあげて……!

写真:NHK「逃げる女」番組HPより

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)


おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/


 


スポンサーリンク

 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジン




Powered by Vivvo CMS v4.6