Home > サブカルチャー
最新号
グラビアギャラリー




||||ホントにおトクな情報||||


PR一眼レフカメラ上達講座でちゃんとした写真が撮れる!



サブカルチャー 2016.07.25(月)

千葉にただひとつのアイドルカフェの物語:瀬名あゆむ連載53


瀬名あゆむのAV vs アイドル
~もし元AV女優がローカルアイドルのプロデューサーになったら

第53回『千葉にただひとつのアイドルカフェの物語』

 こんにちわ! 仙台&千葉のローカルアイドル『2ねん8くみ』プロデューサーの瀬名あゆむです。
 今回はいよいよ満を持して、千葉で初のステージを有するアイドルカフェとなった『あいどるかふぇ2ねん8くみ千葉校』の物語を語りたいと思います。

 『千葉校』のオープンは昨年2015年2月18日でした。この8月で1周年半になります。毎月出させていただいている、そごう千葉店・正面入り口の『ちば・まちなかステージ』出演も1年間を越えて、少しづつですが地元の皆様にも名前を憶えてもらえるようになりました。さらに毎月28日(にっぱちの日)の店内定例ライブも毎回ソールドアウトになるようになりました。まぁ「ソールドアウト!」とかいっても限定50名なんですけどね。ただオープン当初のことを考えれば、入りきれないほどのお客様でぎっしりのお店は、私たちにとってはまるで夢のようなんです。なぜなら『千葉校』を始めたとき、賛成をしてくれた人は本当に少なかったから。「なんで千葉にしたの?」と言われ、さらには「怪しい店」と思われたり、まるで「都市伝説」のような存在にされたり……。

なんで千葉のこんな場所に店を出したの!?

 まず今でもいろんな人に聞かれる、「なぜ千葉に『2ねん8くみ』姉妹店をオープンさせたのか?」から語りましょうか。
 ストレートに言ってしまえば、ずばり、千葉に「アイドルカフェ」がなかったからです。
 千葉ご当地のローカルアイドルさんは複数おられますし、メイド喫茶さんも営業されています。でもアイドルカフェだけはなかったんですよ。だったら『2ねん8くみ』が千葉にアイドルカフェを作ってやろうと!

 そうと決めたら、今度は場所探しです。最大のコンセプトは仙台店と同じく「繁華街・飲み屋街にはお店を出さない!」でした。
 普通に考えれば飲食店をオープンするのに、人通りの多い繁華街、夜遅くまでにぎわう飲み屋街は最適なスポットですよね。
 でも私が考えるアイドルカフェはそれではダメなんです。
 まずなにより「アイドルカフェ」というお店の形態が実は一般的ではないんですよ。「アイドルキャストがいて、ステージで歌ったり踊ったりして、お客様ともコミュニケーションをとれるお店なんです」と説明しても、「ん? 結局、女の子が相手してくれるお店なんでしょ?」みたいに誤解されがちなんです。そうなると純粋にアイドルカフェを楽しみたいお客様の居心地がやっぱりどうしても落ち着かなくなってしまいます。アイドルファンの方々が楽しめるお店にどうにもなりにくなってなってしまうんです。

 あとやっぱりステージの問題。アイドルカフェに必要なものは、何をおいてもステージだと思っています。特に千葉店には大きなステージを作り、スタンディングで100人規模くらいのライブも可能な感じにしたかった。それだとどうしてもそこそこ大きい店舗スペースが必要で、それを繁華街に出店となると店舗費用・維持費にお金がかかりすぎてしまいます。出来る限り安い料金でお客様には楽しんでもらいたいのに、それも難しくなる……。

 いろいろ悩んだあげく、JR千葉駅から歩いて10分とちょっとの、千葉PARCOそばの、元コンビニエンストアだったお店を選びました。ぶっちゃけちょっと寂しい場所です。一応、商店街のはずれくらいの位置なのですが、周囲にはシャッターがおりたままで閉店してしまっているお店もあります。さらに中心の千葉PARCOも今年の11月末で閉店・撤退してしまうことになってしまいました。
 なので去年、お店をオープンしたとき、本当に知り合いから、関係者の方から、それこそお客様やファンの皆様からも、かなりツッコまれました。「なんでわざわざ千葉に店出したの!?」「なんでまたこんな場所にオープンしたの!?」って……。

 ある人には実際こう言われました。
 「なぜ千葉にアイドルカフェがないか、わかってる? それは千葉が秋葉原に近いからだよ! 千葉から秋葉原まで電車で40分もあれば行けちゃうでしょ? だから千葉のアイドルファンも、千葉でアイドルを目指す女の子も、みんな秋葉原に行く。千葉のアイドルカフェになんか来ないと思うよ」――。

 その通りかもしれないな……とは思いました。秋葉原に行けば、東京に出れば、アイドルカフェもアイドルライブもアイドル系芸能スクールもいくらでもあります。わざわざ千葉の店に来る必要はありません。
 ただでも逆にいえば、「秋葉原にわざわざ出かけて行くようなファンの方や女の子は千葉にいっぱいいる!」とも思ったんです。そしてその中には「地元にあったらいいのにな」と思ってる人たちも必ずやいるに違いないって。

都市伝説といわれた店にふたりの少女がやってきた

 『千葉校』はオープン当初、まるで「都市伝説」みたいな扱いをされていました。
「PARCOのはずれのできたヘンな店、知ってる? 制服の女の子の写真とかいっぱい貼ってあってチョ~怪しいんだよ!」
「学校の机とか並べてあるから塾なのかなって思ったらステージとかあるし。ヤバいよね~」
 そんな噂がネットやSNSで流れていたようです。それがどうやら「アイドルカフェらしい」とわかってからも、「千葉にアイドルカフェできたってマジ?」「ありえなくね? すぐツブれるんじゃね?」みたいにネガティブにしか語られませんでした。

 お店で働きたいときてくれる女の子たちも「アイドルになりたい!」というよりは「楽しくバイトできそう」という感覚のコが中心でした。
 さらには「キャバクラとかで働きたいんだけどまだ15歳なんで。ここなら15でも大丈夫でしょ?」みたいなワイルドな少女もいたりなんかして。さすが千葉! と思わず感動してましたね(笑) 

 だけどこれで全然かまわない、いやこれだからこそいいんだ、と思っていました。本気で秋葉原と勝負するなら、本気で東京に勝つなら、ゼロから始めるしかない。マイナスから逆襲するしかない。そう考えていたからです。

 開店してから2か月近くがたった頃、あるふたりの、女の子が千葉店にやってきました。
 ひとりのコは有名芸能スクールを卒業した後、10数回のオーディションにすべて落ちていました。
 もうひとりはアルバイトしながら東京の声優学校に通い、アイドルか声優になりたいと思いつつ悩んでいるコでした。

 つまり彼女たちはふたりとも、いわば「東京・秋葉原アイドル挫折組」とでもいう千葉の少女だったのでした。
 そして、そんな千葉の少女たちこそを、『千葉校』は待ちかねていたのかもしれません。
 このふたりの「挫折組の千葉少女」が『千葉校』の象徴へとなっていったからです――。

(次回へつづく)

(P.S. ちなみにそのふたりの千葉少女は今現在は選抜メンバーとなり、それぞれ地上波アイドル番組に出演したり、CS連続ドラマの主演グループ入りするほどに成長しています。それらについても次回以後の「千葉校物語」のつづきにて、また詳しく書かせていただきます)

<月曜連載>

★瀬名あゆむツイッター https://twitter.com/senachanpon

★2ねん8くみ仙台店 HP http://www.2-8cafe.com/
 ( ツイッター https://twitter.com/idolcafe2_8/

★2ねん8くみ千葉店 HP http://2nen8kumi-chiba.com/
( ツイッター https://twitter.com/chiba_nippachi/

★瀬名あゆむ復帰ステージ『Girls-natioN×LIVE‐ATTACK!!』動画
(ラストの1曲『クラスメイト』に参加しています)
https://www.youtube.com/watch?v=sbaTOEhl-Rg

【瀬名あゆむ:プロフィール】
仙台&千葉のローカルアイドル『2ねん8くみ』プロデューサー。10代の頃に北海道のローカルアイドルとして活動し、メジャーデビュー寸前で挫折。その後、地方局TVレギュラー出演等をへてAV女優となり500本以上(現在累計800本超)に出演した。1985年生まれ・さそり座・A型。

連載バックナンバー(最新10件)
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160711180000

※リンクの飛ばないサイトでごらんの方は、URLをアドレスバーにコピペしてください。




あなたにおすすめの記事はこちら


  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

スマホアプリ「カメリオ」で「ブッチ

NEWS」と入れて最新記事をGET!

「ニューススイート」に配信予定

◎書店で12/2から発売!◎

◎書店で11/2から発売!◎

◎書店で9/30から発売!◎


●ロマン優光著、電子書籍版発売中




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 












募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 フジテレビ 杉作J太郎 中国 新日本プロレス ローカルアイドル オススメ 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6