Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


||||日替わり連載陣||||

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのAV vs アイドル

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.30
    実話BUNKA超タブーVol.30

    慰安婦合意反故の韓国戦後対日関係トンデモ75年史/宮﨑あおい不倫報道の非清純過去/平昌五輪真の目的は李明博元大統領の極刑?/歌舞伎町ガイド人が案内デンジャラススポット巡り/人格破綻の暴力男星野仙一の正体/若頭社会不在最後の年に神戸山口組が仕掛ける大勝負/ダウンタウン浜田の黒塗りどころじゃない日本人差別の最低な名作/消費税延期で我慢も限界財務省の安倍政権潰し始まった ほか

    コンビニ・書店で2/1発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2018年4月号
    実話BUNKAタブー4月号

    階級社会ニッポンの絶望的な現実/尖閣諸島で日本が中国に圧勝/今日から入信可能!特選宗教ガイド/寿司を美味いと崇める舌バカが可哀想/HOW TO大人◯◯◯ 実際はNGなプレイ/韓国の北朝鮮すりより恥さらしヒストリー/一番まずい弁当店/職業選択の自由がない人々/OLひとり◯◯◯座談会/EVフィーバーに踊らされるな!エンジン車はなくならない/西郷どんなど◯ロリストでも偉人扱い/小室哲哉最後に… 他 2/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
まんが一億総非大人社会

 

まんが不幸な人一寸先は闇

 

まんが理不尽過ぎる現実異常な国ニッポン 未来が怖い

 

実録悪い人DX あわれなゴミ人間

 

まんが死ぬかと思った悲惨な話

 

まんが死ぬかと思った悲惨な話

 







サブカルチャー 2015.11.19(木)

高部あい事件に思う、「許される」と「許されない」の境界線:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載77

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第77回 高部あい事件に思う、「許される」と「許されない」の境界線

 先月、麻薬及び向精神薬取締法違反(所持)の疑いで逮捕され、オスカープロモーションの専属契約を解除された、女優の高部あい。今月頭には麻薬取締法違反(使用)の疑いで再逮捕され、その後妊娠している(?)ことが発覚したとのこと(編集部注:11月13日に処分保留で釈放中)。
 すでに収録が終わっているドラマもいくつかあり、現在放送中の連ドラ「サムライせんせい」は出演部分カット、年末放送予定だった米倉涼子主演のスペシャルドラマ「大奥」は、高部出演シーンが多かったため、お蔵入りのピンチだとか。

 って、話題にしておいてナンだけど、アタシ、高部あいという娘のこと、まったく知らないの。出演したドラマや映画は、見事にどれも観てないし、CMも記憶に残ってない……。
 前から知っている人なら、こういうニュースを聞いたとき、「まさかあの人が」とか「あの人なら納得」とか、何らかの感想が自分の中に生まれるんだけど、今回ばかりはもうね、まったく何もなし。
 10年くらい芸能界で頑張ってきて、もっとも注目を浴びたトピックが「逮捕&妊娠&事務所クビ&出演作品お蔵入り」って、自業自得とはいえ、ちょっぴりかわいそう。

 そんなわけで、高部あいだけでは話が広がらないので、あらためて「過去に覚せい剤で逮捕された芸能人」を調べてみたんだけど、シャブのイメージしかない人から、「ああ、そういえばあの人も逮捕されてたっけ」って人までいろいろいて、なかなか興味深かったわ。
 よく「クスリで逮捕されてもすぐに復帰できる芸能界は甘い」といわれるけど、復帰まではできても、人々から受け入れられ、「以前と同じように」やっていけるかどうかは、人によって全然違うのよね。

 復帰後、特に成功をおさめたのは、マ●キ●ね(なぜ伏字?)。マ●キ●の場合、逮捕と同時に、一応ゲイバレもしちまってるはず……なのに、両方ともなんとなく「なかったこと」になってるのは、本当にすごいと思うわ。「遠峯ありさが半年で華原朋美に生まれ変わった件」にしてもそうだけど、いざというとき(?)の芸能界&メディアによる記憶上書き&イメージ操作、ハンパない……。

 ただ、その「イメージ」が、逆に仇になることも。男性ならA●K●、女性ならの●ピ●とか小●美●子、高部あいみたいに、「クリーン」「清純」なイメージで売っていた人ほど、事件を起こしたときに、ファンが受けるショックや「裏切られた感」は大きいし、復帰も難しくなるわよね。俳優の岩●●一なんかは、最初からワルっぽいイメージがあった分、ダメージは少なかったはず(アタシが5歳のときの事件なので、よく知らないけど)。

 もっとも、マ●キ●も比較的クリーンなイメージで売っていたわけだけど……。復帰後「世界に一つだけ●●」なんて曲を作っても、さほど「きれいごと言ってんじゃねえ」的なバッシングを受けなかったのは、やはり卓越したソングライティング能力のなせる業かしら。あと、A●K●みたいに「妻子持ちなのに不倫していた」みたいなスキャンダルが付随しなかった点、の●ピ●みたいに逃亡を図ったりしなかった点(逃亡する暇もなかったのかもしれないけど)も大きい?

 そう考えると、薬物事件を起こした後、世間から「許される」か「許されない」か、は、「才能(お金を生むかどうか)」「それまでのイメージ」「事件前後の態度」「初犯か再犯か」といった、さまざまな要素の複雑なバランスの上に成り立っていることがわかるわね。……って、なんだ、この漠然とした微妙な結論!

 それにしても高部あいが今後どうなるのか、少しばかり気になるわね。小●美●子ルートを歩むのか、たとえば「一念発起して渡米し、ハリウッドで認められ成功」(陳腐な想像)みたいな、まさかの逆転一発人生を送るのか。
 あと、妊娠中(?)の薬物使用で、赤ちゃんに影響が出ないかどうかだけが本当に心配。どうか無事に生まれてきて……。

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)

イメージ写真:ijacky / 123RF









  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6