Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


||||日替わり連載陣||||

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのAV vs アイドル

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.30
    実話BUNKA超タブーVol.30

    慰安婦合意反故の韓国戦後対日関係トンデモ75年史/宮﨑あおい不倫報道の非清純過去/平昌五輪真の目的は李明博元大統領の極刑?/歌舞伎町ガイド人が案内デンジャラススポット巡り/人格破綻の暴力男星野仙一の正体/若頭社会不在最後の年に神戸山口組が仕掛ける大勝負/ダウンタウン浜田の黒塗りどころじゃない日本人差別の最低な名作/消費税延期で我慢も限界財務省の安倍政権潰し始まった ほか

    コンビニ・書店で2/1発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2018年4月号
    実話BUNKAタブー4月号

    階級社会ニッポンの絶望的な現実/尖閣諸島で日本が中国に圧勝/今日から入信可能!特選宗教ガイド/寿司を美味いと崇める舌バカが可哀想/HOW TO大人◯◯◯ 実際はNGなプレイ/韓国の北朝鮮すりより恥さらしヒストリー/一番まずい弁当店/職業選択の自由がない人々/OLひとり◯◯◯座談会/EVフィーバーに踊らされるな!エンジン車はなくならない/西郷どんなど◯ロリストでも偉人扱い/小室哲哉最後に… 他 2/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
まんが一億総非大人社会

 

まんが不幸な人一寸先は闇

 

まんが理不尽過ぎる現実異常な国ニッポン 未来が怖い

 

実録悪い人DX あわれなゴミ人間

 

まんが死ぬかと思った悲惨な話

 

まんが死ぬかと思った悲惨な話

 







サブカルチャー 2015.05.21(木)

ストーンズみたいに変化できる人だけがモテ続ける!!:54歳カリスマ童貞・山口明のモテ連載63

 


54歳のカリスマ童貞・山口明だから分かる新しいモテ論

童貞モテ革命

連載第63回 ストーンズみたいに変化できる人だけがモテ続ける!!

1978年のミック・ジャガー

 本日も童貞なり。
 1978年のザ・ローリング・ストーンズのライブDVDに痺れている山口明です!!
 このライブって1978年にアルバム『サム・ガールズ』を発表した直後に行われたもので本当にカッコイイですよ!
 この『サム・ガールズ』ってストーンズの歴史の中では、実は結構重要なアルバムだと思うんですよ。
 このアルバムが発表された1978年って、ロックは大きな変化を迎えようとしていたんですよ。1970年代に入ってロックもミリオン・セラーが続出したり、スタジアム規模のコンサートが行われたりと、ビッグ・ビジネスとして確立し始めたのですが、そんなロックに対してのアンチテーゼとして現れたのがパンクやニューウェイブで、ストーンズなどのベテラン・ロック・アーティストを時代遅れの過去の遺物として激しく批判し始めた訳です。
 そんなときに発表された「サム・ガールズ」はパンクやニューウェイブに対するストーンズからの返答のようなアルバムで、攻撃的なパンク調のナンバーや、シングル・ヒットした当時流行のディスコ調の「ミス・ユー」が収録されていて、全米1位、全英2位とチャート上位にランクインして大ヒットしました。この時代に変化することができたからこそ、ストーンズって生き残れたんだと思うんですよ。

変化できる者だけが生き残れる!

 生き残れるのは強い者ではなく賢い者でもなく変化できる者だけ…みたいなことをたしか進化論のダーウィンが言っていたように思うんですが、まさにストーンズって変化することができたから生き残れて、いまだに現役で世界最高のロックバンドのポジションにいられるんですよ。レッド・ツェッペリンもピンク・フロイドもパンクやディスコに行けませんでしたからね。
 そしてストーンズの人たちって当然今もモテ続けてると思うんですけど、それは変化できるからですよ。そうですよ、変化できる人がモテ続けるんですよ!!
 ミック・ジャガーって1978年にはその時代のトレンドをちゃんと取り入れて、紙も短くしてパンク・ファッションでしたが、その後も常にその時代の流行をちゃんと取り入れている感じがしますよね。何年か前に来日したときも、いい年なのに、かなり細身でピタピタのファッションで、ちゃんと今っぽいですよね。

ブレない基本に少し時代の空気を取り入れて変化!!

 変化できないとモテない、とは言っても、常にコロコロとファッションや髪型が変わる人って、何か信用できないですよね!? 特に若い人と同じような最先端のファッションを、それこそ全身取り入れてしまうオジサンやオバサンって凄く痛いというか滑稽ですよね。
 ストーンズの人たちみたいに自分の中に絶対にブレないロックンロールやブルースが基本にあって、その上で時代の空気感を取り入れるくらいの変化の仕方がカッコイイし、それが年を取ってもモテ続ける秘訣のように思いますよ〜。
 しかしミック・ジャガーって70歳過ぎてるんでしょうけど、イイ女に会ったら下半身もいまだに変化するんでしょうね。年を取ってもファッション・センスや感性は常に新しく変化しないとモテませんが、下半身もちゃんと変化しないとモテませんよ!!
 ではでは、また来週〜。

【山口明(やまぐちあきら)…54歳カリスマ童貞デザイナー】
『サム・ガールズ』が発表された1978年って、日本のミック・ジャガーと呼ばれた山本翔さんがソロデビューした年でもあるんですよ。ミック・ジャガーみたいな激しいアクションで歌う山本翔さんを当時テレビで観たオレは、すぐに『アレイ・キャッツ』というシングル盤を買いに行きました。最近知ったんですけど、実はこの人、グループ・サウンズの頃から活動していて「ザ・ラブ」というグループや「白いサンゴ礁」がヒットした「ズー・ニー・ヴー」の後期メンバーだったんですね。そんな山本翔さんですが、たしか20年くらい前にひっそりとお亡くなりになったんですよね。1978年のデビュー当時、この人に付いていたキャッチ・コピーは、たしか「こいつに似合うのは血の匂いのオーデコロンかもしれない」というもので、当然のようにオレは痺れたことを記憶しています!!

山口明のFacebook(代理)とTwitter(代理)はこちら
https://www.facebook.com/prodoutei
https://twitter.com/53sai_doutei

54歳童貞の御用達! 行きつけのショップは「ラブメルシー」で検索!

連載バックナンバー(最新10件)はこちら
http://u444u.info/l8Ib (コピペして検索窓に)









  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6