. 話題の新商品ガリガリ君Wグレープフルーツ味を食べてみた - ブッチNEWS(ブッチニュース)

エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






[PR]
コロナの不安や不満、心配ごと解消から対策までいろいろわかる BUNKAタブーkobo版コロナまとめ本はこちら(楽天KOBO)


食・グルメ

話題の新商品ガリガリ君Wグレープフルーツ味を食べてみた

2014.07.20(日)


今年の新商品は「Wグレープフルーツ味」

 7月15日、赤城乳業とセブン&アイ・ホールディングスから、ガリガリ君の新商品が発売された。ということで早速食べてみた。
 その前に、昨年発売されたガリガリ君梨味は、本物の梨を思わせる味と、ガリガリ君特有の氷の食感が多くの人を虜にした。ハマる人にはかなりハマるようで、熱狂的なガリ梨ファンは『ガリ梨信者』と表現されるほどだった。
 さて、今年の期間限定商品はWグレープフルーツ味。何がW(ダブル)かというと、ピンクと黄色のグレープフルーツを表していて、表面は黄色のグレープフルーツアイス、中はピンクグレープフルーツ味のかき氷となっている。また、かき氷部分には、果汁たっぷりのゼリーとつぶつぶの果肉まで入っている。
 さらに驚くべきことに、含まれるグレープフルーツ果汁はなんと50%!! 梨味が果汁2%だったことを考えると、期待せずにはいられない。
 しかし、この豪華さは価格に影響していて、1本138円(税込)となっている。ガリガリ君は基本的に60円ちょっとなので、購買層のコスパ評価は厳しいものとなるだろう。ソーダ味、梨味などの2本分以上の価値があるのだろうか?

グレープフルーツ果汁50%は伊達じゃない!

 食べてみて、「グレープフルーツってこんな味だ、そうそう、この味!」と一口ごとに再認識するレベルの本物具合だった。果汁50%は伊達じゃない。グレープフルーツ独特のシブさや酸味がかなりリアルに再現されている。
 かき氷部分の中に点在するゼリーは、もちろんグレープフルーツ味なのだが、ガリガリのかき氷とぷにぷにのゼリーという食感のギャップがおもしろい。ゼリーは氷よりも冷たさを感じさせず、冷えた歯を休ませてくれる。
 また、これはたまたまかもしれないが、買ってから食べ終えるまで10分くらい経ったと思うが、最後までカチカチ感を維持していた。溶けづらい工夫がされているのだろうか? そのおかげで、溶けるアイスに急かされることなく食べることができた。
 総合的に、ガリガリ君Wグレープフルーツ味は非常に美味しかった。変な甘さなどもなく、食べた後もスッキリとさせてくれる。このクオリティーなら138円はむしろ安いのでは、と早速信者への第一歩を歩みそうになる程。
 ちなみにセブン&アイ・ホールディングス系のお店限定での販売なので、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどでのみ購入可能だ。ガリガリ君と侮ることなく、見かけた際は是非試してみてほしい!

(文・編集部)

オススメアイス:ガリガリ君ソーダ 31本+あたり分1本入(赤城乳業)
オススメグッズ:Fridgeezoo collection 「冷蔵庫のガリガリ君(ソーダ)」(SOLIDALLIANCE)


 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6