Home > サブカルチャー
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.21
    実話BUNKA超タブーVol.21

    昼飲み最強コスパ居酒屋チェーンどこ?/浅田真央タブーだらけの引退女王/関東VS関西/北朝鮮だけが悪いのか?諸悪の根源やはりアメリカ

    コンビニ・書店で5/1発売 毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年7月号
    実話BUNKAタブー

    7月号 一番まずいフライドポテト出す店は?/ハゲの98%は薬で治る/行きたくない県 5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2016.12.23(金)

A氏報道:ロマン優光連載73


ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第73回 A氏報道

 先日、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕され、その後不起訴となったミュージシャンのA氏(あえて、A氏と表記します)。逮捕される時期のマスコミの態度は確かにひどいものでした。A氏が乗るベンツに押し寄せエンブレムを破壊する。A氏のタクシー内の様子が映った動画をタクシー会社からかなり強引な感じで借り受け放送する。一言で言えば、ただの犯罪行為です。
 例えば、強大な権力を持った政治家や企業の社会的に大きな影響を与えている悪事を告発するために、法に触れること、その上での罰を覚悟して証拠を掴むために危険な取材をするということなら、わからないでもないです。でも、この件はそういうのとは全然違いますよね。「覚せい剤取締法違反を犯したかもしれない」だけの人のプライバシーを暴こうとしている過程で、物を壊したり、個人情報を不当に晒しただけです。たとえ本当に罪を犯していたとしても、それをやる理由にはなりません。根底に『報道』をしようとする姿勢はなく、『芸能ゴシップ』をばらまこうとしているだけです。
 まあ、A氏に関する取材の中で起こったことは問題外の犯罪行為なわけですが、そもそも根本的におかしなところがあります。A氏は以前に覚せい剤取締法違反で逮捕され執行猶予中の身でしたが、氏が釈放後にあげたブログの文章は世間に衝撃を与えました。氏がヤクザの巧妙なやり口に取り込まれて覚せい剤にはまっていく過程が論理的に明確に書かれている一方で、氏がある集団にストーカー行為を受け続けていたということが書かれていたからです。そう、それは明確な集団ストーカー妄想でした。それが薬物の影響によるものなのか、元から何らかの精神的な疾患を抱えている状態で薬物に手を出していたのかは、はっきりとはわかりませんが、一言で言えるのは現在の氏は薬物をやっていようが、いまいが精神的疾患を抱えてしまっているのは間違いないということです。ようするに治療を必要としている病人なのです。そういう氏を本人に病識がなく病名がついてないのをいいことに、公器を自称するマスコミが面白おかしく実名報道をしていたのは人権侵害なのではないでしょうか。
 殺人などの大きな犯罪でも容疑者に精神的疾患があったり、その疑いがあるだけで報道自体があまりされなくなります。それなのにA氏が実名で大々的に晒しものにされたのは非常におかしなことではありませんか?
「病気かどうかわからないし、本人は違うといってるから」という考えもあるかもしれませんが、そんなの詭弁ですよね。氏の精神的な状態がおかしいのは彼のブログでわかっていたではないですか。病気の有名人をメディアが笑いものにしようとしただけです。「あんなにおかしなことをいってるのはシャブのせいに違いない! 捕まったし絶対そう!」と思ってやりたい放題やったのだと思いますけど、別に現物が出てきて現行犯逮捕されたわけでもないのにいい加減すぎます。推定無罪の原則があるじゃないですか。
 だからといって、私は氏の無実を確信しているわけではないですが。警察があまりに雑なやり方をしたため、証拠として採用されず、その結果起訴されなかっただけのことかもしれません。尿にお茶を入れるという氏の行動も異常ですし、尿をすり替えられる疑いがあったという氏の考えも異常です。「信頼できない語り手による信頼できない登場人物の物語」みたいなもので、現時点の情報では信頼するに足る人物はどこにもいないのですから。はっきりしていることは、今回A氏は不起訴に終わり、同時に氏は妄想を抱えているということです。あの不快なワイドショーの司会者や芸能レポーターは非難されて当然ですが、鬼の首でもとったように氏の無実を主張するのは違う話です。無罪と無実は違うのです。答えは現時点ではよくわからないというだけです。
 変わり者とかいうレベルではない、明らかに治療を必要としているような人が、ネットで晒されて人気コンテンツになるということは良くあります。そういった人のブログが興味深く読まれることもよくあります。確かに面白いんですよ。自分たちの理解の範疇の外にいる人たちを見物するのは。単なるゲスな根性で笑いものにしようとする人もいれば、未知の存在への好奇心で観察している人もいるでしょうが、それは多くの人の心の中にある感情ですが、それは決して誉められたもんじゃないですよね。その自覚は必要なんです。そこに社会の公器を自称するようなマスコミが乗っかるのはダメですよね。公器というのなら綺麗事と建て前という枠を大切にするべきなんですよ。そういう枠がなければ、劣情に添い寝するような状態になって、なし崩し的にモラルが崩壊してしまいます。モラルなんてほっとけば自然に崩壊するものだからこそ、ある種のメディアは綺麗事を大切にしてやっていかなければならないし、そのことが仕事なんだと思います。

(隔週金曜連載)

写真:khonlanna/123RF

★【3刷出来】話題の新書大ヒット御礼!★

『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』/ロマン優光(コア新書/コアマガジン)
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_021.html
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/

ネット書店各社、全国のサブカルに理解ある書店でもお求めいただけます。お近くで入手できない場合はお取り寄せください。ネット書店で注文を受け付けていない時は、ネット書店横断検索などで受け付けているお店を探してみてください。2016/12/24現在大手ネット通販最大手店やセブンネットには在庫があります。

______________________________

★前作は新書の他、電子書籍でも発売中★

ロマン優光の著書『日本人の99.9%はバカ』(コア新書/コアマガジン刊)が電子書籍化されました! しかも紙版よりかなり安くなってます。各電子書店のスマホアプリを利用すれば、専用端末がなくてもすぐに、どこでも読めます! ※なお紙書籍版も、全国書店・ネット書店にご注文いただければ現在も入手可能です。
◎電子版主要配信先リスト・リンク。ご購入はこちらから。
http://mensbucchi.com/goods/20160722183146

【ロマン優光:プロフィール】

ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。

おすすめ新書:「日本人の99.9%はバカ」/ロマン優光(コア新書)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160322204147 (コピペして検索窓に)





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事
▼一部当サイト連載作、発売中!
過去の短期連載はこちら

暗黒ディズニー入門 (コア新書)

新品価格
¥950から
(2017/2/23 21:56時点)




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル 瀬名あゆむ TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 ロマン優光 山口明 ローカルアイドル ロコドル 童貞 鋭すぎる競馬予想 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ 中国 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6