Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.33
    実話BUNKA超タブーVol.33

    コンビニ・書店で5/1発売 通常毎月1日発売 550円

    オフィス北野は"たけし利権”のため"芸能界のドン"が作らせた!? ビートたけし独立騒動の真相/ニッポン売春の歴史/電通とアディダス暗躍でハリルホジッチ解任 日本サッカー界の闇/大谷翔平と国産メジャーリーガーアメリカで罵詈雑言だらけの現実/嘘つき総理安倍晋三 嘘まみれの半生/ラーメン二郎もっとも無愛想な店は?/情報バカを喰い物にする健康保険業界の裏/環境汚染大国韓国/首都圏民度低い路線/芸能人オ◯ペット番付/山健組総帥の座に… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年7月号
    実話BUNKAタブー7月号

    5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    TOKIO山口メンバー(元)女子高生淫行事件で激震 ジャニーズ帝国崩壊の真相/板門店宣言は韓国の無条件降伏だった/仲良くもないジジババに貴重な時間を奪われる町内会という地獄/韓国版ネトウヨ「クッポン」の醜悪差別っぷり/自衛隊にまつわる最低エピソード集/アラーキーのセクハラなんて生ぬるいエ□本業界の驚愕ハラスメント/事務所を独立した芸能人勝ち組負け組/OL座談会「わたしたちが絶対に◯◯◯したくない男」/世界の銃乱射事件大全 ほか

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは崎陽軒の弁当だけで3ページ! 必見!

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2015.12.03(木)

「新・牡丹と薔薇」今回も、名ゼリフ&珍エピソードの数々に期待!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載79

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第79回 今回も、名ゼリフ&珍エピソードの数々に期待! 「新・牡丹と薔薇」

 みなさんはご存知かしら。来年3月をもって、フジテレビが「ごきげんよう」と東海テレビ制作の昼ドラ枠を廃止する、というニュースを……。2009年にTBS系の「花王 愛の劇場」が終了し、その後、テレビ東京系の昼ドラもわずか4作で終了し、東海テレビ制作の昼ドラが最後の砦だったのに……何とも残念だわ。

 そんなわけで、「もう終わりだし、どでかい花火打ち上げたれッ」とでも思ったのか、東海テレビがラス前にもってきたのが、今週月曜日から放送を開始した「新・牡丹と薔薇」。
 これは、言わずと知れた大ヒット作「牡丹と薔薇」(2004年放送)のリメイク(とはいえ、話の内容はまったく違う)で、脚本は前作同様、中島丈博先生。
 中島先生は大河ドラマを4作も手がけられた大ベテランでありながら、昼ドラでは「牡丹と薔薇」のほか、「真珠夫人」「非婚同盟」「赤い糸の女」といった名作(もしくは迷作)を書かれてきたお方。そのぶっ飛んだ世界観は、アタシ含め、数多くのオカマたちを魅了してきたわ。

 先生の昼ドラの特徴はまず、登場人物全員が「どうかしている」点にあるの。
 ヒロインはたいてい、ちょっと変わった家庭で育っていて(父親に愛人がいるとか、父親の前妻がやたらいばっているとか)、真面目そうに見えるけど、異様に鈍かったり図々しかったりするの。そして、ヒロインの周囲には必ず狂気全開な登場人物がいて、最初は比較的まともそうに見えた人も、たいてい途中で嫉妬に狂っておかしくなり、妙な手料理(たわしコロッケとか)を夫に食わせたり人を殺しちまったりするのよね。
 ハッ。あれは「人間にはいろんな面があり、どんな人にも必ず異常な部分はある」という、中島先生なりのメッセージなのかしら……。

 ほかに中島先生の昼ドラの特徴として挙げられるのは、「あんたの放蕩息子のムスコをちょんぎってやればいいじゃないかッ」とか「今は誰に対してもセクシーな気分になれないんだ」といった、昭和の香りが色濃く漂う名ゼリフと、BPOの基準スレスレ(というか、たぶんアウト)な珍エピソードの数々。
 アタシが今でも鮮明に覚えているのは、「非婚同盟」(2009年放送)で、中学生のヒロインが同級生の女の子を奴隷役にして、「奴隷ごっこ」をする、というエピソード。しかもそれを知ったヒロインの兄は、「奴隷はいいよなあ」「奴隷に乾杯ッ」とか言っちゃうの。ほんと、いろいろ狂ってる。

 冒頭からフルスロットルでおかしかった「非婚同盟」あたりと比べると、「新・牡丹と薔薇」は今のところ、若干おとなしめ。だけど「第1話開始早々、ヒロインの母親・眞澄が高校生でありながら妊娠し、その相手が事故で死ぬ」などスピード感(?)は健在だし、何より今作は伊藤かずえ、美山加恋、田中美奈子など、ここ数年の昼ドラのメインキャストが総出演(さらには、前作の出演者である大河内奈々子、小沢真珠、西村和彦、川上麻衣子も第1話にゲスト出演)。東海テレビの並々ならぬやる気が感じられるので、今後にめちゃくちゃ期待しているわ!

 ちなみに、中島先生の作品に限らず、この手の昼ドラって、よく「ドロドロ」といわれるけど、アタシはそうは思わないの。だって、普通の人間なら一生ひきずりそうな大事件(レイプされたり、出生の秘密があったり、婚約者が事故で亡くなったり)に遭遇しても、登場人物全員が10分後、下手すると1分後には立ち直っているんですもの。ドロドロというより、むしろあっさり?
 とにかく登場人物の誰にも感情移入できないので、何が起こってもハラハラすることなく、ネタとして気楽に観ることができるのよね。

 そんな、夜のドラマとはまったく違う楽しみ方ができる&(テレ朝のミステリー枠や二時間ドラマ同様)ちょっぴり旬を過ぎた感のある俳優・女優の活躍が見られるドラマ枠がなくなるのは、やっぱり残念。来春からの昼のリニューアル計画、万が一失敗に終わったら、すぐにでも昼ドラ再開してほしいわ!

写真:番組HPより

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6