Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.34
    実話BUNKA超タブーVol.34

    コンビニ・書店で6/1発売 通常毎月1日発売 550円(税込)

    米朝軍事同盟まさかの成立/50代以下には絶望的な人生が待っている地獄の未来年表/麻生太郎とんでもない差別主義の暴言王/創価学会&池田大作ゆかりの地めぐり/日本大学アメフト「悪質タックル事件」腐りきった真相/韓国とキムチの気持ち悪い真実/鉄腕!DASH!!なんてやれるのは超絶ヒマだから TOKIOはジャニーズのお荷物グループだった/表参道の美女20人に訊いてみた「男の部屋に行く=◯◯◯OKなのか」/関西ヤバい路線ランキング/山口組分裂の深層… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年8月号
    実話BUNKAタブー8月号

    6/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    日本大学理事長田中英寿の正体/日大アメフト内田監督バッシングで日本ますます貧乏に/もはや安倍を切り捨てる創価学会 公明党の思惑/アメリカVS北朝鮮悪行対決/パワハラ大国韓国の象徴大韓航空最低な実態/刺し身が一番まずい居酒屋は?/貧困沖縄風俗の現実/恐怖のロシア帝国 ほか

     

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは90年代サブカル論争/御朱印ガールの2本立て!

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
サブカルチャー 2015.12.11(金)

「引退」や「解散」のタイミング:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載80

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第80回 「引退」や「解散」のタイミング

 年末ゆえか、なんだかいろいろなことが起こった、この一週間。
 ここでとりあげた人がらみの出来事だけでも、FNS歌謡祭に中山美穂が出演し、その容姿や歌唱力をめぐって賛否両論巻き起こったり(「相変わらず美しい」とか「劣化した」とか「18年ぶりに歌番組に出た割には上出来」とか「安定の不安定感」とか。価値観って、人によって本当に違うんだな、と再認識)、来年1月に沢尻エリカ主演の「大奥」が放送される、と報道されたり(米倉涼子主演分は、高部あい事件のせいで、結局お蔵入り?)、来年2月に、「五郎丸じゆうちょう」が発売される、と発表されたり(五郎丸さん、騒がれすぎで、マジで今後のプレーに影響が出ないか心配……)。

 一方、雑誌「婦人公論」は喜多嶋舞の独占インタビューを掲載。喜多嶋さん、イメージ回復を狙ったのかもしれないけど、あまりにもツッコミどころ多すぎ……。
 本心はともかく、一応「離婚の原因は私にもあります」的なことを言っておくなり、「恋多き女だった」ことだけは認めておくなりすればいいのに、全部大沢樹生のせいにしたり、DNA鑑定の結果を全否定したり、「大沢さんが初めてお付き合いした人」(どう考えても「初めて付き合った人=息子の父親は大沢」とはならないわよね。付き合ってから子どもが生まれるまで、何年もの月日が経ってるわけだし……)と言ってみたり。やっぱりアレかしら。訴訟社会・アメリカで育ったおかげで、「謝ったら負け」という価値観が徹底していらっしゃる……?(←偏見)
 でも最大のツッコミどころは「私は、芸能界を引退します」という、記事の大見出しよね。「芸能界を引退します」ったって喜多嶋さん、アンタここ数年、仕事らしい仕事……。

 とまあ、そんな「喜多嶋舞芸能界引退騒動」の陰(?)で、ウェンツ瑛士&小池徹平によるユニット「WaT」も、「来年2月に解散する」と発表。WaTに関しては、先週FNS歌謡祭に出演しているのを観て、「WaTって、まだ活動していたんだ?」と思ったばかりなので(WaTのお二人&ファンのみなさん、ごめんなさい)、「解散する」と知って、ちょっとだけびっくりしたわ。
 そうよ! 芸能人が仰々しく「引退」とか「解散」を発表するなら、絶頂期もしくは何らかの打ち上げ花火を上げたとき(FNS歌謡祭が「打ち上げ花火」に相当するかどうかが別として)にするべきよ! さもないと、世間から完全スルーされるか、冷笑されるのみ。そんなの、哀しすぎる……。

 ちなみに、おそらく多くのみなさんにとってはどうでもいいことだと思うけど、ドラァグクイーンの場合、「引退します!」と宣言したり「引退イベント」をやったりした人ほど、数年後にしれっと復帰するというジンクスがあるの。本気でやめる人は、ちあきなおみ先生や、先ごろ亡くなった原節子先生みたいに(って、並べるのもどうかと思うけど)、たいてい「事実上の引退」という形で、ひっそりと去っていくのよ。

 まあ、大々的に「引退宣言」をした人ほど復帰する割合が高いというのは、芸能界でも政界でも同じだけど、時間が経てば気持ちも状況も変わるし、人間なんてそうそう、自分で考えたり決めたりしたとおりには生きられないってことよね。大々的に「宣言」するってことは、そこまでしないと踏ん切りがつかないくらい、その立場なり仕事なりに思い入れや未練があるってことだろうし。
 そう考えると、人気絶頂のときに引退宣言をして、その後35年間、一度も復活していない山口百恵って、人間離れした意志の持ち主だと思うわ……。

 というわけで、今回、大々的に「引退宣言」をした喜多嶋さんは、おそらく数年後には何らかの形で、しれっと復帰するのではないか、と予想。
 なおアタシは、どこからもお声がかからなくなったら、静かにドラァグクイーンをやめるつもりだけど……。60とか70になって、老眼やらなんやらでメイクが思うようにできなくなっても(すでにその傾向あり)、意外とずるずる続けていそうで、それはそれで怖いわ!

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)


おすすめDVD:おすすめDVD:月下美人 ~追憶~(娯楽TV)
http://books.rakuten.co.jp/rb/4922118/








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 美しさ勉強講座 新日本プロレス 山口明 童貞 アイドル ロコドル フジテレビ ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 枡野浩一 オススメ
Powered by Vivvo CMS v4.6