Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.33
    実話BUNKA超タブーVol.33

    コンビニ・書店で5/1発売 通常毎月1日発売 550円

    オフィス北野は"たけし利権”のため"芸能界のドン"が作らせた!? ビートたけし独立騒動の真相/ニッポン売春の歴史/電通とアディダス暗躍でハリルホジッチ解任 日本サッカー界の闇/大谷翔平と国産メジャーリーガーアメリカで罵詈雑言だらけの現実/嘘つき総理安倍晋三 嘘まみれの半生/ラーメン二郎もっとも無愛想な店は?/情報バカを喰い物にする健康保険業界の裏/環境汚染大国韓国/首都圏民度低い路線/芸能人オ◯ペット番付/山健組総帥の座に… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年7月号
    実話BUNKAタブー7月号

    5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    TOKIO山口メンバー(元)女子高生淫行事件で激震 ジャニーズ帝国崩壊の真相/板門店宣言は韓国の無条件降伏だった/仲良くもないジジババに貴重な時間を奪われる町内会という地獄/韓国版ネトウヨ「クッポン」の醜悪差別っぷり/自衛隊にまつわる最低エピソード集/アラーキーのセクハラなんて生ぬるいエ□本業界の驚愕ハラスメント/事務所を独立した芸能人勝ち組負け組/OL座談会「わたしたちが絶対に◯◯◯したくない男」/世界の銃乱射事件大全 ほか

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは崎陽軒の弁当だけで3ページ! 必見!

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2016.07.08(金)

BiS復活:ロマン優光連載61

 


ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第61回 BiS復活

 2016年7月7日七夕の日、かねてより「あれは御伽ねこむの暴走! 本当は揉めてるはず!」などとやっかみまじりの発言が一部ネットユーザーの間でなされていた漫画家の藤島康介先生とコスプレイヤーの御伽ねこむさんの結婚の報告が無事に藤島先生の口からなされた。その一方で同じ7月7日に、旧メンバーとしてはただ一人参加するという形で、プー・ルイを中心とした第二次BiSの始動が発表されたわけですが、なんというか、どちらも七夕という日を意識したかのような発表でなかなか狙ってますよね。
 他人の家庭のことはよくわからないので藤島・御伽夫妻に関してはどうぞお幸せになってくださいということと、やっぱり二人で『逮捕しちゃうぞ』のコスプレをしたりするのか、そしてどちらが夏美をやるのかぐらいしか興味がないのですが、BiS再始動に関しては色々と考えるところはありますね。

 多くの人が「BiS解散後、商業的に苦しかったので再結成」というような意地の悪い見方をしてると思うのですが、あの渡辺淳之介という男が単にそんな理由でプロジェクトに参加するとも思えないわけで、まあ、いつもの人の神経を逆撫でするような企てが隠されているのだろうなと思います。BiSの呪縛から完全に脱却して独自の道を歩んでいる寺嶋さんやテンテンコさん。伝説化したBiSのイメージを現在の活動で超えるための戦いを続けているカミヤさん、ファーストサマーさん、ヒラノノゾミさん、ナカヤマさん。楽しく生きてそうなミチバヤシさん。脱退以降、歴代BiSメンバーの中でもっともNerveを踊ってきた苺りなはむさん。そしてBiSHのメンバーのみなさん。こういった人たちの様々な思いや感情が色々と掻き立てられていくのは必然といってもよく、そこを含めて色々なことが起こるのだろうなと思うし、淳之介が淳之介らしく何かやるんだろうなと思います。そして、BiSとはワキサカさんにとっていったい何だったのだろうなと改めて思いました。
 あと、いっそのことNerveは正式に苺りなはむさんに譲渡してしまうのがいいのではないでしょうか。未だに、あれだけNerveを演じ続けてる旧メンバーはいないわけですよ。一番最初にBiSの方向性が嫌でやめた苺りなはむさんが数々のプチ炎上を繰り返しながら活動を続け、未だにNerveを演じ続けてる姿は本当に面白いので、Nerveはもう苺りなはむさんにあげましょう!
 BiSがなくなって二年。BiSが現役の時代に間に合った人たちも、新しい現場を見つけてそこでやってる人もいれば、あそこで終わってしまった人もいる。あの頃いなかった人の中にはBiSを伝説として捉えてる人もいれば、全く興味ない人もいるでしょう。二年前の段階で既にそこにいなくなってた人もいるでしょう、自分はそうでした。そういう色々な人たちの二年間があって、その二年がどういう風にBiSの復活に影響するのか私には全く読めません。というか、本当に遠いところの話でしかないみたいな感覚です。

 そんな2016年の七夕の翌日の7月8日、この日は少女閣下のインターナショナルというアイドルグループの活動休止ライブがあります。「ヒーローがいないなら ヒーローになってあげるよ」と歌っていた彼女たちは、イニーミニーマニーモーの活動停止以降に自分のアイドルをなくしてしまった自分にとって、なんとなく斜めからヌルッと表れて、アイドルがいない私のアイドルになってくれた子たちでした。どんな伝説よりも今はマヌケでポンコツなあの子たちが私にとっては大切なのです。今は何も語る言葉もなくて、ただ最後の時間を待ち続けるだけです。では、いまから、少ナショ活休ライブに向かいます。いってきます!

<隔週金曜連載>

おすすめCD:IDOL is DEAD/BiS(avex trax)
http://books.rakuten.co.jp/rb/11865635/

【ロマン優光:プロフィール】

ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。

おすすめ書籍:「日本人の99.9%はバカ」/ロマン優光(コア新書)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160322204147 (コピペして検索窓に)








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6