Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2023年3月号
    実話BUNKA超タブー2023年3月号

    コンビニ・書店で2/2より発売中 偶数月2日発売(次号は4月2日発売) 特別定価650円(税込)

    ▼降雪地帯、海・川の近く、足立区、沖縄ほか 住みたくない場所▼古いだけなのにノスタルジーだと通ぶるバカから大絶賛 超老舗ラーメン全部まずい▼女性がマスクを付ける最大の目的はキモいおっさんに顔を見られたくないから▼ガーシー参院議員・FC2高橋理洋・与沢翼なども潜伏…詐欺師たちの楽園ドバイ▼温泉むすめ・たわわ・AV新法 ほか「女性の尊厳」を盾に他者を攻撃するツイフェミの暴走▼元共産党員・篠原常一郎が語る 仁藤夢乃代表Colabo問題&共産党と貧困支援事業の関係▼女を喰い物にして生き抜くホストの集金方法とは▼存在感ない野党のラストチャンスは理念なき野合▼山上のテロが招いた歪な社会 統一教会バッシングで日本は信教の自由がない暗黒社会に▼織田信長VS徳川家康クズ比較▼ヤクザが怒鳴りあうだけのクソ映画『仁義なき戦い』がつまらなさすぎる

     

  • 実話BUNKAタブー 2023年3月号
    実話BUNKAタブー2023年3月号

    12/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価670円(税込)

    ▼TABOO OPINION中国がアメリカを凌駕し覇権国家になる未来は杞憂▼ベストマザー賞受賞の元トップアイドル篠田麻里子 不倫を追及される修羅場の内情と夫の素顔▼核武装ならともかくアメリカの言いなりで国民1人あたり年間4万円の負担防衛費増額はムダ▼動物好きなはずの次期天皇 秋篠宮さまにカピバラ猟奇食いBBQ疑惑▼3年かけて加藤の乱を完全鎮圧した吉本興業の恐ろしさ▼『やや日刊カルト新聞』藤倉善郎氏に聞く統一教会擁護で炎上する太田光の及ぼす悪影響とは▼財務省の安倍派への逆襲「岸田の間に増税してしまえ」 ほか

    連載中『ロマン優光の好かれない力』は「樋口毅宏の発売中止本を読んでみた

グラビアギャラリー
芸能・エンタメ 2023.01.11(水)

駄作の予感しかしない大河ドラマ『どうする家康』

 

それにしたって松潤か…

 朝の連続テレビ小説同様、大河ドラマも傑作の後は駄作と相場が決まっているのでしょうかーー。

 2023年の大河ドラマ『どうする家康』(以下、『家康』)が1月8日にスタートしましたが、大絶賛の嵐だった『鎌倉殿の13人』(以下、『鎌倉殿』)と打って変わって、第1回はなんとも微妙……。

 オープニングからして、『鎌倉殿』はこれぞ大河ドラマ感プンプンの重厚さがありましたが、『家康』はなんとも間の抜けた音楽と映像(ついでにタイトルロゴも)。冒頭の少年時代から松本潤が演じており、ごっこ遊びに興じる松潤は見てはいけないものを見てしまっている気分に。

 映像のショボさは仕方ないとしましょう。まあ天下のNHKなのにショボいというのはどうかと思いますが、それだけ日本の国力が落ちている現れでしょう。今や韓国ドラマとはクオリティが雲泥の差ですが、国力が落ちているのだから仕方ありません。

 さておき、『どうする家康』というタイトルからしてコメディ調に描かれるものと思われますが、家康の生涯の数々の危機をコメディ調で描くって、上手くいく気がしません、しかも大河ドラマという由緒ある看板を背負って……。

 キャストは、松本潤の圧倒的な不似合い感を除けば、岡田准一の織田信長、阿部寛の武田信玄、野村萬斎の今川義元など適材適所感がありますし、岡田に加えて『平清盛』主演の松山ケンイチに『利家とまつ』主演の松嶋菜々子と、過去大河主演経験がある俳優を3人も揃えているのも豪華(『鎌倉殿』は西田敏行1人)。……と観る前は思っていましたが、第1回の岡田信長と阿部信玄の何とも言えぬ安っぽいコスプレ感。野村義元はハマっていたので、第1回での退場が残念。

 あと、築山殿の有村架純は期待ですね。前回家康が主演だった滝田栄の『徳川家康』の池上季実子みたいにキリッとした強気そうな女性が悪女をやる印象だったので、たぬき顔の有村架純が演じるのは悲劇性が高まりそうです。

 それにしても松潤が家康って……ジャニーズがやるにしても、むしろ同じ元嵐なら二宮和也のほうがしっくりくる気が。

 いきなり桶狭間から始まったのは、家康の波乱万丈を描くには幼少時からきっちり描いてたら描ききれないからってことなんですかね。まあ桶狭間の時点で他界している家康パパや信長パパもキャストにあるからおいおい幼少期も描かれるんでしょうけど、大河ドラマは往々にして史実で特に大して何してたのか分からない少年期~青年期を妙にみっちり描いて、後半生がおざなりになるってパターンもあるので、前半サクッと描いて、桶狭間以降をみっちり描くつもりなら、それはそれで期待できます。家康、歴史上の誰よりも描くべき要素がいっぱいありますからね。

 他の三英傑の2人と比べても、信長だと49歳までしか生きてないし、秀吉は前半生よく分からないのに、家康は戦いに明け暮れた挙げ句、75歳まで生きていますし。

 とはいえ、見過ごせないのが、お腹下すキャラとして描こうとしていることですよ。三方ヶ原の戦いで脱糞してしまったことから来てるのかもしれませんが、こんなのは潰瘍性大腸炎の持病があった安倍元首相へのヘイトですよ! 元首相がご存命だったら絶対こんな描き方はしなかったはず!! 許せません!!!

 話は戻りますが、近年の朝ドラの傑作といえば、大正・昭和・平成・令和と母娘孫三代の女性の100年間を見事に描ききった『カムカムエヴリバディ』。そして近年の朝ドラの駄作といえば、本土復帰以降の沖縄を舞台にしつつも沖縄のイメージを著しく下げてしまった『ちむどんどん』。

 傑作の後には、その反動もあって、つい視聴者の見る目も厳しくなってしまい、次作の評価が下がってしまうもの。その意味では、大河史上に残る傑作と評判だった『鎌倉殿』の後だけに、視聴者の『家康』への見る目は厳しいと言っていいでしょう。そんな厳しい目が向けられるであろうことに対して、制作陣はどうする?


文/編集部
写真/『どうする家康』ポスター

 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで買う(電子もあるよ!)

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE ゆるゆるベイスターズファン 瀬名あゆむ 山口明 新日本プロレス アイドル フジテレビ 童貞 DVDレンタル NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6