「実話BUNKA超タブー」が9月2日から独立創刊!
Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の帰ってきて 吉澤ひとみ

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2019年11月号
    実話BUNKA超タブー2019年11月号

    コンビニ・書店で10/2発売 毎月2日発売 612円(税込)

    安倍政権の無能ここに極まれり 台風15号直撃千葉県の惨状ルポ/6閣僚にスキャンダル噴出確定内閣改造お粗末な顛末/ネトウヨに告ぐ天皇制議論/死に至る悪い睡眠/小泉純一郎・進次郎親子日本を破壊する癌/三原じゅん子成人雑誌出演の過去/封印水着写真でわかる局部の形状/プロ野球人格破綻スター名鑑/「水曜日のダウンタウン」「クレイジージャーニー」相次ぐ不祥事の元凶 松本人志勘違いのパワハラ体質 ほか

    杉作J太郎が愛媛のサウナを紹介!「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!
    吉田豪「人間コク宝」坂口杏里インタビュー 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

  • 実話BUNKAタブー 2019年12月号
    実話BUNKAタブー2019年12月号

    10/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 550円(税込)

    無計画に生きてる40代以下のアナタは野垂れ死にまっしぐら 悲惨すぎる老後ビンボーに陥らない方法/TOKIO城島若い女漁りの素顔/テコンダー朴外伝『覇皇本紀』/あいちトリエンナーレで左翼たちのド正論がうざい/最低賃金1000円にアップで中小企業倒産の地獄社会/札幌ラーメン讃岐うどん博多ラーメン ご当地麺まずい総選挙/ウォーキング ランニング 筋トレ ゴルフ 水泳 ヨガ 実は健康に悪い危ない運動/小泉進次郎が卒業した関東大学で見た低偏差値学生の実態/まずいとんかつ出す店どこ?/パパ活で20代女子ライターがキモおっさんと1万円でご飯ルポ 他

    ●連載第13回!『ロマン優光の好かれない力』は「Aマッソと金属バットの差別ネタはありか否か」。実話BUNKAタブー本誌で!

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
サブカルチャー 2018.04.13(金)

ストロングマシーン引退:杉作J太狼XE「美しさ勉強講座」連載72

 


軟弱な男たちの姿に見かねて、あの先生が立ち上がった!
杉作J太狼XE先生の「男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座」

72時限目・ストロングマシーン引退

 ストロングマシン(スーパーストロングマシン、ストロングマシン1号)選手が現役引退すると聞いて、長い夢を見ているような気がした。

 私の話である。

 私が思ったのである。

 長い夢を見始めたのは1983年、1984年頃である。

 ストロングマシン選手のデビューと私のデビューはほぼ同時期である。

 当時はストロングマシーンだった。マシーン軍団と呼んでいた。

 私が漫画家デビューした翌年にストロングマシーンがデビュー、というかプロレス界に誕生している。プロレスの世界に私は当時からわりと近くにいた。詳細は省くが私の師匠筋にあたる人物が数名いる。逆に言えば私は師匠を持っていない。見よう見まねである。お世話にはなった。そのお世話になった人、そのほとんどがプロレスの近くにいた。プロレス記者もいた。だから「キン肉マン」がプロレスに登場する、という話は先に知っていた。それほど不思議な話ではなかった。すでにタイガーマスクが大人気になっていた。異常な人気であった。フィーバーであった。あの当時のプロレスをこえるフィーバーを私は知らない。対抗できるものがいまの世にもしもあるとすればカーリング女子チーム、LS北見のみんなのもぐもぐタイムを毎週30分放送すれば拮抗するかもしれない。

 話を進める。キン肉マンは結局プロレス界に登場しなかった。その代わりに成田に降り立ったのがストロングマシーンであった。版権ものの人気者キン肉マンと、見たことも聞いたこともないストロングマシーン。名前もストロングにマシン。あまりにもひねりがなく、気恥ずかしさは確かにあった。それを若干弱めたのがマシンではなくマシーンと単語を伸ばしたことである。

 空港で「ギガガガ」と機械音を発したと東京スポーツが大々的に報じた。だがどう見ても人間であった。もしかしたら、ではなく、いまふうに言えば百パーセント、全力ですべっていた。だが当時はすべるという概念もなかった。

「ちょっとそれは……」

 誰もが見なかったことにしようとしていたのではないだろうか。だが選手の大量離脱などもありストロングマシーンは悪の若松マネージャーとともに新日本プロレスの最前線へ、メインストリームにあれよあれよと押し出された。その頃、中身が平田淳二だということはほとんどのファンが知っていた。要するに、そこまで押し出しても大丈夫な力量を備えていた、そして誰もが認めていたということである。ま、それは置いといて。

 だが置いておきたくない仲間もいて、

「お前は平田だろう」

 とまさかのカムアウトを迫る敵まで登場した。

 当時、私はストロングマシーンの原稿をそりゃよく書いた。今と違って文章にも熱が込められておりかなりの傑作を何本も書いているはずである。勝手に漫画にも描いていた。存在をヒントにして『殺人マシーン』だったろうか、脚本を書いて8ミリの映画も撮った。漫画屋の塩山芳明さんと当時学生だった赤田義郎くんを大雪の神田で撮影した。

 私はストロングマシーンに夢中だったのだ。

 それは漫画家としてデビューしたはいいが、画力もまったくなく、この先、どうなるのかと思っていた不安な気持ちと、ストロングマシーンの持つ不安定な雰囲気がリンクしていたからだといまなら思える。きっとそうだ。

 平田の帰国は私の漫画家デビューの翌年だが、それまでに数年、海外で修業しているので年齢的にはすこし上である。

 カナダでは「サニー・トゥ・リバース」というリングネームであった。日の当たるところへ帰りたい。インディアンをモチーフにしていたのだ。そうした平田のエピソード、そのひとつひとつが効果的に作用せずに、ストロングマシーンは続いた。何度か様々な小休止もあったが2018年まで続いた。本人も、続くと思っていただろうか。機械音でギガガガと話したとも言われたあの帰国時に、引退まで続くと思っていただろうか。そこは私も同じだ。まさか杉作J太郎で続けると思わなかった。

 男の意地だろうか。そんな同期だろうか。

<隔週金曜連載>

杉作J太狼XE監督作品 映画「チョコレートデリンジャー」twitterアカウント
https://twitter.com/choco_derri2017

杉作J太狼XE twitterアカウント
https://twitter.com/otokonohakaba

【新刊のお知らせ】
東映実録バイオレンス 浪漫アルバム(徳間書店)
【2018/4/21発売 予約受付中】杉作J太郎・植地毅 著
https://books.rakuten.co.jp/rb/15332613/


【ラジオのお知らせ・radikoプレミアムなら全国で聴ける!】
愛媛県・南海放送で毎週土曜21時から「MOTTO!! ~痛快! 杉作J太郎のどっきりナイトナイトナイト
」を放送中。radikoのアプリ/ネット経由なら全国で聞けちゃう! コラム同様、癒やされます!!
◎ラジコプレミアム詳細:http://radiko.jp/rg/premium/
◎番組詳細:http://www.rnb.co.jp/radio/motto-j/
◎番組twitter:https://twitter.com/jtaro_night

 【その他お知らせ】
杉作先生のLINEスタンプが発売中です。なんと、キャラクターが動くのです。これは衝撃!

「動く!杉作J太郎のあなたに捧げるスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1293340

動かないほうがいいという方はこちら。
「杉作J太郎の あなたの笑顔が見たいスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1295630

【杉作J太狼XE:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろうXE
漫画家。愛媛県松山市出身。自身が局長を務める男の墓場プロダクション発行のメルマガ、現代芸術マガジンは週2回更新中。著書に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』など。

おすすめ本:Jさん&豪さんの世相を斬る!(残侠風雲編)@ロフトプラスワン(ロフトブックス)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13832873/

連載バックナンバーはこちら→
https://wp.me/p95UoP-3Z(コピペして検索窓に)


 






  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 山口明 新日本プロレス 瀬名あゆむ アイドル 童貞 フジテレビ 杉作J太狼XE 韓国 中国 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6