Home > サブカルチャー
最新号
グラビアギャラリー




||||ホントにおトクな情報||||


PR一眼レフカメラ上達講座でちゃんとした写真が撮れる!



サブカルチャー 2016.12.02(金)

ピコ太郎に見る不屈・その2:杉作J太郎「美しさ勉強講座」37


軟弱な男たちの姿に見かねて、あの先生が立ち上がった!
杉作J太郎先生の「男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座」

37時限目・ピコ太郎に見る不屈・その2

「私のお風呂のぞいたでしょう!」

 光浦さんは言った。

 何年かぶりの再会である。かつて小さな劇場の、寒くて狭くて薄暗い通路で、お笑いの稽古をしていた少女。その少女がテレビで人気者になった。売れて良かったね。でも、もしかしたら俺のことなど覚えてないかもしれない。売れてからの目まぐるしい人気者としての生活は俺などの思いもよらぬものではなかろうか。会う人の数も半端ではないだろう。月に百人以上、年に千人以上の人と出会い、

「よろしくお願いします」

 と頭を下げて、そのほとんどが仕事上、たいせつなひとで、名前を忘れるわけにいかなかったら。売れる前の。薄暗い会場で。お笑いのなんたるかがわかりもしないくせにえらそうにああしろ、こうしろとアドバイスまがいのことまでしながら、遂にはランプを点灯させるシステムでネタを強制終了させたりする、にくき審査員。

 ま、俺はだからなかなかランプを点灯させることはなかったです。でもまったく点灯させないわけにもいかない。そういうシステムがある以上。また、たしかに見るのがつらくなるほど練習不足の人たちもたまにいたりする。

 光浦さんと大久保さんのオアシズはそういうことはなかった。歯切れがよく、練習もできていて会場も沸いていた。

 覚えてくれていただけで俺は嬉しかった。

 なので、

「お風呂覗いたでしょう」

 と言われたのをなんかの冗談だと思った。だから笑顔で問い返したと思う。なんのことですか、と。すると光浦さんはにこりともせず、今度はハッキリとした口調で俺に質問した。

「最近、北海道に行きましたよね」

 光浦さんの目が真剣だった。これは冗談とかではなさそうだ、と思った。そして言われるままに思い出してみたら。そう。たしかにその頃、北海道には何度か行っていた。行ったと言うと光浦さんの目はさらに光を増しつつも、ああ、やっぱりね、と。怒りというよりは落ち着いた雰囲気になった。

 実は、北海道でお笑い仲間のモリマンと露天風呂に入っていたら林の中から覗かれた。その覗いていたのが、俺だったと言うのだ。光浦さんも、モリマンも、はっきり俺の顔を見た、と言うのだ。

 だが俺にはその記憶がまったくない。

 松本清張の小説にこの手の小説がある。

 ある人物が暗がりのほうをたまたま向いていたら、その暗がりの、茂みの中でちょうど殺人が行われていた。実際には殺人を犯していた茂みの中はある人物から見たら真っ暗で、そこに人がいることもわかってはいない。だが犯人は見られてしまったと思い、その人物を殺そうとする。

 それなのかとも思った。北海道に行った時、たまたま山や湖を見ていたら、その方向に露天風呂があったのではないかと。そこで俺が北海道に行った日程を光浦さんに話したら、風呂が覗かれたタイミングではなかった。さらに、風呂を覗かれた日時を尋ねたらそのときは完全に俺は都内にいて、覗かれたズバリの時間にアリバイが成立していた!

 俺の無罪が証明された。

 なんの話だったろうか。

 ピコ太郎の話である。つまり、ピコ太郎に関しても光浦さん同様、狭い、薄暗い劇場で一生懸命に演じていた姿を俺は何年も見た。ピコ太郎こと古坂大魔王はいつも一生懸命だった。俺はそれを偉そうに審査していた、という苦い思い出がある。のちに、吉本の劇場で審査員をずっとしていたカーツ佐藤とふたりでJカーツというコンビを結成。おもしろくもないのに舞台に立った。恥をかくためだ。それはお互い、偉そうに審査員をしていた過去への贖罪であった。本当の話だ。小さな急須におちんちんと金玉を全部入れただけの全裸でステージに出た。観客はしらけていた。それでいい。だがそんなことぐらいで過去は清算できない。

 だから当時、審査してしまった人たちはみんな、売れてほしい。そう思っている。ピコ太郎の世界的大人気でそのぶん、過去の負担が減ったように思う。

<隔週金曜連載>

撮影場所◎よるのひるね

____________________________

お知らせ
杉作先生のLINEスタンプが発売中です。なんと、杉作J太郎マンガのキャラクターが動くのです。これは衝撃!

「動く!杉作J太郎のあなたに捧げるスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1293340

動かないほうがいいという方はこちら。
「杉作J太郎の あなたの笑顔が見たいスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1295630

【杉作J太郎:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろう  
漫画家。愛媛県松山市出身。自身が局長を務める男の墓場プロダクション発行のメルマガ、現代芸術マガジンは週2回更新中。著書に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』など。

おすすめ本:Jさん&豪さんの世相を斬る!(残侠風雲編)@ロフトプラスワン(ロフトブックス)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13832873/

おすすめ本:「ボンクラ映画魂(完全版)燃える男優列伝」(杉作J太郎(徳間書店)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13815632/

連載バックナンバーはこちら→
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160323181300(コピペして検索窓に)




あなたにおすすめの記事はこちら


  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

スマホアプリ「カメリオ」で「ブッチ

NEWS」と入れて最新記事をGET!

「ニューススイート」に配信予定

◎書店で12/2から発売!◎

◎書店で11/2から発売!◎

◎書店で9/30から発売!◎


●ロマン優光著、電子書籍版発売中




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 












募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 フジテレビ 杉作J太郎 中国 新日本プロレス ローカルアイドル オススメ 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6