Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


||||日替わり連載陣||||

毎週月曜

瀬名あゆむのAV vs アイドル

隔週火曜

新日最強通信

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.25
    実話BUNKA超タブーVol.25

    まずい高い嫌いな飲食店総選挙/北朝鮮ミサイル計画でわかった日本はやはりアメリカの盾にすぎない/出身AV女優で見る性モラルの低い都道府県/ドラクエ使って不倫のただれた実態/お先真っ暗な将棋界の未来 ほか

    コンビニ・書店で9/4発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年11月号
    実話BUNKAタブー11月号

    裸の王様松本人志を誰か止めてくれ/米朝開戦前夜トランプVS金正恩究極のバカ独裁者決定戦/米軍基地ある街どこも…/マクドナルド黒歴史/北朝鮮系在日告白 日本に住む北朝鮮の人々の実態/ルポ 生活保護受給日の受給者の行動を追ってみた/空気に流されてまた戦争突入確実! 日本人の救いがたい国民性/親が死んだら絶対やるべきこと/まずいカレー2017 9/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
実録悪い人DX

 

関わったら負け!!地雷ニンゲン地獄変

 

実話マッドアックス

 

まんがどうかしている悪人たち壊れてる人

 

まんがこれが現実 貧しい日本

 

10億円的中!!ハイブリッド電卓ボード


サブカルチャー 2015.11.26(木)

大沢樹生の実子裁判に思う:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載78

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第78回 大沢樹生の実子裁判に思う

 この一週間、日本中をもっとも騒がせた話題(ほんとかよ)といえば、なんといっても「大沢樹生の実子裁判」。
 いやもう、いろいろな意味で興味深すぎるわ。

 まず、このところ、光GENJIがらみの事件多すぎ……。
 赤坂晃や、数々の名曲を彼らに提供してきたASKAは薬物で逮捕され、地味ゆえに堅実な人生を送りそうに見えた山本淳一は、二股かけたり借金抱えたりヒモ状態になったりと立派なクズになり……。時の流れって残酷ね。

 ちなみに、デビュー当時の光GENJIのパフォーマンス……というか、肌の露出の多さはほんと、衝撃的だったわ。ギリギリまで短く切ったジーパンやら短パンやらをはき、歌番組では2回に1回くらいの割合で、何の脈絡もなく曲の途中から半裸に。「男の裸が商品になる」と多くの人が認識するようになったのは、あのころからじゃないかしら。
 なお、メンバーの中でアタシが好きだったのは、赤坂&佐藤アツヒロ(あっくんは、いまだにイケる←余計な情報)の最年少コンビ。大沢は、顔立ちや性格がキツい印象があって、イマイチ好きになれなかったの……。

 そんなわけで、3年ほど前に、大沢と喜多嶋舞の息子が「母親から風呂に沈められたりハイヒールで殴られたりといったDVを受けており、両親が離婚して父親に引き取られた後は、大沢からも殴られるようになった」とか「大沢に、喉に日本刀をつきつけられたのをきっかけに家出した」とか言い出したときは、「うんうん、大沢って怒ると怖そうだしなァ」と、なんとなく納得しちまったんだけど……。取材を受けた大沢は「息子には虚言癖がある」と発言しつつ、「(酒に酔って)模造刀の日本刀を突きつけたのは事実で行き過ぎだったと反省しています。ただ、それ以外の虐待は事実ではありません」と回答。一番認めちゃいけない部分を素直に認めちゃった大沢さん、実は結構な正直者?

 DNA鑑定結果についても大沢の言い分が認められ、世間的には「赤の他人の子どもを、そうとは知らず一生懸命育ててきた」大沢の株が急上昇中だけど……。「息子が『自分は大沢の息子だ』(つまり、鑑定結果に関して、大沢が嘘をついている)と主張していたのは、結局、息子が大沢を慕っているということなのか、単に居場所がほしかっただけなのか」とか「大沢が息子に暴力をふるっていたとしたら、やはり息子の素行の悪さゆえなのか」とか「息子の素行に問題があるとしたら、それはやはり、子どものころのDVのせいなのか」とか、いろいろともやもやしたものが残る、今回の事件。って、それこそ赤の他人の家の出来事だし、真相なんて知りようがないんだけどね……。

 一方で、アタシの中ではにわかに「喜多嶋舞」の存在感が急上昇中。デビュー当時から「どうしてこの娘が、やたら持ち上げられているんだろう」と疑問に思っていたし、記憶に残っている仕事もほとんどないし、アタシにとってはどうでもいい女優の一人だったんだけど、ここまで(ある意味)あっぱれな女だったとは。

「母親は元売れっ子女優、父親は音楽プロデューサー、親族に加山雄三がいて、5代前の先祖が岩倉具視」という血筋の華麗さに加え、調べてみたら、出てくるわ出てくるわ、「性格の悪さ」を象徴するエピソードの数々(真偽は別として)が! やれ「ドラマで共演した渡◯満◯奈にいろいろと嫌がらせをし、『アタシのバックすごいわよ』と脅したものの、満◯奈が共演者やスタッフを懐柔したため、結果的に舞がハブられることに」とか、やれ「ニューハーフパブで、喜多嶋の席についた従業員が飲んでいた水割りの中に吸い殻を入れ、『悪いけどそれもって下がってくんない?』と悪態をついた」とか(編注:いずれもネットでの都市伝説)
 「ヒール」として世間からバッシングを受けるなら、せめてこのくらいのタマであってほしいわね(絶対、側に近づきたくはないけど)。矢口とかエリカ様なんて、まだまだかわいすぎるわよ……。

 そんな喜多嶋舞が蒔いた種によって、大沢、息子、喜多嶋の両親、「実の父親ではないか」と噂されている過去の男たち、みんながそれぞれに迷惑を被っている今回の事件だけど……。おそらくもっとも気の毒なのが、大沢の再婚相手。不妊治療をしたり、一人目のお子さんを亡くされたり、今までいろいろと苦労されたようなので、これからは何事もなく、幸せに生きてほしいわ!

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)

おすすめDVD:呪いのドライブ(大沢樹生主演)(マジカル)
http://books.rakuten.co.jp/rb/6635981/





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 山口明 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス 童貞 アイドル 美しさ勉強講座 フジテレビ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一 ダイエット NHK ウンザリ
Powered by Vivvo CMS v4.6