Home > サブカルチャー
最新号
グラビアギャラリー




||||ホントにおトクな情報||||


PR一眼レフカメラ上達講座でちゃんとした写真が撮れる!



サブカルチャー 2016.01.15(金)

今回の教材は伴直弥の『処女監禁』です:杉作J太郎「美しさ勉強講座」連載14


軟弱な男たちの姿に見かねて、あの先生が立ち上がった!

杉作J太郎先生の「男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座」

14時限目・今回の教材は伴直弥の『処女監禁』です

「貧乏暇なし」という状態がそれほど悪いものではないと。つまりはそういうことなんだが。

 はっきりさせておかなければならないのはだから貧乏が素晴らしい、一生貧乏で居続けるべきだ、ということではないんだね。

 世の中は思うようにはいかない。

 ということなんだ。

 タンクローリーが横転して炎に包まれた。そのときにまばゆい光に包まれてウルトラマンになれるわけではないんだね。

 関本郁夫監督の『処女監禁』という東映映画がある。

 主演は伴直弥。連続特撮テレビ映画『人造人間キカイダー』に主演してた人だね。カメラマンのアシスタントかなんかの役だったと思うが、要するに貧乏な若者の役だった。

 その若者に好きな女性ができた。三崎奈美が演じていたね。かわいい女優さんだった。鈴木則文監督の東映映画『多羅尾伴内』でワイヤーで胴体がまっぷたつに泣き別れるアイドル歌手を演じていた人だね。たしか土曜ワイド劇場の美女シリーズ、天知茂が明智小五郎を演じていたあれだね。あれでもたしか胴体がまっぷたつになったね。ほぼ同時期だったように記憶しているが演じる本人にしてみたら気持ちのいいものではなかっただろうね。

『処女監禁』ではまっぷたつにはならないんだが、伴直弥に好かれるんだね。この三崎奈美のことを伴直弥は清純な女性と信じているんだが、実はつきあってる男がいて、妻子持ちなんだ。金持ちでね、豪勢なマンションで優雅に暮らしている。それを三崎奈美は知ってたのかな、知らなかったのかな。なんにせよ三崎奈美から見れば魅力的な男で、ボロアパート暮らしの貧乏なカメラアシスタントなんかお呼びじゃないわけなんだな。

 すこし前になるけど、千葉真一さんがカップラーメン食べてるというのがニュースになったの覚えてるかな。石立鉄男、伊藤雄之助、風間杜夫、シュワルツェネッガー、いろんな人がカップラーメンのコマーシャルやってたけど、実際に食べたらニュースになるのかとちょっと驚いたけどね。なんだかんだ言ってカップラーメン食べてたら貧乏ということなんだと思ったな。あのとき、直撃したカメラクルーに千葉ちゃんはカップラーメン自体はやんわりと否定しながらもこう言った。

「頑張ってる人はいつの時代もお金がないんです」

 やっぱり千葉ちゃんはいい先輩だと思った。

 そこを責めてもお金にならないところに近寄ってはいけないと教える人と、お金じゃないんだ、やりたいことやってダメだったらその時だよと教える人がいて。千葉ちゃんはその後者なんだね。俺もそうなんだと思う。これもギャンブルだからうまく行けばお金もちになることは可能なんだが、その結果を目指してるわけではないんだね。思えば俺の先輩も先生も、いま周囲にいる連中も、全員そんなやつらばかりだね。いい人生だったと思う。

 でもそれは俺ら男から見た場合のことで、女性から見たらまったくなんの魅力もないんだね。この映画でも三崎奈美は、貧乏な伴直弥のことを男として見てなかったな。

 で、伴直弥は悔しくてやりきれないもんだから、ふらふらと男のマンションに向かったんじゃないかな。幸せそうなファミリーの笑い声が聞こえてくるわけだ。ちくしょう、女房子供がいるのにかわいい三崎奈美に手を出しやがって! 怒りで全身が総毛立つがマンションの上のほうの階に住んでて手も足も出ない。

 見た目は『人造人間キカイダー』のジローそのものだからね。これが『人造人間キカイダー』の劇中だったら、

「チェンジ! キカイダー、ワン、ツー、スリー!」

 キカイダーに変身して、そうすればマンションの屋上にだってジャンプ一発だから軽々とベランダに乗り込み、

「デンジエンド!」

 必殺技で男を倒すことができるわけだが現実は厳しい。『人造人間キカイダー』ではなく『処女監禁』だからね。いや、『処女監禁』も映画ではあるんだけど特撮ものではないからね。東映のポルノ映画だから。特撮もののようにうまく行かないわけなんだね。ポルノの世界で変身能力を奪われた伴直弥にできることはエア弓矢。弓を持ってるつもりで矢をキリキリ引いたまねをして、ぴゅんぴゅんと次から次に弓を射るアクションをした。なんにも持ってないわけだから人から見たらおかしい人なんだね。たぶん涙も流しながらなので。

 以下、次回。

(つづく)

<隔週金曜連載>

【杉作J太郎:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろう  
漫画家。愛媛県松山市出身。自身が局長を務める男の墓場プロダクション発行のメルマガ、現代芸術マガジンは週2回更新中。著書に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』など。

おすすめ本:宇宙刑事ダイナミックガイドブック(杉作J太郎・編)(徳間書店ハイパームック)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13082203/

おすすめ本:東映スピード・アクション浪漫アルバム (杉作J太郎、 植地毅)(徳間書店)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13334829/

連載バックナンバー(最新10件)はこちら※前回記事もこちらでご確認を →
http://bit.ly/1I89oum
(コピペして検索窓に)




あなたにおすすめの記事はこちら


  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

スマホアプリ「カメリオ」で「ブッチ

NEWS」と入れて最新記事をGET!

「ニューススイート」に配信予定

◎書店で12/2から発売!◎

◎書店で11/2から発売!◎

◎書店で9/30から発売!◎


●ロマン優光著、電子書籍版発売中




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 












募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

タグクラウド
おすすめ TERAMAGAZINE エスムラルダ 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 フジテレビ 杉作J太郎 中国 新日本プロレス オススメ ローカルアイドル 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6