Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.33
    実話BUNKA超タブーVol.33

    コンビニ・書店で5/1発売 通常毎月1日発売 550円

    オフィス北野は"たけし利権”のため"芸能界のドン"が作らせた!? ビートたけし独立騒動の真相/ニッポン売春の歴史/電通とアディダス暗躍でハリルホジッチ解任 日本サッカー界の闇/大谷翔平と国産メジャーリーガーアメリカで罵詈雑言だらけの現実/嘘つき総理安倍晋三 嘘まみれの半生/ラーメン二郎もっとも無愛想な店は?/情報バカを喰い物にする健康保険業界の裏/環境汚染大国韓国/首都圏民度低い路線/芸能人オ◯ペット番付/山健組総帥の座に… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年7月号
    実話BUNKAタブー7月号

    5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    TOKIO山口メンバー(元)女子高生淫行事件で激震 ジャニーズ帝国崩壊の真相/板門店宣言は韓国の無条件降伏だった/仲良くもないジジババに貴重な時間を奪われる町内会という地獄/韓国版ネトウヨ「クッポン」の醜悪差別っぷり/自衛隊にまつわる最低エピソード集/アラーキーのセクハラなんて生ぬるいエ□本業界の驚愕ハラスメント/事務所を独立した芸能人勝ち組負け組/OL座談会「わたしたちが絶対に◯◯◯したくない男」/世界の銃乱射事件大全 ほか

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは崎陽軒の弁当だけで3ページ! 必見!

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2015.09.03(木)

ERIHIROのシングル「STARS」リリースに思う:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載66

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第66回 ERIHIROのシングル「STARS」リリースに思う

 8月26日にリリースされた、元SPEEDの今井絵理子、島袋寛子による新ユニット「ERIHIRO」のシングル「STARS」、みなさんもう、お聴きになったかしら?

 ドラマ「ホテルコンシェルジュ」の主題歌になっているこの曲。アタシ、残念ながらドラマを観ていなかったので、今回コラムを書くにあたって、初めて聴いたんだけど……。好きだわ、この曲。SPEEDらしさを残していて、違和感なく聴ける感じ!

 それにしても、思い出すわ……。SPEEDがデビューしたころのこと。寛子が小学5年生だと知って、周りのオカマたちとよく、「いくらなんでも生き急ぎすぎよね。いくらSPEEDだからって……」とか言ったものよ(オカマたち、意外とベタ)。
 「島袋寛子と吉行和子って、ちょっと顔似てない?」と主張して、みんなから却下されたのも、今となってはいい思い出……。

 その後解散するまで、SPEEDはアタシたちをずいぶん楽しませてくれたわ。
 まず、楽曲が名曲揃い。さすが、寛子と絵理子が「これでもかッ」「これでもかッ」と声を張り上げながら(そして、二人でつばぜり合いを繰り広げながら)歌っているだけあって、どれもカラオケで歌うと気持ちいいのよね。アタシ、いまだにストレスがたまると、時々カラオケで「ALL MY TRUE LOVE」を歌って発散しているわ……。
 ちなみに、初めて男とつきあった冬によく聴いたのは「White Love」。当時13歳とか14歳とかの娘っこたちの歌に、恋を彩られていた25歳のアタシって一体。

 あと、残り3人のキャラが濃すぎて、ちょっぴり影が薄かった多香子が、「my graduation」のころ、一時的に恐ろしいほどきれいになった(いや、その後も普通にきれいなんだけど)のは、びっくりしたわ。もしかして、ISSAとの恋愛がスタートしたのは、あの頃なのかしら。

 でもね……。オカマたちの間では、やっぱり仁絵が大人気。二丁目のクラブで「ひとえ専ナイト」という、仁絵専門のイベントが開催されるほど(うそ。「ひとえ専ナイト」は実際にあるんだけど、本当は「一重まぶたの男が好きなオカマのためのイベント」なの……)、みんな仁絵に夢中だったわ。
 親しみを感じさせる顔。一人だけ、やたら腰と力が入りまくったダンス。そしてソロデビュー時の名前が、「HITOE'S 57 MOVE(ヒトエズゴナムーブ)」。もうね、なにもかも完璧すぎる……。

 それからあっという間に20年の月日が流れ……。あの娘たちが、こんなに苦労するなんて、アタシ、思いもしなかったわよ。
 寛子の熱愛が原因(?)でSPEEDは解散し(当時、寛子15歳。やっぱり生き急ぎすぎ……)、絵里子は離婚して、女手一つで子どもを育て、多香子は結婚後2年で旦那さんと死別。
 そして仁絵は、ヨガや阿修羅像に興味を持った末、13年交際した相手と結婚。事務所を退社して、完全に芸能界を退いており、現在行方がわからないとのこと。

 って揃いも揃って大変なことになりすぎ……。絵理子の座右の銘は「神様が与えてくれた試練だから乗り越えられないはずはない」らしいけど、神様、ちょっと試練与え過ぎ! この娘たちが一体、何をしたというのさ……。
 せめて仁絵ちゃんは幸せでいて!

 というわけで今、元SPEEDのメンバーたちを応援したくて仕方ないアタシ。ERIHIROも、10月に舞台「くちづけ」で芸能活動を再開するという多香子も頑張ってほしいわ。
どうか「STARS」がヒットしますように!

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1KS18O2
(コピペして検索窓に)

おすすめCD+DVD:Stars(CD+DVD) ERIHIRO(avex trax)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13286021/







  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6