Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKAタブー 2023年3月号
    実話BUNKAタブー2023年3月号

    12/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価670円(税込)

    ▼TABOO OPINION中国がアメリカを凌駕し覇権国家になる未来は杞憂▼ベストマザー賞受賞の元トップアイドル篠田麻里子 不倫を追及される修羅場の内情と夫の素顔▼核武装ならともかくアメリカの言いなりで国民1人あたり年間4万円の負担防衛費増額はムダ▼動物好きなはずの次期天皇 秋篠宮さまにカピバラ猟奇食いBBQ疑惑▼3年かけて加藤の乱を完全鎮圧した吉本興業の恐ろしさ▼『やや日刊カルト新聞』藤倉善郎氏に聞く統一教会擁護で炎上する太田光の及ぼす悪影響とは▼財務省の安倍派への逆襲「岸田の間に増税してしまえ」 ほか

    連載中『ロマン優光の好かれない力』は「樋口毅宏の発売中止本を読んでみた

  • 実話BUNKA超タブー2022年11月号
    実話BUNKA超タブー2023年1月号

    コンビニ・書店で12/2より発売中 偶数月2日発売(次号は2月2日発売) 特別定価650円(税込)

    ▼自民党の裏切りを許さない旧統一教会の逆襲▼今更コロナワクチンを恐れ始める算数のできないバカ▼「ブレイキングダウン」と朝倉未来のダサい身内ノリ▼ジュリー氏&妻の傀儡となった木村拓哉▼中国の台湾への攻撃が迫っても軍備増強を拒否する左翼は馬鹿▼合同結婚したい中年男がバトル 統一教会入信選手権▼「富士そば」地獄の超長時間労働と残酷な仕打ち▼慶應幼稚舎出身者が語る上級国民の生活▼多種多様だけどどれもまずいラーメン大図鑑▼「日本は格差が拡大している」&「格差は悪」という大間違い▼DHC身売りで偏向報道番組が終了 ネトウヨ論客たちの終焉▼ソーセージ好きグラドルが人気定番商品24品を食べ比べ▼1ランク上のAVの楽しみ方▼サッカー日本代表監督無能ランキング▼自分より下がいると安心したい時にすべきこと

    吉田豪インタビュー 鳥嶋和彦

     

グラビアギャラリー
芸能・エンタメ 2018.11.08(木)

流行語大賞について語るよ!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載232

 

エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第232回 流行語大賞について語るよ!

 昨日(11月7日)発表された、2018年の「流行語大賞」候補。みなさんはもう、チェックなさったかしら?
今回も「悪質タックル」「(大迫)半端ないって」「金足農旋風」「カメ止め」「高プロ(高度プロフェッショナル制度)」「Tik Tok」「#MeToo」など、30の言葉が選ばれているんだけど、例年通り、「たしかにそれ、一時期よく聞いた」というものから、初耳のもの(恥ずかしながら、「翔タイム」「ご飯論法」あたりは知らなかったわ)までさまざま。

 ノミネートされた言葉の中で「流行語大賞に選ばれてほしい」と思うのは、やはり「おっさんずラブ」かしら。ドラマの内容については賛否両論あるみたいだけど、アタシは「おっさんずラブ」って、「人々が男同士のカップルに対し何の疑問も抱かず、ただ祝福する」というシーンを、日本の地上波ドラマで(おそらく初めて)実現させた、画期的な作品だと思っているの。流行語大賞とって、さらに話題になってほしい……。

 一方で、「あれ? 候補に入らなかったんだ?」と思ったのが「アムロス」。ライブツアーDVDがミリオンを達成したし、ラストライブ前後、沖縄にはファンが殺到したし、かなりの話題性と経済効果はあったはずなのに。沖縄出身アーティストということで、DA PUMP(ダサかっこいい/U.S.A.)と微妙にかぶるせいかしら……。もっとも、デビューから20年以上経った今、DA PUMPが流行語大賞候補に選ばれるというのは、それはそれで感慨深いものがあるわね。

 あと、個人的に候補に入ってほしかったのが、「半分白目」。「半分白目」というのは、前期の某朝ドラに不満や憤懣を抱いた視聴者が、グチを呟く際に使っていたハッシュタグなんだけど、アンチの人たちに連日燃料(炎上ネタ)を与え続けたあのドラマ、ある意味画期的だったと思うの。アタシもなんだかんだ言いながら、結局最後まで観ちゃったし。
 そしてもう一つ、アタシの周り(というか、ツイッターのタイムライン)で今年しばしば見かけたのが「アレクサ(Amazonの音声AIアシスタント)、~やって」。あ、でもこれはこれで、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)とかぶるのか。

 とまあ、挙げられた言葉を見ただけで、今年のいろいろな思い出がよみがえる流行語大賞候補。みなさんにとっては、どの言葉が一番気になったかしら?
 願わくば2019年の流行語大賞候補に、「八方不美人」(12月にデビューする、アタシたちの歌謡ユニット)が選ばれますように……。

<水曜連載>
※今回木曜公開

図版:自由国民社ホームページより部分引用

「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン新語・流行語大賞 HP
https://www.jiyu.co.jp/singo/
ユーキャンのリリース
https://www.u-can.co.jp/company/news/1201193_3482.html

エスムラルダ、今冬ユニット「八方不美人」で歌手デビュー!
 twitter https://twitter.com/happofubijin

 instagram https://www.instagram.com/HappoFuBijin/

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバーはこちら →
https://wp.me/p95UoP-4L
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/


 


[PR]
★ロマン優光の新書9月新刊をAmazonで買う(電子もあるよ!)

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





アイドルとのつきあい方(仮)

新品価格
¥1,980から
(2021/12/10 21:05時点)



  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事

嘘みたいな本当の話はだいたい嘘 (コア新書)

新品価格
¥1,000から
(2022/8/19 22:06時点)





おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 





募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE ゆるゆるベイスターズファン 瀬名あゆむ 山口明 新日本プロレス アイドル フジテレビ 童貞 DVDレンタル NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6