【お知らせ】当サイト協力誌コロナ増刊「新型コロナウイルス完全対策ガイド」(電子オンリー)は楽天Kobo、honto他で発売中です。


Home > 芸能・エンタメ

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの新人声優物語

隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2020年8月号
    実話BUNKA超タブー2020年8月号

    コンビニ・書店で7/2発売 毎月2日発売 612円(税込)

    そもそも小池百合子を選んでしまう民度の低さ 東京都民というバカ/小池百合子一族禁断の黒歴史を朝堂院大覚が明かす/白人による壮絶な黒人差別史/ギリギリ住んでやってもいい地方都市/10万円で満足しちゃってるアホどもへ 政府がバラまいたコロナ補償1円でも余分にもらう方法/日本の満員電車は女子高生が毎日体液かけられる地獄/急な尿意の改善対策 ほか

    サウナ情報! 杉作J太郎「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!

    吉田豪「人間コク宝」インタビュー しまおまほ 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2020年8月号
    実話BUNKAタブー2020年8月号

    6/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価560円(税込)

    バカ総理の後釜は誰だ/コロナ補償「100兆円」実は10兆円という欺瞞 電通利権まみれで下級国民には届かない/安倍が得意げに語るコロナ対策は本当に成功だったのか 新型コロナ「日本モデル」のインチキ/平民を騙し続ける小池百合子という生き方/親が死んだ時のお墓選びマニュアル/コロナ給付金どころか国民すべてを喰い物にする電通と安倍政権/日本からも自称慰安婦からもカネむしり取る韓国慰安婦団体銭ゲバの本性/テイクアウト可ラーメン一番ずいのは? 実食調査/日本のPCR検査が少ない理由は政権すら口出しできない保健所の既得権/真夏の新型コロナ対策 熱中症とコロナの関係とは?…

    ●連載第21回!『ロマン優光の好かれない力』は「木村花を殺したのは誹謗中傷だけなの?」

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
芸能・エンタメ 2019.12.12(木)

アイドルも使う「出る」音楽スタジオで恐怖体験

 

怪音歌謡CDでおなじみ 

 いまもある有名レコード会社のレコーディングスタジオ。お寺が近く、しかも墓地よりも低い位置にある。その立地からして、いままでも演奏中に奇妙な音が収録されてしまうケースが多々あったと聞くし、よくいない人が見えたりとか、レコーディング帰りに1人自分だけ見えない人がついてきたとか、そういったウワサ話には事欠かないところ。といっても毎回出ていては仕事にならないので、実際のところ録音自体には支障なく、深夜勤務している人がまれに疲れていてなにかを見間違えたりもする、といった感じなのだろう。

 だが記者は実際にこの場所過去にで昼間に「いる」と思われる実体験をしたことを、ブッチの心霊記事を見ていたら思い出したので、一応書いておく。

昼でも出る

 かなり昔の話で恐縮だが、90年代半ば、記者がかつてやっていた音楽誌でそのスタジオを経営する会社のレーベルに所属するアーティストを取材していた時の話。ただレコーディングスタジオで撮るのもありふれているので、承諾をとってその建物1Fの裏側にある機械室(水道の揚水ポンプなどのある場所)へ移動。アーティストは奥のパイプが這うスペースへ、カメラマンは手前のドア際から撮影、そして記者は脇から見ている状態。

機械室は計器が多く、いろんなパイプも走る部屋なので、インパクトのあるインタビュー写真が撮れる…

 と思った途端に、カメラマンのメインカメラがいきなり壊れ、フラッシュもダメ、シャッター音が鳴らなくなった。…周囲はしーんとする。

 その間もパイプを水が流れていく音だけがチョロチョロと響いている。アーティストはいつものように、格好良いポーズで静止する。カメラマンは気を取り直し、カメラをサブにチェンジして、また撮りはじめる。しかし、ほどなくもう1台もまた壊れた。

「(1眼レフが)2台壊れるっておかしいよね…」
とカメラマン。予備のハンディカメラに手を付ける。しかしそれも起動しない…

「さすがに3台はおかしい。ここは撤退しましょう。」
アーティストを先に外に出し、我々も外に出た途端、なぜかカメラは何事もなかったかのように動き出した。

事実として何かはあった

 怖くはなかったし、音や光など派手な見せ場もない話だが、現場にいた人は皆このスタジオの霊伝説を知っていたので「ああ、本当にいるんだ…」と驚いた。多分、機械室は湿り気の高い「水場」だったので、アレがいたら寄ってきやすいのだろうし、電気的な部分に影響しやすいのかもしれない。カメラが3台連続で壊れるってことはまずあり得ないのだが、また場所を変えたら治ったということは、当時、ここにやっぱり何かがついていたんだろうとしか説明し難い。

 この体験記自体は、かなりの時間が経過しているので細部に狂いはあるかもしれないが、ほぼ事実通りであるしカメラマンも立ち会っているので証人もいる。

 現在は全体にデジタル化・改装しており、また少なくともこれだけ伝説があればさまざまな対策もしているだろうから、普通にスタジオを使っていれば、機材に変な音が入りこむことも無くなったのではないかと思うが…

 今でもアイドルや有名アーティストが多数レコーディングする同スタジオだが、このような負の伝説は知らないでレコーディングしたほうが幸せかもしれない。

(文・編集部I)

写真:足成より ※写真はイメージであり、実在の場所とは関係ありません(この記事は初出から一部内容を修正しての再配信となります)


 


[PR]


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます




  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 美しさ勉強講座 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 新日本プロレス 山口明 杉作J太狼XE アイドル 童貞 フジテレビ 帰ってきて 吉澤ひとみ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6