Home > 生活・知恵

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2022年6月号
    実話BUNKA超タブー2022年6月号

    コンビニ・書店で5/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    国民の自由を奪い虐殺・蓄財・贅を尽くすプーチンを凌ぐ世界最凶独裁者39人/ BUNKA TABOO OPINION芸能人の暴露が話題のガーシー人気なのは逆ルッキズムという大衆の僻み/ ウジ虫の湧いたチーズ/牛の金玉/ゴキブリ/ワニほか 世界のキモい食べ物一番グロいのは?/ 「黒幕はCIA」「ウクライナはアメリカの傀儡」識者を気取ったプーチン擁護者の「反米」という病/ アメリカ政府に借りを作り日米関係が歪む恐れも 小室圭さん2度の司法試験不合格がもたらす弊害/ AVのような出来事が現実にあった! 女教師SEX事件簿/ ゼレンスキーの裏で糸を引く?戦争を勝利へ導く戦争広告代理店とは何か/ ジェンダーフリーという大義名分のもと表現弾圧をしまくる今どきのフェミニストのイカれた正体/ 山本太郎の鞍替えがまともに見える国民を舐めた与野党の参院選戦略/ コロナ禍でも豪遊する胡散臭い人々 夜の街で大金を溶かす投資家やコンサルは何者なのか?/ 『ちむどんどん』で話題 沖縄料理全部まずい56品実食調査/ 『シン・ウルトラマン』公開でキモい中年が大興奮 ウルトラマンはショボくて子供だましで世紀の駄作/ 保護を主張するフェミニストこそ女性蔑視者だ 女子高生AV出演賛成論/ 作家・樋口毅宏特別寄稿「園子温、解脱せよ」/ あの老害化石漫画が遂に終わりへと動き出したと話題『ワンピース』の伏線回収と騒ぐオタクがキモすぎる/ うっかり関わって地獄を見ないために メンヘラ女の特徴×47/ 1位津市 2位秋田市 3位福井市 ショボい県庁所在地廃れ度ランキング

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー 嶋大輔他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2022年7月号
    実話BUNKAタブー2022年7月号

    5/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    ▼知床観光船のような悲劇に遭わないために 生命を危険に晒す海や水辺に近づくべからず ▼TABOO ISSUE小室眞子さんとの極秘会食を完全否定 宇多田ヒカルが感じ悪すぎる▼ウクライナ政府によるヒトラー&ムッソリーニとの同列あつかいに怒る 昭和天皇に戦争責任はないというバカたち▼26人が死亡・行方不明で「とりあえず謝罪」発言 儲け主義で安全面は蔑ろ知床観光船事故社長のグレー過ぎる素顔▼国民に不公平感を植え付けかねないロイヤルサポート小室夫妻に悠仁さま 行政の皇室忖度は常態化するのか▼ヨーロッパ諸国がウクライナ難民を大歓迎する理由は「白人」だから 白人による有色人種差別の陰惨な歴史▼口では勇ましい「戦争ごっこ」も覚悟はゼロ 安倍らタカ派議員の安全保証の虚像ぶり▼星野・王・原・栗山ほか名将と称される野球監督 ベンチで座ってるだけの方がマシな過大評価の愚将だらけ▼安田純平が語るロシアのシリア国民虐殺の実態 プーチンによる殺戮はウクライナだけにあらず▼二階堂ふみ、真野恵里菜、満島ひかりほかW性加害監督園子温・榊英雄の作品に出演した一流女優が被るセクシーな風評被害▼モーニングショー・アメトーーク! ・ドラえもん・報ステほか全時間帯視聴率1位でもテレビ朝日の人気番組全部つまらない▼ドミノピザ・ピザーラ・ピザハット他コロナで店舗が爆増したデブの大好物 宅配ピザ激マズ店決定戦▼ロシア・ウクライナ戦争で露呈 中国脅威論のウソ▼拒否できない立場につけこまれ工口奉仕をさせられる美女たち住吉会と稲川会も出席 道仁会が仕掛けた「反・山口組サミット」の衝撃▼株式投資家5人にマイルールを聞いてみた▼電気・家賃・スマホほか値上げ地獄を生き抜く節約テクニック2022▼吉野家「生娘しゃぶ漬け」発言で話題 チェーン店の親子丼って美味しいの

    ●『ロマン優光の好かれない力』連載中 トンデモ団体・神真都Qはなぜ支持されるのか

グラビアギャラリー
生活・知恵 2016.09.10(土)

専業主婦・二児の母から一転、AV女優へ。書籍『ゲスママ』の著者・神田つばき氏に聞いた「40代女の欲望」

 

 30代で離婚し、シングルマザーとなった女性が、子供と共に生きていくためにAV女優となった―という物語であれば、当世、さしてめずらしくはない。語弊を恐れずに言えば、ごくありふれているとさえ言える。

 しかし、離婚した二児の母が、「経済的な理由」からではなく、自身の「欲望の実現」のためにアダルトの世界に入った、しかも40歳を目前にして―としたら、いささか話は変わってくるだろう。

 9月10日に発売された神田つばき氏の自伝『ゲスママ』は、38歳で子宮けい癌に罹患し、子宮を全摘したことを契機にセックスレスであった夫と離婚、その後、働くシングルマザーとして銀行に勤務する傍ら自らアダルト業界へと飛び込み、AV出演、男性向け成人雑誌の原稿執筆を行い、果てはプライベートにおける極北の性愛行為をカメラに収め、自身でメーカーを立ち上げてその映像を売り歩いた―という神田氏の、端から見れば正気の沙汰とは思えない、性の冒険譚となっている。

 一般的に、40歳という年齢は女性にとって一つの節目だろう。いわゆる中年期に差し掛かり、「女」として現役であることを自ら躊躇し、またそうあることを遠慮すべきであるという空気が周囲に漂い始めるのもこの頃である。しかし、一方で欲望そのものが消えてなくなるわけではない。いや、むしろ20代や30代の頃よりも強く「女」としての欲望が沸々と湧き起こるのが40代であるという声もある。神田氏がまさにそうであった。『ゲスママ』に綴られた性の冒険のほとんどは、神田氏が40代であった頃の出来事である。

 古来、暗黒大陸とされてきた女の欲望、とりわけ苛烈を極める「40代女の欲望」について、神田つばき氏に聞いた。

「アレもコレも感じる!」「まだまだ女なんだ!」と自分の肉体を再発見するのが40代

—著書『ゲスママ』によると、神田さんは38歳で離婚され、その後、自らの意志によって緊縛モデルとなり、またAVにも出演されています。そうした性の冒険が始まったのが38歳という年齢であったことについて、なにか特別な意味はあるのでしょうか。

神田 たまたま38歳で子宮けい癌が見つかり、すぐに全摘手術したんですね。結婚生活、子育て、自分なりに我慢もしてきたのに、「子宮取られちゃうの!? 私、女じゃなくなっちゃうの?」と、ショックでしたし、何か火が付いちゃったんです。「これで女を終わりにするなんて、いやかも……!」って。
 女の人って、自分の人生を劇的に変えるような出来事がないかな、といつも夢見ているものです。それはもう少女のころから、白雪姫とかシンデレラとか読んで育ちますから。
 30歳ならまだ、そんな夢物語が現実になってもおかしくない気がするけれど、40歳のシンデレラって想像しづらいんですよ。だから30代後半の女性の自分を変えたい願望ってものすごい熱量を持っているんです。
 その熱源に子宮けい癌がトリガーになって、おとなしかった私が暴発しちゃった!……そんな感じです(笑)

―女性の欲望は、20代、30代、40代、50代と変化していくものなのでしょうか? 変化していくものだとして、どのように変化していくのでしょう?

神田 性欲も性感も、20代はまだ発展途上なんですよ。最初はほんの一瞬イクだけだったのが、だんだん中も感じるようになる、奥も感じるようになる、人によっては「どこを刺激されてもイク」ようになる(笑)。
 憧れも不安も強い20代、「もっと感じられるはずだ」と気づく30代、実際に「アレもコレも感じる!」「まだまだ女なんだ!」と自分の肉体を再発見する40代、閉経で性欲もおだやかになり、相手のこともいたわってエッチできるようになる50代……ですね。
 40歳前後の頃は、朝、目が覚めた瞬間から、「やりたい……」って思ってました。私、どうかしてるのかもって悩みましたよ(笑)

―たとえば結婚して子供がいるという女性の場合、「妻」であり「母」であり「女」であるという複数の顔を持って生きることになり、全部を充実させたいと思っても、とても難しいと思うのです。「妻」でありながら「女」である、「母」でありながら「女」であることの難しさについて、どのようにお考えでしょうか?

神田 同じ家の中にいながら、昼は妻として母として、夜は女として……っていう演じ分けができなくなっていますよね。昭和中期まではそういう文化だったんですよ。夜になると、普通の奥さんでもシフォンのネグリジェを着て、「子供は寝なさい」と。そこから大人の時間ですね。いつものパートナーでも、視覚的にハッとさせるような仕掛けが大事なのに、現代はそういう努力をしなくなって、夫も妻も外で不倫するようになってしまいました。

―著書『ゲスママ』において神田さんは、「性愛」というもっともプライベートな部分について、赤裸々過ぎるのでは、と読み手が当惑してしまうほどに、はっきりと綴られています。本書を書こうと思った動機、あるいは本書に込めた思いについて、お聞かせ頂けますでしょうか?

神田 最近、「女性を物扱いしてしまった」という事件がありましたけれど、女性もいろんなことを思い、悩み、傷つき、考えているわけです。それがわかっていない男性が多すぎます。
 でも、それを男性が具体的に知る機会って、実は少ないです。好きな人には嫌われたくないから、女性も赤裸々なことを話さないんですよね。
 性に臆病な女性は性欲がないというわけじゃないし、性に積極的な女性は何をされてもOKというわけじゃない。なぜ彼女はそうなったのか、という物語が女性一人ひとりにあるのです。
 想像力は愛情の基本です。彼女の物語を理解しようという気持ちをもって、女性を大切にしてほしいな、と……そんな願いから、自分の場合を書きました。

(文・構成/西野陽菜)

(著者プロフ)

神田つばき
1959年、東京都生まれ、獨協大学仏語学科卒業。38歳で離婚、派遣社員として銀行に勤務。39歳で「緊縛美研究会」にモデルとして参加、41歳からフリーライター、AV女優として活動。2006年、女性が企画したSMやフェティシズム映像をAV制作するメーカー「ユーストレス」設立。2010年から、エ口スをテーマとする女性作家のコンペティション「東京女子エロ画祭」主宰。AV審査団体初の女性理事、日本官能文学芸術協会理事、NPO法人女性の健康とメノポーズ協会認定「女性の健康とワークバランス推進員」。

おすすめ書籍:ゲスママ/神田つばき(コアマガジン)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14438444/


 


[PR]

※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます


アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ 山口明 新日本プロレス アイドル ゆるゆるベイスターズファン フジテレビ 童貞 NHK 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6