Home > サブカルチャー
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.23
    実話BUNKA超タブーVol.24

    加計学園汚れた正体/日本を侵食する韓国/人が死にやすい都道府県/地方都市が絶望的/ピスケン&石丸元章が潜入芸能人経営の店 ほか

    コンビニ・書店で8/1発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年10月号
    実話BUNKAタブー

    10月号 蓮舫や白鳳バッシングで日本人の醜悪さここに極まれり 日本は外国人差別が当たり前の国/災害リスクが高い都道府県/ペット業界の闇/2017年の流行りモノが全部残念/まずい冷やし中華 8/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2017.03.16(木)

トルコの『エクソシスト』? 鍋殺人? 謎が謎を呼ぶあの映画の真相に迫る!


製作者も首をかしげる奇妙な映画たちを紹介

映画を観ていて、「ん? なんかこれヘンだな」と思ったり、あの映画ってなんだったんだろう……と思い返すことってありますよね。別冊映画秘宝から発売されたムック「謎の映画」は、そんな謎を解き明かす1冊。「映画の謎」だったらいろんなエラ~い人が解説していますが、この本はまさに「謎の映画」についての解説本。観ていてモヤモヤした映画や、監督自身も理解不能な状態に陥った奇妙な映画たちについて、様々な執筆者が綴っています。

表紙はダリオ・アルジェント監督の代表作『サスペリア』のワンシーン。中年以上のみなさんには「決してひとりでは見ないでください」のキャッチフレーズでおなじみですね。この『サスペリア』の謎が堂々巻頭カラーで展開されていて好事家ならヨダレだらだらのお耽美な雰囲気ですが、そんな格調高い本じゃないから大丈夫! 都会人が田舎でヒドい目にあう「田舎ホラー」なるジャンルや、トルコで作られた『エクソシスト』のパクリ映画、いろんな映画のシーンを継ぎはぎした「カット&ペースト」映画、ビデオパッケージに載っていた写真が本編にない映画の話など……。「謎」というかなりざっくりしたキーワードでゆるくつながっている、数々の興味深いエピソードが読めます。

個人的には「鍋をかぶった人物が次々人を殺す」映画『PANMAN』が観たいと思いました。なぜ鍋? それから、最近はクラウドファンディングでホラー映画を作る人も増えてるそうです。農夫がオレンジを女の頭にぶつけて絶命させる映画とか……こんな映画もクラウドファンディングという地平においては、名作『この世界の片隅に』と並んでしまうという21世紀ってどうかしてるネ! 的な感慨も味わえますね。

いまはまともな映画がまともなプロモーションで売られる時代で、それは鑑賞者にはとても幸せなことだけど、ちょっぴり淋しい。なんて思ってる人には、ぜひおすすめしたい1冊です。映画という産業の裾野がゴビ砂漠みたいに広い! と実感できますよ。

(文・吉田直子)

別冊映画秘宝「謎の映画」は1500円(税抜)で洋泉社より発売中
http://books.rakuten.co.jp/rb/14713696/
洋泉社:http://www.yosensha.co.jp/book/b280751.html





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 山口明 杉作J太郎 童貞 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス アイドル フジテレビ 美しさ勉強講座 韓国 中国 オススメ 枡野浩一 ダイエット NHK ウンザリ
Powered by Vivvo CMS v4.6