Home > サブカルチャー
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.23
    実話BUNKA超タブーVol.23

    学力ワースト都道府県/ニッポンは格差だらけの地獄社会/今さら共謀罪で大騒ぎする国民の憐れほか

    コンビニ・書店で7/3発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年8月号
    実話BUNKAタブー

    8月号 痴漢冤罪から逃れる方法/長谷川豊が語るフジテレビ凋落本当の理由/韓国人の逆ギレ思考法中国人の自己中思考法 6/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2017.04.19(水)

男の原風景・あの自販機だけをまとめたスゴイ本が発売に


ひっそりと立っていたアレが一冊の本に

 街道沿いによくある「あの」自動販売機の小屋。昭和後期生まれの男性ならば、行かないまでも気になったことはあるのではないだろうか。

 絶滅寸前、あるいはもう絶滅していたと思っていたH系の自販機が、平成29年になってもまだこんなに現存していたんだ! と驚かせてくれるのが、書籍『全国版 あの日のエロ本自販機探訪記』黒沢哲哉・著(双葉社 本体2200円(税別))だ。

 無謀にも、全国に残る自動販売機小屋を稼働情報や地域名とともに、ほぼカラーで掲載。さらに歴史・業者インタビューなども加え、「これからも決して出ないこのジャンルに関する決定版的な書籍」となっているという。

 自動販売機を基点としたルポだが、性の文化遺産であるとともに、地方の実情、公権力との攻防、濃厚な人間模様、さらには大災害の実情が見えてくるという意味では真面目な本でもある。

 発売は2017年4月21日。厚さも約2.5センチと分厚く320ページの力作なので、気になる人は入手してみるといいだろう。

(文・ブッチNEWS編集部I)

おすすめ書籍:「全国版 あの日のエロ本自販機探訪記」黒沢哲哉・著(双葉社)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14661227/





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事



おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 TERAMAGAZINE 瀬名あゆむ アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 ロマン優光 山口明 ローカルアイドル ロコドル 童貞 杉作J太郎 鋭すぎる競馬予想 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ 美しさ勉強講座 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6