Home > サブカルチャー
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.19
    実話BUNKA超タブーVol.19

    【月刊化】清水富美加出家騒動で大注目幸福の科学大研究/韓国の大学ノーベル賞ゼロ理由

    コンビニ・書店で3/1発売 530円

  • 実話BUNKAタブー 2017年5月号
    実話BUNKAタブー

    5月号 創価学会VS幸福の科学/内村光良不倫略奪愛過去/男の保育士&小学教師ほぼ□リ 3/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー


||||ホントにおトクな情報||||

PRカラーミーショップはリアルな店舗を持っていなくても、ネットを通じて商品を販売する楽しみを多くの人に実感してもらえるショッピングカートです。これまでに23万を超えるユーザー様からお申込みをいただいております。
カラーミーショップなら誰かに(大手に)頼らなくても、あなた好みのネットショップを作れます。あなたがセレクトした商品や作った商品の魅力を伝え、それを欲しいと思ってくれる人にお届けしてみませんか。
30日間、無料でお試しいただけるので、初心者の方やネットショップ作成サービスで悩んでいる方も、安心してご利用いただけます。




サブカルチャー 2015.07.02(木)

やる気のない人がモテる理由:54歳カリスマ童貞・山口明のモテ連載69


54歳のカリスマ童貞・山口明だから分かる新しいモテ論

童貞モテ革命

連載第69回 やる気のない人がモテる理由

熱かった70年代から冷めていった80年代

 本日も童貞なり。
 子供の頃から全くやる気のない山口明です。そうなんですよ、学校でよく先生に「お前、やる気あるのか!!」と怒られてばかりだったんですよ。
 オレが10代だった1970年代って、世の中がバブル前の上り調子の頃で、世の中全体がやる気満々な熱い時代だったんですよ。そんな世の中なのに、やる気なさそうにしていたオレって、凄く目立っていたんで、先生にもよく怒られていたんでしょうね。
 その後、1980年代に入ったあたりから、だんだん世の中がどこか冷めた感じになっていくんですよ。70年代的な熱い青春ドラマとか音楽が、何かギャグに見えるような時代になっていくんですよね。みんな「本気じゃないですよ」って態度になって、もう「やる気満々で熱いのってダサイよ」という世の中になっちゃったんですよね。

再びやる気満々な世の中に戻ってませんか?

 しかし何でバブルで景気が良くなった80年代に入ったあたりから、何か熱い感じがなくなったんでしょうか。
 それって好景気になって世の中の人に余裕が出てきて、みんな洗練されていったんでしょうね。
 しかし最近またどうも世の中がやる気満々な熱い感じになってるように思いませんか!? 数年前から景気が悪いし、将来も不安定だし、だからやる気を出していかないと、生き残れないようになってきたって事なんですかね。もう本当に余裕ががなくなってきたんですね。
 テレビのバラエティ番組とかで、出演者がとにかく前へ前へ出ようとしていたり、あの国民的アイドル・グループのメンバーも、皆さん上昇志向の塊じゃないですか。
 そして一般の人たちも数年前からTwitterやFacebookなどのSNSで、とにかく自分の存在感を世の中にアピールしているわけで、これって、やる気満々な70年代に戻っちゃったみたいですよね。

やる気がない方が目立つでしょ!

 こういう時代だからこそ、逆にやる気なさそうにしている方が目立ちますよね。喫茶店だって、コーヒーが特別に美味しくもなくて、ナポリタンがやたら油ぎってたり、やる気のないマスターがカウンターの中でずっと新聞を読んでいて、長居できそうな喫茶店の方が、居心地が良かったりしますよね。そんなやる気のなさって、今こそ求められてるんじゃないですかね。
 テレビでもやる気のない坂上忍さんが人気あったりしますし、有名人でTwitterをやめる人も目立ち始めましたよね。実際にオレのまわりでも「Twitterやめようかな」なんて言ってる人がけっこういますよ。みんながやってたらやらない方が目立ちますよね。
 女性に対してもやる気満々な男って、警戒されて女性もガードが堅くなりますよ。
 どうですか、もう皆さんやる気のない感じでいきましょうよ。その方が自分も楽だし、目立つし、そしてモテたりするんじゃないでしょうか!
 ではでは、また来週〜って来週はもうお休みしようかなぁ〜って、今回はやる気のない感じで終わりたいと思います。大丈夫ですよ、来週もやりますよ〜!!

【山口明(やまぐちあきら)…54歳カリスマ童貞デザイナー】
オレが20歳の頃「やる気とね…」という矢沢永吉さんの語りで始まるラジオCMが頻繁に流れていたんですよ。「矢沢永吉RUN&RUN」という映画のCMで、当時30歳を目前にして長者番付の歌手部門トップに君臨し、自伝「成りあがり」もベストセラーで、まさにやる気満々でアツ過ぎる永ちゃんを追ったドキュメンタリー映画だったんです。これがとにかく面白い! 中でもオレが好きなシーンは、ライブを終えた永ちゃんがバックバンドの人たちと控え室に向かう途中の会話で「一番前で観てたOLの3人組いたじゃない〜あのOLもうヤザワのバラードで完全にコー○ンやられちゃってるよね?」。オレもこんな事言ってみたいなぁ〜。「オレの連載読んでる女ってさ〜みんなオレの文章でコー○ンやられちゃってるよね? ヨロシク!!」

山口明のFacebook(代理)とTwitter(代理)はこちら
https://www.facebook.com/prodoutei
https://twitter.com/53sai_doutei

54歳童貞の御用達! 行きつけのショップは「ラブメルシー」で検索!

連載バックナンバー(最新10件)はこちら
http://bit.ly/1Hx946al (コピペして検索窓に) 





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事
▼石丸元章作品4/3発売

覚醒剤と妄想 ASKAの見た悪夢 (コア新書)

新品価格
¥950から
(2017/3/24 18:51時点)


▼一部当サイト連載作、発売中!
過去の短期連載はこちら

暗黒ディズニー入門 (コア新書)

新品価格
¥950から
(2017/2/23 21:56時点)




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 













募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル 瀬名あゆむ TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 ロマン優光 山口明 童貞 ローカルアイドル 鋭すぎる競馬予想 ロコドル 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 フジテレビ 新日本プロレス 中国 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6