Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.33
    実話BUNKA超タブーVol.33

    コンビニ・書店で5/1発売 通常毎月1日発売 550円

    オフィス北野は"たけし利権”のため"芸能界のドン"が作らせた!? ビートたけし独立騒動の真相/ニッポン売春の歴史/電通とアディダス暗躍でハリルホジッチ解任 日本サッカー界の闇/大谷翔平と国産メジャーリーガーアメリカで罵詈雑言だらけの現実/嘘つき総理安倍晋三 嘘まみれの半生/ラーメン二郎もっとも無愛想な店は?/情報バカを喰い物にする健康保険業界の裏/環境汚染大国韓国/首都圏民度低い路線/芸能人オ◯ペット番付/山健組総帥の座に… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年7月号
    実話BUNKAタブー7月号

    5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    TOKIO山口メンバー(元)女子高生淫行事件で激震 ジャニーズ帝国崩壊の真相/板門店宣言は韓国の無条件降伏だった/仲良くもないジジババに貴重な時間を奪われる町内会という地獄/韓国版ネトウヨ「クッポン」の醜悪差別っぷり/自衛隊にまつわる最低エピソード集/アラーキーのセクハラなんて生ぬるいエ□本業界の驚愕ハラスメント/事務所を独立した芸能人勝ち組負け組/OL座談会「わたしたちが絶対に◯◯◯したくない男」/世界の銃乱射事件大全 ほか

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは崎陽軒の弁当だけで3ページ! 必見!

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2015.09.10(木)

ツッコミどころ満載の、愛すべき女優・川島なお美:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載67

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第67回 ツッコミどころ満載の、愛すべき女優・川島なお美

 アタシは昔から、川島なお美が大好き。
 なにせ16年前、自分のホームページを立ち上げた時、最初に書いた文章のタイトルが「川島なお美問題」だった――それくらい好きなの(わかりにくい基準)。

 アタシが「川島なお美」という名前を初めて知ったのは、小学6年のとき。クラスメートのY君が、卒業文集に「好きなタレント ジャッキー・チェン、川島なお美」と書いていたの。
 この二人を並べるY君もY君だけど、当時、芸能事情にうとかったアタシは、「なお美」の「なお」が平仮名だったりするあたりに、妙ないやらしさを感じ、「この女はきっと、水着系グラビアアイドルとか、そういうのに違いないッ」(30年前なので、「グラビアアイドル」なんて言葉はなかったけど)と思ったものよ。

 アタシが、ちゃんと「動いている川島なお美」を目撃したのは、それから10年後(遅!)。安達祐実主演のドラマ「家なき子2」を観ていたときだったわ。美貌と鼻にかかった声を駆使して美人秘書を演じるなお美の、過剰としかいいようのない色気と、そこはかとない安さに、アタシの目と心は釘付けに。
 でも、わりと本気で「なお美、すげえッ」と思ったのは、その翌年。ドラマ「イグアナの娘」でのなお美がとにかく美しく、演技が素晴らしかったの。
 このドラマでなお美が演じていたのは、主人公(菅野美穂)をいびりまくる母親の役。「いやもう、絶対地でやってるだろう」としか思えないような、憎々しいいびりっぷりと、終盤での泣かせ演技、どちらもハマっていて、アタシはすっかり、なお美のとりこになったわ。

 そのころからなお美は、次々に攻撃をしかけてきたの。
 菅野美穂と一緒に出たトークバラエティ番組で、「(菅野美穂がなお美のグラスにワインを注ごうとするのを手で制して)ダメよ、菅ちゃん。ワインはね、女の人が注いじゃいけないのよ。必ず男の人に注いでもらうものなの」とか「(出されたワインを一口飲んで)そうねえ。北欧の、ちょっと厳しい女子寮の、寮長って感じかしら」と言い放ってみたり。あるいは自分のヌード写真集を海外の映画監督に渡し、売り込みをかけてみたり(こちらは噂に聞いただけなので、本当かどうか知らんけど)。
 とにかく、なお美の言動の一つひとつが、アタシのツボに命中。

 6年前、結婚前後の(なお美の)盛り上がりっぷりもすごかったわ。「披露宴をテレビ中継させる女は、タダ者じゃない」と相場が決まっているけど、やはりなお美も披露宴の模様を日●レに独占中継させ、さらに著書「熟婚のすすめ」と11年ぶりのシングル(「鎧塚小々夏」のペンネームで作詞も!)を同時リリース。
 ただ、披露宴中継でインタビューを受けた芸能人客はみんな、「食事が楽しみ」としか言わないし、通常のニュース番組とバラエティ番組の枠の中に無理やり押し込めて放送してるから、合間にニュースや「長山洋子と美川憲一の、くされ縁珍道中」なんてコーナーが入るし、扱いがちょっぴり雑。
 いつでもどこでも、ツッコミどころを用意することを忘れない(本人が意図しているかどうかはともかく)。それがなお美の魅力だと、アタシは思っているわ。

 ところが、そんななお美がいま、大変なことに……。シャンパーニュ「COLLET」の新商品発表会の動画観て、アタシ、本気で泣いたわ。「私、今まで(ワインを)さんざん、一生分の飲んできたので、見ただけで味がわかるんです」とか、相変わらずなお美を炸裂させてはいるけど、どうしたのよ、その、毒が抜けきったような表情は……! そしてなお美と鎧塚さん、なんて優しい目でお互いを見るのよ……。
 なんかもう、自分の涙の意味もよくわかんないわ。あの身体で「年末までに舞台2本、ソロライブ1本やる」というなお美のひたむきさに心打たれたのか、夫婦の絆みたいなものに、うっかり感動しちまったのか……。

 今までさんざん、なお美に笑わされたり泣かされたりしてきたアタシ。だけど、泣かされっぱなしは嫌よ!
 なお美、お願いだから、いつまでも元気でいて! 今後もアタシたちに、ちゃんとツッコミどころを用意して! 頼むわよ!

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)

メイン画像・川島なお美オフィシャルブログより

おすすめ書籍: 私の死生観 (角川oneテーマ21 KADOKAWA)
http://books.rakuten.co.jp/rb/12950689/







  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6