Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


||||日替わり連載陣||||

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのAV vs アイドル

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.30
    実話BUNKA超タブーVol.30

    慰安婦合意反故の韓国戦後対日関係トンデモ75年史/宮﨑あおい不倫報道の非清純過去/平昌五輪真の目的は李明博元大統領の極刑?/歌舞伎町ガイド人が案内デンジャラススポット巡り/人格破綻の暴力男星野仙一の正体/若頭社会不在最後の年に神戸山口組が仕掛ける大勝負/ダウンタウン浜田の黒塗りどころじゃない日本人差別の最低な名作/消費税延期で我慢も限界財務省の安倍政権潰し始まった ほか

    コンビニ・書店で2/1発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2018年4月号
    実話BUNKAタブー4月号

    階級社会ニッポンの絶望的な現実/尖閣諸島で日本が中国に圧勝/今日から入信可能!特選宗教ガイド/寿司を美味いと崇める舌バカが可哀想/HOW TO大人◯◯◯ 実際はNGなプレイ/韓国の北朝鮮すりより恥さらしヒストリー/一番まずい弁当店/職業選択の自由がない人々/OLひとり◯◯◯座談会/EVフィーバーに踊らされるな!エンジン車はなくならない/西郷どんなど◯ロリストでも偉人扱い/小室哲哉最後に… 他 2/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
まんが一億総非大人社会

 

まんが不幸な人一寸先は闇

 

まんが理不尽過ぎる現実異常な国ニッポン 未来が怖い

 

実録悪い人DX あわれなゴミ人間

 

まんが死ぬかと思った悲惨な話

 

まんが死ぬかと思った悲惨な話

 







サブカルチャー 2015.12.17(木)

(近藤真彦)祝・歌手活動35周年。紅白での演出に期待!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載81

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第81回 祝・歌手活動35周年。紅白での演出に期待!

 歌手活動35周年を迎え、このところ、えらく露出が増えている、マッチこと近藤真彦。ニューシングル『大人の流儀』やセルフカバーアルバムをリリースし、「SONGS」や「FNS歌謡祭」といった歌番組、「VS嵐」や「嵐にしやがれ」といった後輩の番組に次々に出演。そして今年の紅白では、松田聖子とともに、トリを務める、との報道も。

 ちなみに、マッチがシングル『スニーカーぶる~す』で歌手デビューしたころ、アタシは小学生。年齢的には若干下だけど、同級生の間でも、マッチとか俊ちゃん(田原俊彦)は大人気だったわ。
 もっともアタシ自身は、「たしなみ」として、マッチや俊ちゃんの曲もおさえつつ、松田聖子とか中森明菜とか河合奈保子といった女性アイドルの曲や衣装に、より共感と関心を抱いていたけど。アタシったらもう、生まれながらのどオカマね……。

 なお、アタシがマッチや俊ちゃんにさほど強い関心を示さなかったのは、二人の顔があまりタイプじゃなかったからなの。どうもアタシは、アイドル歌手系男子より、宅麻伸とか、俳優系男子に惹かれる傾向が強かったみたいで、ジャニーズのアイドルで「超イケるッ」と思ったのは、光GENJIの赤坂晃とか佐藤敦啓が最初だったわ。
 でもね……。歳をとって好みが変わったのか、最近、昔のマッチの動画とか観ると、もう、かわいくて仕方ないの! 子どものころのアタシ、なんでこの魅力に気づかなかったのかしら。今、「当時のマッチと宅麻伸のどちらがいいか」と訊かれたら、間違いなくマッチを選ぶわ! って、読者のみなさんにとっては、何の役にも立たない情報のオンパレードね……。

 さて、そんなマッチだけど、昨年末のジャニーズカウントダウンライブでは、延々とソロステージを展開。また、今年のFNS歌謡祭では、マッチが歌うさまを、ジャニーズの後輩たち(だけ)が総立ち&ノリノリ(?)で見守る、という、ちょっと異様な光景が画面に映し出され、若手のジャニーズアイドルのファンたちからは「偉そうで不愉快」「マッチを観たいわけじゃないのに」、アンチジャニーズの人たちからは「いくらなんでも、テレビを私物化しすぎ」といったブーイングが起きている……とか。 

 アタシも今年のFNS歌謡祭を観て、そのあまりの茶番感や視聴者置いてけぼり感、ほかの出演者との温度差には思わず笑っちまったわ。あれ、やらされてる後輩たちもしんどかっただろうな……。きっと視聴者の何割かは、彼らと「ふだん、逆らえない上司や先輩の、あまり面白くない冗談に愛想笑いしている自分」の姿を重ねあわせて、いたたまれない気持ちになったはず。

 でも、ああいうのって、マッチのせいというより、やらせる側の問題よね。「『先輩をたてる後輩たち』の図をテレビでみせる」ってのは、昔から行われていることだけど、それが「先輩のハクづけ」として通用したのは、まだテレビが洗脳装置(?)として十分に機能していたころの話。価値観が多様化し、視聴者がネットで意見交換や客観的分析をしながらテレビを観るようになった今では、「芸能界の上下関係とか、視聴者には全然関係ないんだけど」と反感を買うのがオチ……。
 往年のヒット曲と新曲を、さらっとメドレーでかっこよく歌って終わり、くらいにした方が、レア感もあるし好感度も上がると思うんだけど、この作り手側と視聴者の意識のギャップ、いつになったら埋まるのかしら。

 とかなんとか言いつつも、年末の紅白でマッチと聖子がそれぞれ何を歌うか、どんな茶番をやらかしてくれるか、割と本気で楽しみにしているアタシ。特にマッチは、やはりジャニーズの後輩たちに見守られながら、北島三郎のようなド派手な演出(紙吹雪降らせまくったり、人海戦術で無理矢理盛り上げたり)を繰り広げてくれるものと期待。この予想がどうか当たりますように!

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)


おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

写真:紅白歌合戦会場となるNHKホール(Wikipediaより)Photo:Chiether(CC BY-SA 3.0)









  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6