Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


||||日替わり連載陣||||

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのAV vs アイドル

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.30
    実話BUNKA超タブーVol.30

    慰安婦合意反故の韓国戦後対日関係トンデモ75年史/宮﨑あおい不倫報道の非清純過去/平昌五輪真の目的は李明博元大統領の極刑?/歌舞伎町ガイド人が案内デンジャラススポット巡り/人格破綻の暴力男星野仙一の正体/若頭社会不在最後の年に神戸山口組が仕掛ける大勝負/ダウンタウン浜田の黒塗りどころじゃない日本人差別の最低な名作/消費税延期で我慢も限界財務省の安倍政権潰し始まった ほか

    コンビニ・書店で2/1発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2018年4月号
    実話BUNKAタブー4月号

    階級社会ニッポンの絶望的な現実/尖閣諸島で日本が中国に圧勝/今日から入信可能!特選宗教ガイド/寿司を美味いと崇める舌バカが可哀想/HOW TO大人◯◯◯ 実際はNGなプレイ/韓国の北朝鮮すりより恥さらしヒストリー/一番まずい弁当店/職業選択の自由がない人々/OLひとり◯◯◯座談会/EVフィーバーに踊らされるな!エンジン車はなくならない/西郷どんなど◯ロリストでも偉人扱い/小室哲哉最後に… 他 2/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
まんが一億総非大人社会

 

まんが不幸な人一寸先は闇

 

まんが理不尽過ぎる現実異常な国ニッポン 未来が怖い

 

実録悪い人DX あわれなゴミ人間

 

まんが死ぬかと思った悲惨な話

 

まんが死ぬかと思った悲惨な話

 







サブカルチャー 2016.05.21(土)

跳び箱が跳べなかった君へ:杉作J太郎「美しさ勉強講座」連載23

 


軟弱な男たちの姿に見かねて、あの先生が立ち上がった!
杉作J太郎先生の「男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座」

23時限目・跳び箱が跳べなかった君へ

 体育の授業で、跳び箱が跳べなかったら。

 たしかに恥ずかしいだろう。

 だが、その跳び箱が百段だったら。

 ほとんどの生徒は跳べないのである。そうなると恥ずかしくはないだろう。微妙な段数で、ほとんどの生徒は跳べて、跳べないのがひとりだけ、ふたりだけだったときに恥ずかしいのである。

 そう考えると、恥ずかしいのは自分自身が跳べないことではなくて、少数派だからということになる。

「いや、これぐらいは跳べるだろうという高さが跳べないから恥ずかしいのだ」

 そう考える人もいるだろうが、「これぐらいは跳べる」という「これぐらい」というのを決めるのがまさに「ほとんどの人間が跳べる」という、その場での多数決である。

 これがオリンピックに出場する選手とかのレベルになると20段をほとんどの人間が跳ぶであろう。だが、中学、高校レベルだとほとんどの人間は跳べない。そうなると跳べないことは恥ずかしくない。

 つまり、いま、自分がたまたまいる場所における少数派、ということであり、いま、自分がいる場所において比較したときに、恥ずかしくなるのである。

 たとえば、ソースをこぼしてしみができてるTシャツを着ていて恥ずかしい。

 ぼろぼろの、首のあたりがビロビロに伸びて黄ばんだ古いTシャツが恥ずかしい。

 近所のホームセンターで200円で売ってたTシャツだから恥ずかしい。

 と、そんなTシャツも、たとえばどうだろう。映画『復活の日』の草刈正雄みたいに誰もいない荒野のど真ん中にいま自分がいたら。なんにも恥ずかしくはないはずだ。

 周囲の人間たちの平均値というか、常識的なラインというのを人間は知らず知らずのうちに計算して感じ取っているのだ。そしてそのラインを下回ることとか、そこから逸脱することに恐怖心を持っているのだ。

 わかりにくいだろうか。

 次回、俺が後藤真希さん、加護亜依さんの応援に明け暮れていた頃に体験した、ある出来事を紹介したいと思う。わかりやすい話なので二週間後をたのしみにしていてほしい。

(つづく)

<隔週金曜連載>※都合により今週は土曜掲載

【杉作J太郎:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろう  
漫画家。愛媛県松山市出身。自身が局長を務める男の墓場プロダクション発行のメルマガ、現代芸術マガジンは週2回更新中。著書に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』など。

おすすめ本:Jさん&豪さんの世相を斬る!(残侠風雲編)@ロフトプラスワン(ロフトブックス)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13832873/

おすすめ本:「ボンクラ映画魂(完全版)燃える男優列伝」(杉作J太郎(徳間書店)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13815632/

連載バックナンバー(最新10件)はこちら※前回記事もこちらでご確認を → 
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160323181322(コピペして検索窓に)









  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6