Home > 食・グルメ

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの新人声優物語

隔週火曜

鈴木詩子のゆるゆるベイスターズファン

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2020年4月号
    実話BUNKA超タブー2020年5月号

    コンビニ・書店で4/2発売 毎月2日発売 612円(税込)

    新型コロナ完全撃退生活習慣10カ条 基礎疾患によっては致死率10%オーバー/トイペ行列に並ぶ情弱どもを本当にそんなに尻を拭くのか問い詰めた/テレビや雑誌は危機煽ってボロ儲け 新型コロナで得したのはマスコミ/新型コロナで暴かれた日本人の醜悪な民度/大衆酒場で定番のまずいおつまみ/負け組タレントのYouTube番組を採点 宮迫博之 江頭2:50 カジサック 中田敦彦 ヒロシ/投稿工口本の歴史/安倍にとって国民の命なんてゴミ同然/グラビア 夢見るぅ 山本ゆう 安井薫 平野もえ 袋とじ 佐倉絆 ほか

    杉作J太郎が愛媛のサウナを紹介!「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!
    吉田豪「人間コク宝」小日向由衣インタビュー 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2020年5月号
    実話BUNKAタブー2020年5月号

    3/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 特別定価560円(税込)

    安倍政権終了記念 悪夢の安倍政権一体何だったのか?/新型コロナ流行はチャンス 東京五輪中止で日本はバラ色に/新型コロナなんてただの風邪 世界パニックの裏に隠された真相/広瀬すず事務所が隠蔽する乳首疑惑/地方在住は罰ゲーム/温存された旧日本軍の文化が諸悪の根源 新型コロナ蔓延の元凶厚労省の正体/本当は恐ろしい死に至る腰痛/まずい缶コーヒー一番まずいのは/マックまずい決定戦/食べ物自慢する味オンチ地域名物料理がまずい都道府県トップ10/テコンダー朴/春野ゆこ/青海 他

    ●連載第18回!『ロマン優光の好かれない力』は「氷川きよしがどんどんオネエ化している件」実話BUNKAタブー本誌で!

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
食・グルメ 2015.01.28(水)

飲食店を襲う、クチコミどう喝業者の恐怖

 

店の評価を下げる専門レビュアーが紛れ込む

 少し前にネットの食通レビューサイトで問題になったのが「おたくの店の評価を上げますよ」と風評操作を営業してくる(運営会社とは無関係な)外部企業。お店からオカネをもらい、良い評価のクチコミをやらせでたくさん書いてしまうというものだが、ニュースで報道されるほどひどくなったことからグルメサイト側も、評価アルゴリズムの変更対策を講じる。その結果、それらは概ね地下に潜っていってしまった。

 だがいまでは、そのせいで「悪徳ヤラセクチコミ業者」(以下悪徳業者)も手法の巧妙化が進んでいるという。 被害を受けた飲食店へ聞いてみた。
「あのサイトは不正防止で『グルメレビュアー』を高評価するようになったでしょう。あれのせいで、本格的食通を気取るレビュアーの一部に、悪徳業者と契約していると思わしきものがいるのです」(某飲食店関係者)
 以前のニセレビュアーは「評価している店数が少ない」「短文が多い」「(評価店が少ないことから)点数がグレー」でそれが集中して同じ店舗についていることから、素人が普通に読むだけでも見破ることが出来たが、いまのニセレビュアーは最低数十店から数百店を評価していて、そして長文。写真も豊富。そして『イイね(賛同票)』もたくさんついている。

「レビュアー評価を上げるために普通のレビューもたくさん書かれているのですが、お店が電話営業してきた悪徳業者との契約を断ると、業者の経費で飲みに来て『虫が入った』『ボッタクリ』『高い』『汚い』『信じられない対応』『もう行きません』(一例)と嫌がらせレビューを書き込みます。『虫』も『ぼったくり』もクチコミのガイドライン違反なので運営側が認識すれば消えますが、それ以外の部分は適当に褒めていれば、多少こきおとしても消されないですからね。あと、レビューにつく『イイね』も意味があるんです。たくさんあることで、俺のレビューは影響力が強いんだ、と間接的な脅しに使えるわけです」(前出の関係者)

 まるで、昭和の高度成長期、一部にあった、ヤクザのみかじめを断って店を焼かれたというヒドイ話を彷彿とさせる。

悪徳業者も関与は一切匂わせない

「これが怖いのは、直接は一切脅してこないですから、ターゲットにされた店舗は大変ですよ。万が一記事が消えたとしても続々と名前を変えて来る。さらに、外部ブログ投稿もあるのでイタチごっこ。結局無視するしかないのですが、悪徳業者は自分の関与は一切認めず、時間を置いて再営業してくると思われます。気が弱かったら、契約してしまうかもしれません」(前出の関係者)

 ネットの悪徳業者がなぜここまでのことをするのか。店舗から相談を受けたことのあるネット企業によれば、
「クチコミで評価を上げる業者は下げるビジネスもやっている所が多い。風評被害対策といえば聞こえはいいですが、要は不正な情報操作。依頼元の企業には問題がある所も多く、ブラック企業の要求に応えているうち、一部に非合法まがいなことをいとわなくなる業者もあるんです」(ネット企業オーナー)

 このような匿名を盾にとったトラブルがあることからか、最近では他社の「実名グルメクチコミアプリ」が急成長しているというが、ネットにおけるグルメレビューにはまだまだ様々な課題があるといえそうだ。

(文/楠尾袋)写真:Yanik Chauvin / 123RF 写真素材


 


[PR]


※コメント欄はPC/モバイル別個のものが表示されます




  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事
おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 山口明 新日本プロレス アイドル 杉作J太狼XE 童貞 フジテレビ 帰ってきて 吉澤ひとみ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6