Home > サブカルチャー
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.21
    実話BUNKA超タブーVol.21

    昼飲み最強コスパ居酒屋チェーンどこ?/浅田真央タブーだらけの引退女王/関東VS関西/北朝鮮だけが悪いのか?諸悪の根源やはりアメリカ

    コンビニ・書店で5/1発売 毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年7月号
    実話BUNKAタブー

    7月号 一番まずいフライドポテト出す店は?/ハゲの98%は薬で治る/行きたくない県 5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー

ネットで歌ってた子がアイドルステージに立つまで:瀬名あゆむ連載62

今の時代、「歌を歌いたい!」と思えば、ネット配信を使って誰でも何百人から何百万人もの人たちに自分の歌を届けることができる。長谷川夢乃のそんな「歌ってみた」女の子のひとりだった。でもそんな女の子が、いつのまにかリアルなステージでアイドルを目指すようになる。彼女を動かしたものはいったい何だったのか…?... 続きを見る 2016.09.26(月)

地方アイドルは赤坂BLITZワンマンを目指す:瀬名あゆむ連載61

千葉唯一のアイドルカフェ『2ねん8くみ千葉校』の選抜グループが【Asterisk】(アスタリスク)に名称変更を慣行。これを機に「もっと大きくなりたい。BLITZでワンマンできるくらいに!」というメンバーたち。今や赤坂BLITZはアイドルの聖地なのだった。しかし簡単にワンマンができるワケがない。聖地への道をローカルアイドルたちはどう歩もうというのか…?... 続きを見る 2016.09.19(月)

地方アイドルだから見つけられた「天国」:瀬名あゆむ連載60

東京や秋葉原で挫折したアイドル志望の少女・陽向あいみが「地方のアイドルカフェ」で得たもの、それは「毎日、ステージに立てる」「自分たちの自主性で歌を歌える」というものだった。そしてあいみは「いつか、東京から私たちを観に来るようにしたい」と夢を語る――。... 続きを見る 2016.09.12(月)

千葉とAKIBAのアイドルカフェの違いにとまどう少女:瀬名あゆむ連載59

 歌手になりたい、秋葉原でアイドルになりたい…と思いながら、お弁当屋さんの厨房で食器洗いしながら歌っていた、陽向あいみ。地元・千葉にアイドルカフェが誕生したことをバイトの女先輩に教えてもらって面接に行きます。しかし、そこであいみは「思ってたのと違う!」と思ってしまい……。... 続きを見る 2016.09.05(月)
| | 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 | |

  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


▼一部当サイト連載作、発売中!
過去の短期連載はこちら

暗黒ディズニー入門 (コア新書)

新品価格
¥950から
(2017/2/23 21:56時点)




おすすめ記事
人気投票ランキング
サブカルチャー
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル 瀬名あゆむ TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 ロマン優光 山口明 ローカルアイドル ロコドル 童貞 鋭すぎる競馬予想 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ 中国 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6