「実話BUNKA超タブー」が9月2日から独立創刊!
Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の帰ってきて 吉澤ひとみ

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2019年10月創刊号
    実話BUNKA超タブー2019年10月創刊号

    独立創刊!! コンビニ・書店で9/2発売 毎月2日発売 600円(税込) ※10/1以降 612円

    これが日韓対立の真相だ 韓国左翼政権狂った正体/死に至る夏の病気/小泉進次郎ペラペラな真実/ラグビー野蛮で最低なスポーツ/肥大化しすぎた自己顕示欲の末路 浜崎あゆみ暴露本出版 心の闇/津田大介みたいな金髪オッサンの精神構造とは/消費増税より先になんとかしろ まともに税金払ってない日本の大企業/被虐の無修正動画/トップ2人がどっちもバカで日韓関係は滅茶苦茶に 文在寅VS安倍晋三どっちがバカ対決 ほか

    杉作J太郎が愛媛のサウナを紹介!「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!
    吉田豪「人間コク宝」みうなインタビュー 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

     

  • 実話BUNKAタブー 2019年11月号
    実話BUNKAタブー2019年11月号

    9/14発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 550円(税込)

    日本と違って真の民主主義が根づく韓国、なんて素晴らしい国/うんこでわかる命の危機 大腸がん 胃がん 膵臓がん/テコンダー朴外伝『覇皇本紀』/東京2020 大企業&上級国民はボロ儲け 選手&ボランティア酷使のブラック五輪/小室圭さん厚顔無恥な日常/煽るネトウヨと煽られる左翼「日韓開戦」で盛り上がるバカたち/日本が戦後総括していないから韓国が黙らない/消費税10%前にも後にも得するには/実食調査一番まずい「ステーキ」チェーン/宇垣美里捏造のG 他

    ●連載第12回!『ロマン優光の好かれない力』は「東国原英夫という卑しい男」。実話BUNKAタブー本誌で!

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
サブカルチャー 2019.06.28(金)

『全身編集者』よんでみた:ロマン優光連載138

 


ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第138回 『全身編集者』よんでみた

『全身編集者』(白取千夏雄/おおかみ書房)という本が一部の人たちの間で話題になっている。日本のサブカルチャー/サブカルの歴史に大きな影響を与えた漫画誌『ガロ』の編集者で、2017年に白血病で亡くなられた白取氏の自伝にあたる本だ。個人の運営するインディペンデント出版社が発行したメジャーの流通で扱われないような自主製作本であるにもかかわらず、商業誌のレビューに取り上げられるなど、注目を集めている。
 なぜ、注目を集めているか? 一つには、いわゆる『ガロ』分裂騒動についての、今まで正史として語られてきた青林工藝社サイドからの視点とは違う、別の立場にいた人間による当時の認識や見解が語られているという理由があるだろう。これまで、一方的に「悪役」として扱われがちだった青林堂側に残った人の立場からの視点は新鮮であり、これまで語られてきた正史を揺るがすような発見がある。余談ではあるが、こういった内容がふとしたことで消えてしまうblogではなく、物理的に形をもって手元に置いておける書物という形で残されたというのも大きな意味があると思う。大手出版社の発行物と比べれば確かに予算はかかっていないのかもしれないが、全体の装丁からデザインまで、愛情が込められた丁寧な作りがなされている。
 そういった部分を歴史の証言として資料的な価値を見出だしたり、サブカル・ゴシップとして楽しむような読み方をしている人は多いだろう。しかし、この本はそういった部分以外でも色々な読み方をすることができる本だ。
 函館で産まれた漫画少年が漫画家を目指して上京するが、『ガロ』の創始者である長井勝一氏との出会いを経て、ふとしたことから編集者になり、様々な人たちとの出会いを重ねながら編集者として成長していくビルドゥングスロマンとして読むこともできるし、最愛の妻である漫画家・やまだ紫との出会いから彼女の死による別れまでを描いた愛の物語を読み取ることもできるだろう。人生の最終局面における一人のボンクラな若者との出会いによって、生涯を編集者として全うすることになる師弟の物語を読み取る人もいるだろう。たとえ、『ガロ』について知識が無かったとしても、白取千夏雄という一人の人間がどう感じ、どう考え、どう生きていったかを知っていくことは非常に心動かされる読書体験だろうと思われる。『ガロ』分裂騒動の記述にしても、真実がどうであるかというより、白取千夏雄という人間がその時にどう思い、どう感じていたかということ、そこから彼の考え方や人となりを読み取ることの方が私にとっては興味深いことだった。
 先ほどボンクラな若者(もう、若者というほどは若くはないが)と表現したのが、おおかみ書房の主宰であり、本書の編集人である劇画狼氏だ。10年かそこら前の自分の周りの漫画好きな人たちの氏に対する認識は「色々と(ひどい漫画を)掘ってるし、センスもいいけど、書き手としては特に飛び抜けたところのないブロガー」といった感じだったと思う。ようするに漫画批評をしたい人という認識だったのだ。今にして思えば、それは見当違いであって、劇画狼氏は、自分が思う面白いものを世に届けるために著者に対しても読者に対しても最高の形を作りたいという編集者タイプの人だったのだろう。
 ホラー誌ブームの時に描かれた三条友美先生の埋もれていきそうだった奇妙なホラー短編群。文章のリズム感の力で突っ走る、下品極まりなく役に立たない、ひたすら面白いだけで全く意味がない(最大級に誉めてる)掟ポルシェの商業出版で出すことは不可能なコラム集。そういった、多くの人が求めているわけではないが必要とする人は必ずいるような作品を、最高の形で出版し続けてきたのがおおかみ書房だ。そこに氏の本領はあったし、それは白取氏との交流の中で磨かれていったものでもあるのだろう。
 白取氏の死去により本編は中断され、本書の最終章は白取氏の死後に劇画狼氏によって記されている。それは死期を悟った白取氏と劇画狼氏の間で既に折り込み済みのことであり、与えられた条件の中で最高の形で本を完成させるための編集者としての判断だったのだろう。そして、『ガロ』分裂騒動時の青林堂取締役編集長であった山中潤氏(この人も「悪役」とされる立場の人だ)によるあとがきでは、白取氏が『ガロ』分裂騒動時の真相として語ったことがいくつか覆される。
 普通ならば、著者の自伝であり遺作であるような作品に、著者の発言を覆すような文章を入れることはないだろう。しかし、劇画狼氏は編集者としてそれを行った。それは正しかったのだろう。山中氏の文章は白取氏とかっての『ガロ』への切実な想いで溢れていて、白取発言に対する訂正も身を切るような想いで書かれているのが伝わってくる。ここにあるのは真実がどうとかそういうものではなく、「想い」なのだ。
 こういった構成によって、「作家」というものが想い至ることがないようなやり方、編集者という人種にしかできないようなやり方で、白取氏と劇画狼氏は本作にさらなる深みと凄みを与えることに成功している。その本文ラストの劇画狼氏による 〝でも、教えてもらった通りにやったから、最後には楽勝でしたよ。〟
 という一文。そこに込められた想いを私は正確に知ることはできないのだが、色々な意味で心が揺り動かされる。本編の文章から構成にいたるまで『全身編集者』というタイトルに相応しい内容の一冊であり、それを手掛けるに相応しい編集者によって産まれた一冊なのだと思う。

(隔週金曜連載)

おすすめ書籍:「全身編集者」白取千夏雄(おおかみ書房刊)。
「おおかみ書房.BOOTH」からの直接通販はこちら
https://vvolfbooks.booth.pm/items/1316273
※インターネット上の「おおかみ書房.BOOTH」のほか、(東京・中野)タコシェ、(東京・新宿)模索舎、(全国)まんだらけの札幌・宇都宮・渋谷・中野・秋葉原・名古屋・心斎橋・うめだ・福岡各店で発売中です。

★ロマン優光の新書最新作・あの時代を思い出して懐かしむ人続出! ネット書店・全国書店でご購入いただけます★

「90年代サブカルの呪い」(コア新書)
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15761771/
在庫のあるネット書店はコア新書公式ページから
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_027.html

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイのCD「stakefinger」★
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★ロマン優光・既刊新書<以下3作とも電子書籍版出ました。主要電子スタンドで「ロマン優光」で検索を。>★

『SNSは権力に忠実なバカだらけ』
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_025.html

『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』
楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_021.html

『日本人の99.9%はバカ』
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_010.html

★「実話BUNKAタブー」8月号(発売中)で『ロマン優光の好かれない力』連載中! コンビニや書店・ネット書店で!

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。twitter:@punkuboizz

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://wp.me/p95UoP-3N (コピペして検索窓に)


 






  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 山口明 新日本プロレス 瀬名あゆむ アイドル 童貞 フジテレビ 杉作J太狼XE 韓国 中国 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6