Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2023年3月号
    実話BUNKA超タブー2023年3月号

    コンビニ・書店で2/2より発売中 偶数月2日発売(次号は4月2日発売) 特別定価650円(税込)

    ▼降雪地帯、海・川の近く、足立区、沖縄ほか 住みたくない場所▼古いだけなのにノスタルジーだと通ぶるバカから大絶賛 超老舗ラーメン全部まずい▼女性がマスクを付ける最大の目的はキモいおっさんに顔を見られたくないから▼ガーシー参院議員・FC2高橋理洋・与沢翼なども潜伏…詐欺師たちの楽園ドバイ▼温泉むすめ・たわわ・AV新法 ほか「女性の尊厳」を盾に他者を攻撃するツイフェミの暴走▼元共産党員・篠原常一郎が語る 仁藤夢乃代表Colabo問題&共産党と貧困支援事業の関係▼女を喰い物にして生き抜くホストの集金方法とは▼存在感ない野党のラストチャンスは理念なき野合▼山上のテロが招いた歪な社会 統一教会バッシングで日本は信教の自由がない暗黒社会に▼織田信長VS徳川家康クズ比較▼ヤクザが怒鳴りあうだけのクソ映画『仁義なき戦い』がつまらなさすぎる

     

  • 実話BUNKAタブー 2023年3月号
    実話BUNKAタブー2023年3月号

    12/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価670円(税込)

    ▼TABOO OPINION中国がアメリカを凌駕し覇権国家になる未来は杞憂▼ベストマザー賞受賞の元トップアイドル篠田麻里子 不倫を追及される修羅場の内情と夫の素顔▼核武装ならともかくアメリカの言いなりで国民1人あたり年間4万円の負担防衛費増額はムダ▼動物好きなはずの次期天皇 秋篠宮さまにカピバラ猟奇食いBBQ疑惑▼3年かけて加藤の乱を完全鎮圧した吉本興業の恐ろしさ▼『やや日刊カルト新聞』藤倉善郎氏に聞く統一教会擁護で炎上する太田光の及ぼす悪影響とは▼財務省の安倍派への逆襲「岸田の間に増税してしまえ」 ほか

    連載中『ロマン優光の好かれない力』は「樋口毅宏の発売中止本を読んでみた

グラビアギャラリー
芸能・エンタメ 2023.01.26(木)

岸田政権が支持率低下でも安泰なのはツイッターでの政権批判のせい

 

猛烈批判を浴びる岸田政権

 防衛費増額、増税、統一教会問題への対応など、岸田政権の政策に批判が集まっています。ツイッターは岸田政権への批判に満ちあふれており、リベラル左翼層からはもちろんのこと、ネトウヨ保守層からすら「防衛費増額はいいとして、増税はけしからん。国債でいいだろ」などと批判に晒されています。

 結果、内閣支持率も20%台にまで落ち込み、八方塞がりに見える岸田政権。ですが、とはいえ岸田政権が倒閣する気配は微塵も感じられません。どうしてでしょうか。

 もちろん国政選挙のタイミングが遠いことが最大の要因でしょう。また「野党がだらしないから」とよく言われる指摘もあるかもしれません。しかし、それだけではありません。見過ごせない要因の一つは、ツイッターなどで連日繰り広げられている岸田政権批判にもあるのではないでしょうか。

政権の倒閣の気配は微塵もなし

 インターネットがなかったころは、自分の意見を発信するとなると、リアルな手段を取るしかありませんでした。ですから、政府に不満をぶつけたいとなったらデモを行う、署名を行うといった面倒くさいことをやるしかありませんでした。

 しかし現在、ネット上、特にツイッターは気に入らないことがあるとすぐにそれを書き込むツールと化しています。自分の主張を述べたい人・政権批判したい人にとって、政策やら言動やらちょっと不満があればすぐに政権批判を展開できるツイッターは使わない理由がありません。

 というわけで、ツイッター上には政権批判が満ちあふれるようになっていますが、それによって岸田政権がダメージを受けているかといえば、全くそんなことはないのが現実です。

 なぜか。だって、ツイッターでいくら批判が満ちあふれていようが、ツイッターを見なければ、そんなもの存在しないも同然ですよね。

実は影響力が大きかったSEALDs

 デモのような直接的行動は邪魔だしうるさいし迷惑。しかし、だからこそデモには訴えかける力があります。国会の前が人で埋め尽くされれば、主張を鵜呑みにはしなくとも、ガン無視というわけにはいかないでしょう。メディアにも取り上げられます。 

 もちろん、左翼くずれのじいさんばあさんが数十人ぽっちでやっても意味がないですが、例えばSEALDs。若者をバカにしなければ気が済まない老害ネトウヨや冷笑系の人々からは批判を受けましたが、若者が政治運動に参加する様子はメディアで多く取り上げられ、実際問題、一定の影響力がありました。

 それに比べて現在のツイッター上での政治運動。界隈で名のしれた左翼インフルエンサーが、うまいこと政権批判して、そのツイートが同じような思想を持つ人によって何百何千リツイート。盛り上がっている風はありますが、それってなんか意味あります?

 コロナ禍当初には、ツイッターデモと称して、ツイッターで給付金を要求する運動がありました。その後、政府は一律10万円給付を決め、それによってツイッターデモ界隈は「自分たちのお陰だ」なんて誇ってましたが、いやいや、たまたま貧困家庭が多く入信している創価学会を支持基盤に持つ公明党が政権に働きかけたからですよね? その後もしばらくツイッターデモとやらは続いていましたが、特に政権の政策に影響を及ぼすことはなかったのがその証拠です。

ネット上での政権批判がガス抜きに

 ツイッターでの政治的な主張やら、ネット上での署名やら。これらは、やる分には大いに結構なのですが、問題は批判や不満、主張をネット上で表明するだけで満足してしまっている人々が多いことではないでしょうか。

 自分の主張が、所詮内輪に対してとはいえ、たくさんの人にリツイートされれば、共感してくれたことに気持ちよくなってしまうのは否めませんよね。

「それだけでは満足してない!」と主張するかもしれませんが、実際、じゃあネットで意見を表明する以外に、その後何かしているかと言ったらしていませんよね? それ以上の何かをすることに対して、コロナ禍を言い訳にして、面倒くささが勝ってしまっているのではないでしょうか。結局ネット上での政治的運動って、お手軽に皆がやってる感を出して「やるべきことはやった」と満足してガス抜きになっているだけ。政権与党をますます安泰にさせている気がしてなりません。

 政権批判において意味があるのは、政権側がやられたら嫌で、大手メディアも巻き込むことができるリアルな運動のみです。

 コロナ禍によって「なんでもリモートに置き換えればOK!」みたいな風潮が生じましたが大きな間違いです。面倒くさがっていては、何も変わらないし、変えられません。政権に不満がある人は、スマホは……捨てなくてもいいですが、町へ出ましょう。

 
文/編集部
写真/岸田文雄(首相官邸ホームページより)

 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで買う(電子もあるよ!)

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE ゆるゆるベイスターズファン 瀬名あゆむ 山口明 新日本プロレス アイドル フジテレビ 童貞 DVDレンタル NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6