Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.33
    実話BUNKA超タブーVol.33

    コンビニ・書店で5/1発売 通常毎月1日発売 550円

    オフィス北野は"たけし利権”のため"芸能界のドン"が作らせた!? ビートたけし独立騒動の真相/ニッポン売春の歴史/電通とアディダス暗躍でハリルホジッチ解任 日本サッカー界の闇/大谷翔平と国産メジャーリーガーアメリカで罵詈雑言だらけの現実/嘘つき総理安倍晋三 嘘まみれの半生/ラーメン二郎もっとも無愛想な店は?/情報バカを喰い物にする健康保険業界の裏/環境汚染大国韓国/首都圏民度低い路線/芸能人オ◯ペット番付/山健組総帥の座に… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年7月号
    実話BUNKAタブー7月号

    5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    TOKIO山口メンバー(元)女子高生淫行事件で激震 ジャニーズ帝国崩壊の真相/板門店宣言は韓国の無条件降伏だった/仲良くもないジジババに貴重な時間を奪われる町内会という地獄/韓国版ネトウヨ「クッポン」の醜悪差別っぷり/自衛隊にまつわる最低エピソード集/アラーキーのセクハラなんて生ぬるいエ□本業界の驚愕ハラスメント/事務所を独立した芸能人勝ち組負け組/OL座談会「わたしたちが絶対に◯◯◯したくない男」/世界の銃乱射事件大全 ほか

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは崎陽軒の弁当だけで3ページ! 必見!

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2015.10.14(水)

「まれ」総括と「あさが来た」~エスム的「朝ドラ」論・その2:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載72

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第72回 「まれ」総括と「あさが来た」~エスム的「朝ドラ」論・その2

 新しい朝の連続テレビ小説「あさが来た」が始まったわね。
 というか、ついこの間「まれ」が始まった、という記事を書いたばかりなのに、もう半年たったのね。時の流れが早すぎるわ……。

 さて、今回の朝ドラのヒロイン・あさを演じるのは、本田翼との違いが、今まであまりよくわからなかった波瑠(ババア、若い娘の認識能力低すぎ)。あさの姉・はつを演じるのは、二階堂ふみとの違いが、よくわからなくなりつつある宮﨑あおい(ただ、17歳の役を演じてもまったく違和感のない、あおい29歳の若々しさには、あらためてびっくり……)。
 福士蒼汰と中川大志といい、最近の芸能界は、そっくりさんがブームなのかしら……。

 ちなみに「あさが来た」は江戸時代後期スタートで、現在明治維新直前、大河ドラマ「花燃ゆ」は現在明治維新後が描かれており、朝ドラと大河の時代が丸かぶりするという、ちょっと珍しい現象が発生(大河が近現代路線に走った3年間を除く)。
 でも「あさが来た」の方は今のところ評判がよく、視聴率も好調、ということで、「花燃ゆ」がますますかわいそう。かくいうアタシ自身も、「あさが来た」は毎朝楽しみに観てるけど、「花燃ゆ」は録画したまま、ずっと放置しているわ……。

 それにしても前作「まれ」は、すごかった。
 半年前、このコラムで「現代ものの朝ドラは、中盤以降破綻してしまいがち」と書いたんだけど、「破綻」という言葉ではおさまらないくらいのしっちゃかめっちゃかぶり。
 「みんなで主題歌を合唱する」という赤面もののシーンが何の脈絡もなく出てきたり、ヒロインが結婚して何年も経ってから、突然「姑」が登場したり、まったくハラハラ感のない、似たようなトラブルが次から次へと発生したり。
 「もしアタシが書いてて、行きづまったら、こういう風にしちゃうんだろうなァ」と思うような展開のオンパレードで、観ていて胸が苦しくなったわ……。

 で、最近気づいたんだけど、朝ドラのうち、「時代物で、ヒロインが(その時代にしては)新しい仕事にチャレンジする」という作品は、(少なくともアタシ的には)当たりが多いのよね。髪結いとして洋髪に取り組んだり、戦後いち早くスーパーマーケットを立ち上げたりする「おしん」とか、昭和初期に美容師を志す「あぐり」とか、やはり昭和初期に洋裁店を立ち上げる「カーネーション」とか。
 一方、現代物の場合は、ヒロインが看護師になる「ちゅらさん」とか、落語家になる「ちりとてちん」とか、古典的な職業を扱ったものに名作が多い印象。

 逆に、現代物×新しい職業(パティシエとかダンサーとか)だと、ヒロインがタダの、底の浅いミーハーにしか見えないのよね……。
 もちろん、新しい職業には新しい職業なりに、奥深さとか大変さとか悩みとかが、絶対にあると思うのよ。それなのに朝ドラって、なぜかそこに正面切って踏み込もうとせず、新しい職業ほど軽やかに……というか、表面的に描こうとするのよね。だから、行き当たりばったりで薄っぺらな物語に見えてしまうし、ヒロインが仕事とか恋愛とかに悩んでいても、ついつい「ハァ? 世の中には、もっと大変な思いして生きてる人がたくさんいるんだよッ」と、素直にヒロインを応援できない気分になっちまうのよ……。

  今回の「あさが来た」は、時代物で主人公が新しい職業にチャレンジしていくという、名作の王道パターン。
「ヒロインがおてんばで男勝り」というのは、ちょっとベタすぎる感もあるし、ちょこちょこご都合主義的な展開もあるけど、一応史実に基づいているし、それほど大きな破綻はないはず。
 モデルとなった女性(広岡浅子さん)は相当な女傑だったみたいだし、今後が楽しみだわ!

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:あさが来た(part 1) 連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド) NHK出版
http://books.rakuten.co.jp/rb/13409043/








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6