Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2021年5月号
    実話BUNKA超タブー2021年5月号

    コンビニ・書店で4/2発売 毎月2日発売 612円(税込)

    利権と差別まみれオリンピックという醜悪イベント/寿命を縮める睡眠3選/クビになって当たり前の加藤浩次の所業/ 福原愛に騙されるな-『週刊文春』の記事はすべて本人のリーク-/処女を貫く芸能美女の〇処理事情/カネ出し渋っての宣言解除は3回目の緊急事態宣言を招く/富裕層の金を没収して貧乏人にジャンジャン回せ/在日ウイグル男性が語る中国共産党によるウイグル弾圧のいま/深田えいみヌケる出演作TOP10/気持ち悪いファンが多いプロ野球チームランキング/グラビア 伊織いお/清水あいり/香月杏珠/桜井木穂 深田えいみ/花見は素人だらけのパ〇チラ天国/40歳を過ぎた男はココが気持ち悪い/DQN御用達のクルマ・アルファード大研究/行くのが困難な伝説のF店25選/韓国アイドルズリネタ写真館/汚い男の体が映っていないレズVの世界/好評連載 蛭子能収/嶽本野ばら/鎌田紘子/杉作J太郎/中村淳彦/町田足土/真中つぐ etc……

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー ウーマンラッシュアワー 中川パラダイス他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2021年6月号
    実話BUNKAタブー2021年6月号

    4/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    結婚するヤツはとんでもないバカ/五輪スポンサーになって五輪批判も電通批判もNG 新聞はもはや報道機関ではない/ 女子アナF番付/福岡餓死事件と教義の関係は? 創価学会という巣窟/孤独死しないためにはどうしたらいいのか/カネまみれ聖火リレーが世界に恥を晒している/20代パパ活女子5人が告白「私はこうやってパパ活してます」/犯罪者プロ野球選手危険人物度ランキング/大規模チェーン店のラーメン食べ比べ/有吉&夏目の結婚で露呈した芸能界のドンの豪腕ぶり/大島薫インタビュー男は女にとって、いかに気持ち悪くて恐怖なのか/テコンダー朴外伝『覇皇本紀』/株主優待がお得な外食企業を教えます

    グラビア 葉月あや/ももせもも/高梨瑞樹/佐々木萌香//二階堂夢

    連載 小田嶋隆/小田原ドラゴン/白石和彌/デーブ八坂/適菜収/堀江貴文/ロマン優光

    ●『ロマン優光の好かれない力』は「ひろゆきというウサン臭い人物」

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
芸能・エンタメ 2016.06.16(木)

つまづきを長所に変えて~『ダンボ』のたどった苦難の道(後編):高橋ヨシキ連載3

 

(おことわり)旧作映画の映画表現に現代では一部不適切なものがあります。作品の時代背景やその意図を検証することが目的のため、文中の表現はそのままといたしました。何卒ご理解いただければ幸いです。(編集部)

あの映画に隠された、禁断の魅力とは? 現代の「神話」の深淵に迫る!

高橋ヨシキのディズニー大好き!
第3回 つまづきを長所に変えて~『ダンボ』のたどった苦難の道(後編)

前週に引き続き『ダンボ』評をお届け! 前編こちらから。
http://bucchinews.com/geinou/5774.html

おっといけない、また話を急いでしまいました。
 他のゾウに何を言われようとも、強い愛情で結ばれていたダンボと母親ジャンボの前に、今度は心ないクソガキが現れます。彼らはダンボを囃し立て、嘲笑し、いじめますが、これを見たジャンボは激昂します。しかし、クソガキどもを蹴散らしたジャンボは、「狂ったゾウ」と見なされて、牢屋に繋がれてしまいました。
 ここで初めて、ダンボに新たな友だちができます。鼓笛隊の服を着込んだネズミのティモシーです。ティモシーは自分の体躯を活かしていじわるなおばさんゾウたちを震え上がらせますが、これは「ゾウはネズミを怖がるものだ」という物言いに基いています。物言いといってもこれは出典がはっきりしていて、西暦77年にローマの大プリニウスことガイウス・プリニウス・セクンドゥスが、著書『博物誌』に書いたのが始まりです。
 ティモシーはダンボをこう言って元気づけようとします。
「ダンボ君、君のママは狂ってなんかいないよ、ただ悲嘆にくれているだけなんだ。それに、君の耳がでかいのは誰のせいでもない。だいたい、君の耳はとても美しいとぼくは思うね。実際、とても見栄えがするだろう。それに、デカい耳の有名人だって沢山いるんだ。ここは一芝居かまして、君をスターにしてやらなくちゃならん」
 ティモシーは、7頭のゾウでピラミッドを作り、そのてっぺんでダンボが旗を振るというアイディアを思いつき、これをサーカスの団長の耳に吹き込みます。
 ところが、その「ゾウのピラミッド」は、ダンボがまたまた自分の耳につまづいてしまったため、テントが崩れてゾウたちも怪我を負うという大惨事に終わってしまいます。まあ、怪我をしたのは意地悪なおばさんゾウばかりなので、あまり同情できないというのが正直なところですが、このとき、患部に包帯を巻いたり、氷をあてたりしているおばさんゾウの中に、一匹、生肉をほっぺに当てているものがいるのにお気づきでしょうか。あれは通称「ビーフ包帯(Beef Bandage)」といって、打ち身や殴られた場所などに生のステーキを当てて冷やすという民間療法です。元はギリシャ時代の四体液説(「血液、粘液、黄胆汁、黒胆汁」の四つを人間の基本体液と考える説)によるもので、ステーキ肉は赤くて「血液質」なので、腫れを吸い取る力があると思われていたのです。
 サーカスでのダンボの立場はますます悪くなり、ついにはクラウン(ピエロ)たちと組んで危険なドタバタ・コントを演じさせられる羽目に陥ります。
 高い塔のセットが火に包まれ、最上階にいる白塗りのダンボを助けようとクラウンたちが消防隊の格好でやってきます。しかしクラウンたちの消火活動はまったくの滅茶苦茶で、まったく火を消すことができません。
 この場面で、大人数のクラウンが一台の消防車にぎゅう詰めに乗ってやってくるところは、「キーストン・コップス」のパロディになっています。「キーストン・コップス」はサイレント時代のドタバタ喜劇のシリーズで、毎回大人数のお巡りさんが右往左往するのですが、彼らもまた一台のパトカーに大勢で乗るのが売りでした。「キーストン・コップス」をアニメーションでパロディ化した例としては、アンチ・ディズニーの急先鋒にして大人向けのアニメーションを作り続けている鬼才ラルフ・バクシの『クール・ワールド』などがあります。
 幼いダンボが、みじめで悲しく、おそろしい思いをしたにも関わらず、クラウンたちは「火事ショー」の成功に浮かれて祝杯をあげ始めました。
 母親はまだ牢屋の中ですから、このときダンボはまったくの孤立無援です(ティモシーのことはいったん置いておきます)。立場としては身寄りのない子供です。そんなダンボが、サーカスの中で、白塗りの滑稽なメイクを施されて、クラウンたちにすら嘲笑されるみじめな役をあてがわれる……これこそ、「悪い子はサーカスに売っちゃうぞ!」と言われた子供が想像し得る、最悪の事態です。子供でない例もあります。それが1930年のドイツ映画『嘆きの天使』ですが、この作品では、世間知らずの老教授が巡業サーカスの歌手(マルレーネ・ディートリッヒ)に夢中になった挙句に身を持ち崩し、サーカス一の笑われ者のピエロ役にまで身をやつした挙句に死んでしまうというひどい話ですが、ダンボの状況もそれを思わせるところがあります(『ダンボ』は結末が『嘆きの天使』と180度違って本当によかったと思います。もちろん『嘆きの天使』は素晴らしい映画ですが、可哀想なダンボちゃんが救われなかったら映画館で暴動が起きていたでしょう)。
 クラウンたちが誤って水桶の中に落としたシャンパンを飲んで、ダンボとティモシーは泥酔してしまいます。泥酔というより、明らかにトリップしています。このトリップ場面は伝説的なもので、かつまた『ファンタジア』を思わせる創意に溢れためくるめくシーンですが、このトリップ描写についてはいずれ別の原稿でしっかりと分析したいと思います。今回の原稿はトリップ描写に主眼を置いていないので、あえてこの部分をスキップすることをお許しください。
 ダンボとティモシーが目を覚ますと、そこは木の上でした。

耳が大きいってだけで、なぜ彼をフリーク呼ばわりする?

 寝ている間に何が起きたのか……。物珍しげに集まってきたカラスたちの軽口をかわしつつ、ティモシーが推理します。そうだ、きっとダンボがその耳を使って空を飛んだのに違いない!
 それを聞いて、カラスたちが歌い出します。
「どんなおかしなことが世の中にあるとしたって、ゾウが空を飛ぶことなんてありっこないさ」<When I See an Elephant Fly/もし象が空を飛べたら>
 ティモシーはカラスたちのからかいに憮然として、こう言い返します。

「君たち、自分を恥じるがいい。
 大の大人がよってたかって、小さな子供をいじめるなんて!
 子供のときにお母さんから引き離されたことがあるかい?
 夜になっても、誰も抱きしめてはくれないんだ。
 この冷たく、残酷で、心ない世界の中で、
 彼を包み込んでくれる大きな鼻はないんだよ。
 何がいけないっていうんだ。
 耳が大きいってだけで、なぜ彼をフリーク呼ばわりする?
 なぜこの子がサーカスの笑いものにさせられなくちゃならない?
 お母さんはこの子を守ろうとしただけなのに、
 牢屋に閉じ込められたんだ。
 その上、奴らはこの子をピエロに仕立てあげた!
 この子にはもう、社会に居場所なんかないんだ。
 そんな子をいじめて何が楽しいっていうんだ?
 いいよ、もう勝手にしろよ。
 楽しむがいい。あざ笑うがいい。
 この子の背中を蹴っ飛ばすがいいさ」

 ダンボ自身が言葉を発しないこの映画において、ティモシーのこのセリフが主題を明確に浮かび上がらせます。ここでもわざわざ「フリーク」という言葉が使われていることは重要です。他人の「奇形」を差別することを、これほど舌鋒鋭く批判したセリフは『ダンボ』以外にちょっと思いつきません。というか、『ダンボ』が子供向けのアニメ作品だからこそ、ここまでストレートに、しっかりとセリフにして言うことが重要だったし可能だったのでしょう。

魔法の翼はもう必要ない

 ひとくさり言い終えたティモシーがダンボと帰路につこうとすると、カラスたちがそれを止めに入りました。「そんなこと言って去るのはよしてくれよ」「お前らはクールだよ」「なんとかしてやろうじゃないか」。そしてカラスたちはダンボに「魔法の羽」を与えます。これを持っていれば空が飛べるというのです。
 カラスたちは自分の残酷さを恥じて(そしておそらく自分たちも同じくマイノリティであることを自覚した上で)ダンボに救いの手を差し伸べます。カラスたちは流れ者のようでもあり、またピンプ(売春婦の元締め)のようにも見えます。そのカラスたちがダンボの置かれた境遇を理解する、というのは説得力があります。意地悪なおばさんゾウたちは、サーカスのスター、という立場、つまりエスタブリッシュメント側ですから、最後までダンボのことを理解せず、謝りもしないのですが、それとカラスたちは好対照になっているわけです。
『ダンボ』の物語も終わりに近づいてきました。
 再び「火事ショー」に駆りだされたダンボは、しかし今回は地面に墜落するぎりぎりのところでふわりと飛翔します。カラスにもらったプラシーボとしての「魔法の羽」はもう必要ありません。ダンボが高い塔から墜落し、地面が迫ってきて「もうだめだ!」と思った瞬間、奇跡のように舞い上がる場面には最高に高揚させられます。これを上手に換骨奪胎したのがスピルバーグ監督で、『E.T.』で警官隊に追われて「もうだめだ!」となった子どもたちの自転車が一斉に大空へと舞い上がる場面は、明らかに『ダンボ』のこのシーンを下敷きにしています。スピルバーグは『1941』でもアメリカの将軍が映画館で『ダンボ』を観て涙する、という場面を挿入していました(観ていた場面はジャンボが牢屋から鼻だけ出してダンボをあやすところでしたが)。
「空を飛ぶ奇跡のゾウ」ダンボは大評判となり、特別待遇で、ジャンボ・ダンボ親子専用の豪華な客車も与えられました。  サーカスはまた旅を続けます。客車のデッキには解放された母親ジャンボの姿もありました。空を自由に飛ぶダンボの耳は、もはや自分をつまづかせる「奇形」ではありません。それはダンボの持つ最大の武器であり、ダンボをダンボたらしめる大事な自分の一部です。
 ダンボはついに、自分が相手に合わせるのではなく、世間が自分を見る目を変えさせることで、自分自身と、自分の居場所を確立したのです。

<木曜連載>

イメージ画像:Jumbo feeds a laxative called Castoria to a baby elephant in an advertisement(1882/Public Domain)

---------------------------------------------------
(告知)
『高橋ヨシキのクレイジー・カルチャー・ガイド!』というメールマガジンを「まぐまぐ」で開始しました。 オフィシャルの説明文は以下のとおりです。

「『人生を無駄にしないためにも、もっとくだらない映画を観なさい!』というのはジョン・ウォーターズ監督の名言ですが、このメルマガでは映画をはじめ、音楽や書籍、時事ネタから貧乏白人のあきれた生態まで、ジャンルにこだわることなく硬軟とりまぜてお届けします。また、毎号、旧作新作問わず、ヘンテコリンな映画のレビューも掲載いたします。会員の皆さんからのご質問にもできる限りお答えするつもりですので、よろしくお願いします。ヘイルサタン。」

というわけで、内容はメインのコラム、映画レビュー、それと質問コーナーの3本柱なのですが、ほかにも豪華ゲストとの対談やイカれた動画の紹介など、いろんな企画を予定しておりますので、ぜひともよろしくお願いします。

---------------------------------------------

『高橋ヨシキのクレイジー・カルチャー・ガイド!』
・登録ページ
http://www.mag2.com/m/0001673228.html
(サンプル号もここで公開中です)
¥666(税込)/月(初月無料)
毎週 金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
2016年06月03日創刊
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
(まぐまぐID: 0001673228)

【高橋ヨシキ:プロフィール】
たかはし・よしき
映画ライター、デザイナー、悪魔主義者。雑誌『映画秘宝』にアートディレクター、ライターとして参加する傍ら、テレビ、ラジオでも活躍中。NHKラジオ第1放送で『すっぴん!』にて毎週金曜日「高橋ヨシキのシネマストリップ」を担当。近著に「暗黒映画評論 続悪魔が憐れむ歌」。

おすすめ書籍:「暗黒映画評論 続悪魔が憐れむ歌」/高橋ヨシキ
http://books.rakuten.co.jp/rb/13092968/

連載バックナンバー:
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160630160500
※リンクしないニュースサイトでごらんの方は、URLをブラウザにコピー&ペーストしてください。


 


[PR]

※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ 新日本プロレス 山口明 アイドル フジテレビ 童貞 NHK 韓国 帰ってきて 吉澤ひとみ
Powered by Vivvo CMS v4.6