Home > 生活・知恵

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

毎週月曜セ・パ2本

野々垣武志の週刊NOMOスポ

隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2020年11月号
    実話BUNKA超タブー2020年11月号

    コンビニ・書店で10/2発売 毎月2日発売 612円(税込)

    法務大臣と国家公安委員長に子飼い押し込み 検察と警察を完全掌握 菅義偉の恐怖人事/大川隆法が認可あきらめた幸福の科学大学の正体/池田エライザハ×撮り流出疑惑の真相誌上公開/独裁者菅義偉の言論統制術 メディア言いなりにして総理総裁に/放置すると死期を早める お腹と大腸の健康維持/血税がキムタクCM制作に 日産に国民のカネ1300億が投入される/元竹中組竹垣悟が語る山口組ヒットマンの戦歴/ほぼアメリカ人の大坂なおみを日本国籍だからと応援するバカたち/連続する芸能人自殺 事務所とテレビ局の無責任対応/辻丸史郎官能画/小倉由菜・伊織いお・西永彩奈・薄井しお里グラビア コスプレイヤー真中つぐオススメ「おもちゃ」企画/韓国美女 ほか

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー 姫野桂 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2020年12月号
    実話BUNKAタブー2020年12月号

    10/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価612円(税込)

    誰もが〇殺に追い込まれる〇殺大国ニッポン(Webのため表現を抑えています)/菅首相が小池百合子を許さない理由/強欲竹中平蔵のせいで一億総貧困社会へ/巨人軍優勝記念 原辰徳監督黒い疑惑の数々/GoToイートタダ同然で外食するマル秘テク/業界のカリスマが語る 地下アイドルやグラドルも普通に金で抱ける アイドルとのパパ活エグいプレイの実態/一生人工透析・失明・脚の切断も 静かに忍び寄る糖尿病/テコンダー朴「琉球唐手VS米軍海兵隊格闘術」/親の死後起こる寺との泥沼トラブル集/グラビア 橋本ひかり 小鳥遊くれあ 他

    ●連載第25回!『ロマン優光の好かれない力』は「男のフェミニストはヤバいやつが多い?」

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
生活・知恵 2019.03.22(金)

「むしろ見せていく方向で」ある女性の乳がんエッセイ

 

一例としての軽やかな「私」の記録「#tbk_yuko」

  もはや、日本人の2人に1人はがんにかかる時代。親戚や肉親にがんにかかったことのある人が一人もいない、なんて人はいないでしょう。そんな身近な病気にかかわらず、やはり「がん」と聞くと、なんとなくショックな気がしてしまうのが私たちです。
 そんながんに対する向き合い方を教えてくれるのが、アーティストのYukoNexus6さんのフォト&エッセイ「#tbk_yuko」です。本書は2013年に乳がんにかかったYukoさんが、当時SNSでつぶやいていた闘病の記録を中心に編纂されたもの。フォトグラファーの太地悠平さんによる、本人の手術前・手術後の写真も掲載されています。当初は、左乳房全摘手術を受けることになったYukoさんがプライベートな記念に写真を撮っておこうと思っていただけで、出版の予定はなかったとか。でも、それだからこそ、伸び伸びと被写体となっているYukoさんと、正直な闘病の記録が、胸に響いてきます。
 Yukoさんは病院の検査も面白がり、がん保険に「サンキュー」と言い、切除後の身体を「私の愛しい乳がんボディ」と名付け、とても軽やかに病気と向き合っているように思えます。それは、実はYukoさんが15年来の双極性障害を患っていたからでもあり、「鬱に比べればやることが多くて楽に思えた」からだと告白しています。だから、その前向きさをみんなに「どんどんやろうよ!」と押し付けるのではなく、「自分は軽症だったからこう思えた」「もっと大変な人もいる」「鬱との付き合い方をわかっていたから。人によっては、がんの治療で鬱になってしまう人もいると思う」と、必ず注記することを忘れていません。そのやさしさが、読後感を爽やかにしています。
 もちろん、もっと重症の患者さんもいるでしょうし、がんという病気を軽く見てはいけないと思います。でも、私自身はこの本を読んでなんとなく、「こういう向き合い方もあるんだな」と、ちょっとほっとさせてもらえるところがありました。また、鬱に関する描写も結構あるのですが、Yukoさんの記述はどこか淡々と客観的に自分を見ていて、むしろ救われる気持ちになりました。
 本書にも書いてありますし、出版記念のトークショウで本人も話されていましたが、Yukoさんは若い頃、スーパー銭湯で片胸を全摘したおばあさんを見たことがあったそうです。ですから、がんを宣告された時、逆に「それ以上ひどいことにはならないから大丈夫」と思えたそうです。
 日本人はいろいろなことを「なかったこと」にすることが得意です。それはそれで美徳でもあると思いますが、「あったこと」をはっきりとさらすことで、救われる魂もあるのではないでしょうか。本書を読んで、そんな感想を持ちました。

(文・吉田直子)

『#tbk_yuko』は2,800円(税抜)で、ぶなのもりより発売中
入手先ご案内はこちら(版元ドットコム):
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784907873059


 


[PR]


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます




  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 杉作J太狼XE 新日本プロレス 山口明 アイドル 童貞 フジテレビ 帰ってきて 吉澤ひとみ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6