Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら


隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

100本の映画

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


 
■更新情報をいち早く通知するブッチNEWSメールマガジンへ登録!


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2021年9月号
    実話BUNKA超タブー2021年9月号

    コンビニ・書店で8/2発売 毎月2日発売 特別定価620円(税込)

    ▼100年間人をゴミのように殺し続けてきた中国共産党大虐殺の百年史 ▼「最近の日本はおかしくなっている」とか言ってるバカに告ぐ! 残念ながら世の中は徐々にまともになっているのです ▼コロナ禍で政府の本音「飲食業など潰れても構わない」 ▼残念論破王ひろゆきの虚飾に満ちた正体 ▼オリンピック美人選手セ◯◯ス金メダルは誰の手に!? ▼安倍が外相で復活の暗黒政権誕生 ▼コカ・コーラ社の黒い成り立ち ▼障害者虐待の小山田圭吾辞任 五輪で誰もが不幸になった ▼米軍に焦土にされた悲惨な都市ランキング ▼カップ焼きそばまずいランキング ▼大谷翔平の活躍に大喜びするバカな日本人の精神構造 ▼好きに飲み食いしながら高血糖を解消する秘策 ▼田舎で今も存在する”村八分” ▼ネット回線を格安で契約する方法
    [好評連載] 嶽本野ばら/真中つぐ/町田足土/鎌田紘子/吉田豪/杉作J太郎/根本敬/中村淳彦 [グラビア]ちとせよしの/緒方咲/林田百加/桜りん [袋とじ]吉高寧々/小島みなみ ……

    サウナから見た愛媛情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー  石川優美 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2021年9月号
    実話BUNKAタブー2021年9月号

    7/16発売 通常毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価620円(税込)

    東京五輪の裏で暗躍した電通の悪事すべて晒す ▼騙されるな! すべての元凶は菅のハゲじゃなくこの男 安倍晋三と東京五輪という災厄 ▼天皇の五輪懸念発言は菅政権による強要だった ▼眞子さまと小室さんの結婚を皇室が認める真意 ▼経産省の現役官僚が詐欺で逮捕 官僚が無能ばかりになった理由 ▼あやなん 水溜まりボンド アバンティーズ ヘラヘラ三銃士 31人パーティーで謝罪のYoutuber 芸能人気取りの素人がキモすぎる ▼原作者 本橋信宏『全裸監督』の真実を語ろう ▼メガバンクを使ってる奴は情弱 最もお得な銀行の選び方 ▼女性と違って誰からも助けてもらえない弱者男性という日本の最下層 ▼『ゴジラVSコング』公開記念全作レビュー  ゴジラどれもこれも駄作なのにもてはやすおっさんがいる謎 ▼牛角 焼肉きんぐ 安楽亭 安安 一番まずい焼き肉屋どこ? ▼未来のないアラフィフ編集者がメンズエステ開業してみた ▼漫画 テコンダー朴 第49話「巨星墜つーー人民の為に生き、人民のために死す!」 ▼熱海土砂災害から2日後の現地レポート

    グラビア:高宮まり/月城まゆ/星名美津紀/坂本誉梨 袋とじ:白峰ミウ 他

    連載 小田嶋隆/小田原ドラゴン/白石和彌/デーブ八坂/適菜収/堀江貴文/松子/ロマン優光 他

    ●『ロマン優光の好かれない力』は「村西とおる礼賛に警鐘を鳴らす!」

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
芸能・エンタメ 2016.02.25(木)

大河ドラマ「真田丸」で、個性の強い役者たちの演技合戦を堪能:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載91

 

エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第91回  大河ドラマ「真田丸」で、個性の強い役者たちの演技合戦を堪能

 視聴率が上がったの下がったの、評判がいいの悪いのと、週ごとに評価が変動している感がある、今年の大河ドラマ「真田丸」。
 視聴率も評判も、最初から最後まで超低目で安定していた「花燃ゆ」に比べれば、はるかにいい状態だとは思うけど、一喜一憂させられて、作り手側は大変ね。

 ちなみにアタシは今のところ、全話欠かさず視聴。こんなにちゃんと大河を観るの、2012年の「平清盛」以来だわ。
 団らんする家族を持たない独り者のオカマは、日曜の夜、家をあけることが多く、なかなか大河をリアルタイムで観ることができない(アタシだけ?)。しかも大河って、「次回が気になって仕方ない」みたいな終わり方をすることがほとんどないので、録画チェックをついつい後回しにしてしまいがち。さらにボリュームが普通の連ドラの4倍あるので、一度ためちゃうと、追いかけるのはほぼ不可能に。
 というわけでアタシ、「八重の桜」以降の三作品は、録るには録ったものの、ほとんど観ていないの。「花燃ゆ」なんて、このコラムでネタにしておきながら、5話までもたなかったわ……。

 そんなアタシが今回「真田丸」をちゃんと観ているのは、第1話で作品の世界にグッと引き込まれたから。特に、武田勝頼の描かれ方が素晴らしかったわ。
「時代が読めず織田信長に勝てなかった、ちょっとアホな武将」みたいに描かれることが多い勝頼だけど、「真田丸」では「器量と才覚はあったものの、偉大すぎる父と比べられることが多く、時代との巡りあわせも悪かった、悲劇の武将」といった扱い。それを、自身も偉大な俳優(平幹二郎と佐久間良子)を両親に持つ二世である平岳大が見事に演じていて、アタシ生まれてはじめて勝頼に感情移入しちまったわよ。

 ほかにも、信長の重臣の中でもかなり地味な存在の滝川一益の出番が多かったり、逆に織田信長がほんの2、3話、数分だけ登場してあっけなく死んぢまったり(しかも吉田鋼太郎という大物をキャスティングしておきながら)、「過去の戦国もので重視されていた人物やシーンはできるだけあっさり描き、今まで軽んじられていた人物を丁寧に掘り下げて描いている」傾向が強い「真田丸」。どの人物がどのように描かれるのか、今後も楽しみ!

 そして「真田丸」のもう一つの大きな見どころは、キャスト陣のユニークさ。小日向文世の豊臣秀吉、内野聖陽の徳川家康、遠藤憲一の上杉景勝、このところ小悪党役がすっかり似合うようになった高嶋政伸の北条氏政とか、観ているだけでワクワクするし、斉藤由貴が阿茶局(家康の側室)というのも素敵。また草刈正雄は、戦国の世を生き延びるため、権謀術数の限りを尽くす真田昌幸(幸村=信繁の父)を「ちょっとやりすぎじゃないか」と思うほどに生き生きと熱演。まさに戦国時代さながらの、個性の強い役者たちの演技合戦、贅沢だわ……。
 しかし、キャスティングに関して何より驚いたのが、第2話で亡霊として登場した武田信玄を、林邦史朗さんが演じていたこと! 林さんは、1965年の「太閤記」以来、50年にわたり大河ドラマの殺陣をしてこられた方(残念ながら昨年10月にお亡くなりに)で、大河ドラマファンには広く知られた存在。そんな人を、一瞬だけ登場する(しかも、顔は兜に隠れて見えないのに、存在感がすごい)信玄役に据えるなんて、マニア心くすぐりすぎな配役が憎い……。

 とまあ、楽しみどころ満載な「真田丸」だけど、アタシ的にもやはり気になるのが、女性キャラの設定とセリフの言い回し。高畑淳子演じる信繁の母、木村佳乃演じる信繁の姉、長澤まさみ演じる信繁の幼なじみが、揃いもそろって自分勝手で空気の読めないウザキャラというのは、さすがにトゥーマッチ……。
 しかも戦国風(?)のセリフと、やたら現代っぽいセリフが混在していて、ちょいちょい違和感を覚えるのよね。なんでも「若い世代を取り込みたくて、あえてそうしてる」ってことだけど、大河ドラマという枠である以上、最低限の「時代劇っぽさ」は、やはり必要じゃないかしら。せめて語尾が「~でございます」とか「~ませぬ」とか、もう少し丁寧になってくれることを願うわ……。

(水曜連載)※今回は木曜公開しています。

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)


おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

おすすめCD:NHK大河ドラマ「真田丸」オリジナル・サウンドトラック (エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13515289/


 


[PR]

※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 杉作J太狼XE 瀬名あゆむ 新日本プロレス 山口明 アイドル フジテレビ 童貞 帰ってきて 吉澤ひとみ NHK 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6