Home > サブカルチャー
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.23
    実話BUNKA超タブーVol.23

    学力ワースト都道府県/ニッポンは格差だらけの地獄社会/今さら共謀罪で大騒ぎする国民の憐れほか

    コンビニ・書店で7/3発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年9月号
    実話BUNKAタブー

    9月号 第3次安倍内閣スキャンダルの歴史/小池百合子嘘と欺瞞の半生/キムタクVS中居正広どっちが性悪? 7/15発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2017.06.26(月)

21歳、AVデビュー寸前でTVレギュラーだった頃:瀬名あゆむ連載101


瀬名あゆむのAV vs アイドル
~もし元AV女優がローカルアイドルのプロデューサーになったら

第101回 21歳、AVデビュー寸前でTVレギュラーだった頃

 こんにちわ! 仙台と千葉のローカルアイドル『2ねん8くみ』プロデューサーの瀬名あゆむです。
 前回では10代のグループアイドル時代を振り返りましたが、今回は20代。いよいよAVデビューしちゃうわけなのですが、実はその前に「深夜テレビレギュラー出演」時代があるんですよね。
 果たしてAV寸前の、まだ「瀬名あゆむ」じゃない私は、いったい何を思ってテレビに出ていたのでしょうか?

「耳かきギャル」として出演

 21歳のとき私は、地元の札幌テレビ放送(STV)さんで大人気だった深夜の情報バラエティ番組『What's New?+Cute ワッツ・ニュー・キュート』の「出演者オーディション」に合格して、「耳かきギャル」としてレギュラー出演することになります。
 なぜ「耳かきギャル」だったかといえば、そのときの私はメイド喫茶系列の耳かき屋さんでアルバイトしていて、見た目が思いっきりギャルギャルしかったからです(笑)
 その頃の私は芸能事務所にも所属してなくて完全にフリー、素人の女の子としてのテレビ出演でした。私を含めて毎週10人の女の子メンバーが番組のひな壇に座っていましたが、私以外は全員タレントさんやモデルさん、女優さんのタマゴ、で、派手なギャルは私だけ。まぁそのあとすぐに私はAVデビューしちゃうので、そのときはすでに「AV女優のタマゴ」だったのかもしれませんが……なんて。

テレビに出てる女の子の本心

 それで『ワッツ・ニュー・キュート』は情報バラエティだったので、飲食店のロケとかも多かったんですね。今の番組でいうと『王様のブランチ』が近い感じかなぁ。
 でね、ああいう食レポって美味しいもの食べて「おいし~ですぅ☆」って感激してればいいだけのようで、なんか楽そうじゃないですか。でも少なくとも私の経験からいえば、すっごく大変でした。
 例えば「ジンギスカン焼肉店特集」のとき。数時間で6店舗もまわって、全店でわりとちゃんと食べるんです。さらに6店舗をどの順番で放送するかは編集で決めるので、「もう3店舗めなのでお腹いっぱいですぅ~」とかは絶対NG。味の表現も6店舗全部変えなきゃいけない。ジンギスカンの味をそれぞれ店別に6回レポートするって、20歳そこそこの女の子のボキャブラリーだと相当キツかったです。ちなみに進行台本はあっても、仕込み台詞の台本などはないので、すべて自前の言葉でしゃべっていました。視聴者のみなさんが想像している以上に何倍もガチだと思います、テレビ。

 ただ、さらに出演していた者として本音と本心をぶっちゃければ、本当に一番キツくて、一番気にしていたのは自分の「食レポ」の評判と評価でした。どれだけ視聴者の方々に楽しんでもらえるレポートができたか? どれだけディレクターさんやプロデューサーに認めてもらえる食レポだったか? それを毎食ごとにパンパンになるお腹を抱えながら、ちゃんと考えなきゃならない。それはやりがいでもありますけど、キツいといえばとてもキツかったです。

 『ワッツ・ニュー・キュート』には毎回10人の女の子メンバーが出演していました。私は毎回ずっと出演させてもらっていましたが、実は女の子メンバーは完全にレギュラー化されていたわけではありません。3か月とか半年間や1年間のレギュラーが保証されているわけじゃなくて、不定期にメンバーの入れ替わりがあるんです。
 人気投票があったり、順位を決められたりするわけじゃないんですけど、私としては「毎回精一杯頑張らないと、私みたいに事務所にも入ってない子はすぐ呼ばれなくなっちゃうよな」とは覚悟していました。でも、できればずっと出ていたいなって。

 その頃の私は、〝番組出演をきっかけにもう一度アイドルに……〞になんてことは正直考えてはいませんでした。もう思いっきり好き放題にギャルやってましたから。ただそれでもやっぱり出れるならテレビに出続けて、そこからまた何か展開があれば……なんて淡い期待も実はしていました。どこかの芸能事務所から声がかからないかなぁって。

 結果として、私は半年間に渡って「レギュラー出演」することができました。でも逆にいえば6か月でレギュラー終了でもありました。さらにいえば、芸能事務所からのお声もかからなかった。番組関係者の皆さまへは感謝しかありませんけど、なのでやっぱり、ちょっと、うん、またまた挫折感を感じでしまったのも事実でした。そしてその後、私はAVの世界へと入っていくのですが――。
 (すみません! 前回、「AVデビューした瞬間の気持ちを書きます」と予告していましたが、その前のテレビのことで字数が尽きてしまいました。来週の回でそのことは書かせてもらおうと思ってます!)

写真:瀬名あゆむ

<月曜連載>

★瀬名あゆむツイッター https://twitter.com/senachanpon
★あいどるかふぇ『2ねん8くみ』仙台本店ツイッター
https://twitter.com/idolcafe2_8
★あいどるかふぇ『2ねん8くみ』千葉校ツイッター
https://twitter.com/chiba_nippachi

【『2ねん8くみ』楽曲カラオケ&CDのお知らせ】
 デビュー曲『クラスメイト』がついに[カラオケDAM]に入りました!新曲『ドリーム☆ステージ』も[カラオケJOYSOUND]にて全国配信されています。
 さらにCD『アイドルライブラリー Vol.04』に「2ねん8くみ」の『ドリーム☆ステージ』と、「*(Asterisk) from 2ねん8くみ千葉」
の『ΦωΦver !!』が収録されています。日本最大のネット通販サイトなどでお買い求めいただけます。

 ★瀬名あゆむが「ドリーム☆ステージ』歌ってみた動画↓

http://bit.ly/2j4xUkN(ツイッターへ)

★2ねん8くみ仙台校 HP http://www.2-8cafe.com/
★2ねん8くみ千葉校 HP http://2nen8kumi-chiba.com/

★瀬名あゆむ復帰ステージ『Girls-natioN×LIVE‐ATTACK!!』動画
(ラストの1曲『クラスメイト』に参加しています)https://www.youtube.com/watch?v=sbaTOEhl-Rg

【瀬名あゆむ:プロフィール】
仙台&千葉のローカルアイドル『2ねん8くみ』プロデューサー。10代の頃に北海道のローカルアイドルとして活動し、メジャーデビュー寸前で挫折。その後、地方局TVレギュラー出演等をへてAV女優となり累計800本以上に出演した。1985年生まれ・さそり座・A型。

連載バックナンバー
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160711180000

※リンクの飛ばないサイトでごらんの方は、URLをアドレスバーにコピペしてください。





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

◆8月3日発売コア新書を予約◆
(Amazon)

瀬名あゆむ新刊(コア新書)


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 山口明 童貞 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ アイドル 美しさ勉強講座 韓国 中国 オススメ 枡野浩一 ダイエット NHK ウンザリ
Powered by Vivvo CMS v4.6