Home > 生活・知恵

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2021年11月号
    実話BUNKA超タブー2021年11月号

    コンビニ・書店で10/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    ▼「自分は正しい」と信じる迷惑な奴が多すぎる 反ワクチン派とゼロコロナという極論2大バカたち ▼統一教会と安倍晋三 カルト宗教と政界のドンの不適切な関係 ▼爆笑問題太田光は弱小事務所なのに天皇松本人志いじりが許される理由 ▼自民 公明 立民 維新に投票するなんて一票のムダ 総選挙の投票先は共産党一択だ ▼親否定するバカな子供だらけの末期社会 話題の親ガチャより子ガチャがリスク ▼”突破者”宮崎学が工藤會総裁死刑判決に異議「極刑は警察庁の意向で最初から決まっていた」 ▼ほんこん 千原せいじ 小籔千豊 ブラックマヨネーズ吉田 ネトウヨ化した知性が絶望な芸人たち ▼猪苗代湖ボートひき逃げ殺人 佐藤剛容疑者 田舎成金の品性下劣な外国人斡旋業 ▼安倍と麻生にクビ切られた無能宰相菅義偉が復讐の鬼と化した ▼なぜオタクの凶悪犯罪が後と絶たないのか分析した ▼映画監督森達也が見つめるコロナ禍の世界 ▼デカ盛り有名メニュー地獄の実食調査 ▼美女がクズ男にヤラれる胸クソAVのススメ

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー  岡崎二朗他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2021年12月号
    実話BUNKAタブー2021年12月号

    10/15発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼「眞子さまがPTSDだから小室さん問題を批判するな」と言い出した正義マンたちの愚か▼皇室を揺るがす青年は一体何者なのか 完璧プリンス小室圭さん◯裏全史▼安倍前首相の靴を舐め続けて遂に総裁総理に 岸田文雄の媚び媚び下僕人生▼日本の至宝を「二刀流」とおだてて、はした金で搾取し続ける異常 大谷翔平はエンゼルスの「奴隷労働者」▼メシがまずい都道府県ランキング 第一位沖縄▼メリー氏が亡くなりマスコミへの圧力統制が不可能に ジャニーズ事務所弱体化でキムタク独立▼こんなトンデモ政党が議席増なんて世も末 維新の会不祥事&犯罪事件簿▼社会学者宮台真司インタビュー「売買春は女性搾取」という大間違い▼実食調査 一番まずいオムライスはどこ? ガスト ジョナサン ジョイフル ココス ビッグボーイ ラケル ポムの樹▼女性差別で騒ぐフェミニストたちが無視する男性差別▼千葉ロッテマリーンズ優勝争いロッテ日韓に巣食う骨肉争い財閥▼漫画テコンダー朴第52話「独島ライダー参上! 独島は韓国の領土!!」▼子供の人生は本当に親のランク次第なのか? 親ガチャ失敗女子5人の告白

    ●『ロマン優光の好かれない力』は「我々はなぜ小室圭さんに魅了されてしまうのか」

グラビアギャラリー
生活・知恵 2016.09.10(土)

専業主婦・二児の母から一転、AV女優へ。書籍『ゲスママ』の著者・神田つばき氏に聞いた「40代女の欲望」

 

 30代で離婚し、シングルマザーとなった女性が、子供と共に生きていくためにAV女優となった―という物語であれば、当世、さしてめずらしくはない。語弊を恐れずに言えば、ごくありふれているとさえ言える。

 しかし、離婚した二児の母が、「経済的な理由」からではなく、自身の「欲望の実現」のためにアダルトの世界に入った、しかも40歳を目前にして―としたら、いささか話は変わってくるだろう。

 9月10日に発売された神田つばき氏の自伝『ゲスママ』は、38歳で子宮けい癌に罹患し、子宮を全摘したことを契機にセックスレスであった夫と離婚、その後、働くシングルマザーとして銀行に勤務する傍ら自らアダルト業界へと飛び込み、AV出演、男性向け成人雑誌の原稿執筆を行い、果てはプライベートにおける極北の性愛行為をカメラに収め、自身でメーカーを立ち上げてその映像を売り歩いた―という神田氏の、端から見れば正気の沙汰とは思えない、性の冒険譚となっている。

 一般的に、40歳という年齢は女性にとって一つの節目だろう。いわゆる中年期に差し掛かり、「女」として現役であることを自ら躊躇し、またそうあることを遠慮すべきであるという空気が周囲に漂い始めるのもこの頃である。しかし、一方で欲望そのものが消えてなくなるわけではない。いや、むしろ20代や30代の頃よりも強く「女」としての欲望が沸々と湧き起こるのが40代であるという声もある。神田氏がまさにそうであった。『ゲスママ』に綴られた性の冒険のほとんどは、神田氏が40代であった頃の出来事である。

 古来、暗黒大陸とされてきた女の欲望、とりわけ苛烈を極める「40代女の欲望」について、神田つばき氏に聞いた。

「アレもコレも感じる!」「まだまだ女なんだ!」と自分の肉体を再発見するのが40代

—著書『ゲスママ』によると、神田さんは38歳で離婚され、その後、自らの意志によって緊縛モデルとなり、またAVにも出演されています。そうした性の冒険が始まったのが38歳という年齢であったことについて、なにか特別な意味はあるのでしょうか。

神田 たまたま38歳で子宮けい癌が見つかり、すぐに全摘手術したんですね。結婚生活、子育て、自分なりに我慢もしてきたのに、「子宮取られちゃうの!? 私、女じゃなくなっちゃうの?」と、ショックでしたし、何か火が付いちゃったんです。「これで女を終わりにするなんて、いやかも……!」って。
 女の人って、自分の人生を劇的に変えるような出来事がないかな、といつも夢見ているものです。それはもう少女のころから、白雪姫とかシンデレラとか読んで育ちますから。
 30歳ならまだ、そんな夢物語が現実になってもおかしくない気がするけれど、40歳のシンデレラって想像しづらいんですよ。だから30代後半の女性の自分を変えたい願望ってものすごい熱量を持っているんです。
 その熱源に子宮けい癌がトリガーになって、おとなしかった私が暴発しちゃった!……そんな感じです(笑)

―女性の欲望は、20代、30代、40代、50代と変化していくものなのでしょうか? 変化していくものだとして、どのように変化していくのでしょう?

神田 性欲も性感も、20代はまだ発展途上なんですよ。最初はほんの一瞬イクだけだったのが、だんだん中も感じるようになる、奥も感じるようになる、人によっては「どこを刺激されてもイク」ようになる(笑)。
 憧れも不安も強い20代、「もっと感じられるはずだ」と気づく30代、実際に「アレもコレも感じる!」「まだまだ女なんだ!」と自分の肉体を再発見する40代、閉経で性欲もおだやかになり、相手のこともいたわってエッチできるようになる50代……ですね。
 40歳前後の頃は、朝、目が覚めた瞬間から、「やりたい……」って思ってました。私、どうかしてるのかもって悩みましたよ(笑)

―たとえば結婚して子供がいるという女性の場合、「妻」であり「母」であり「女」であるという複数の顔を持って生きることになり、全部を充実させたいと思っても、とても難しいと思うのです。「妻」でありながら「女」である、「母」でありながら「女」であることの難しさについて、どのようにお考えでしょうか?

神田 同じ家の中にいながら、昼は妻として母として、夜は女として……っていう演じ分けができなくなっていますよね。昭和中期まではそういう文化だったんですよ。夜になると、普通の奥さんでもシフォンのネグリジェを着て、「子供は寝なさい」と。そこから大人の時間ですね。いつものパートナーでも、視覚的にハッとさせるような仕掛けが大事なのに、現代はそういう努力をしなくなって、夫も妻も外で不倫するようになってしまいました。

―著書『ゲスママ』において神田さんは、「性愛」というもっともプライベートな部分について、赤裸々過ぎるのでは、と読み手が当惑してしまうほどに、はっきりと綴られています。本書を書こうと思った動機、あるいは本書に込めた思いについて、お聞かせ頂けますでしょうか?

神田 最近、「女性を物扱いしてしまった」という事件がありましたけれど、女性もいろんなことを思い、悩み、傷つき、考えているわけです。それがわかっていない男性が多すぎます。
 でも、それを男性が具体的に知る機会って、実は少ないです。好きな人には嫌われたくないから、女性も赤裸々なことを話さないんですよね。
 性に臆病な女性は性欲がないというわけじゃないし、性に積極的な女性は何をされてもOKというわけじゃない。なぜ彼女はそうなったのか、という物語が女性一人ひとりにあるのです。
 想像力は愛情の基本です。彼女の物語を理解しようという気持ちをもって、女性を大切にしてほしいな、と……そんな願いから、自分の場合を書きました。

(文・構成/西野陽菜)

(著者プロフ)

神田つばき
1959年、東京都生まれ、獨協大学仏語学科卒業。38歳で離婚、派遣社員として銀行に勤務。39歳で「緊縛美研究会」にモデルとして参加、41歳からフリーライター、AV女優として活動。2006年、女性が企画したSMやフェティシズム映像をAV制作するメーカー「ユーストレス」設立。2010年から、エ口スをテーマとする女性作家のコンペティション「東京女子エロ画祭」主宰。AV審査団体初の女性理事、日本官能文学芸術協会理事、NPO法人女性の健康とメノポーズ協会認定「女性の健康とワークバランス推進員」。

おすすめ書籍:ゲスママ/神田つばき(コアマガジン)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14438444/


 


[PR]


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます


実話BUNKAタブー 2021年12月号

新品価格
¥620から
(2021/10/15 20:05時点)




  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ 新日本プロレス 山口明 アイドル フジテレビ 童貞 ゆるゆるベイスターズファン 帰ってきて 吉澤ひとみ NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6