Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら


||||日替わり連載陣||||

毎週月曜

瀬名あゆむのAV vs アイドル

隔週火曜

新日最強通信

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.27
    実話BUNKA超タブーVol.27

    北朝鮮有事最悪のシナリオ/元SMAP巡る芸能界権力闘争の舞台裏/安倍首相の出身企業 神戸製鋼悪魔の正体/石原さとみ誰がどう見ても…/創価学会が与党大勝の影に/総連オススメ激ウマ飲食店ガイド/山口組分裂による社会混乱世間知らず警察官僚が大元凶/恋人の聖地名乗る図々しいスポット×27/すべて北朝鮮の陰謀だった ほか

    コンビニ・書店で11/1発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2018年1月号
    実話BUNKAタブー1月号

    朝ドラ『わろてんか』放映記念 お笑い独占企業吉本興業暗黒体質/バカ議員当選させた民度低い市町村/元AVライター狂ったAV業界への決別/土建屋のせいで貧乏人がますます貧乏に/中国の独裁者習近平恐るべき素顔/杉作J太狼XS×ロマン優光 最上もがと女子校生流行語に激論/池に落ちた小池百合子/鬼畜犯罪者20/本当に13万以上のスマホが必要ですか?iPhoneX買うヤツはマヌケ ほか 11/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
実録!体験談刑務所の中 正直シャバより幸せです!

 

まんが不幸な人

 

実録悪い人DX

 

関わったら負け!!地雷ニンゲン地獄変

 

実話マッドアックス


サブカルチャー 2015.04.22(水)

エスムが勝手に選ぶ・2015年4月期のおすすめドラマ:“ドラァグクイーン”エスムラルダ連載47

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第47回:エスムが勝手に選ぶ・2015年4月期のおすすめドラマ

 2015年4月期のドラマもほぼ出そろったわね。
 第1話を観て、アタシが継続視聴しようと思っているのは「ようこそ、わが家へ」「美女と男子」「Dr.倫太郎」「心がポキッとね」「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」。今回はその5本を中心に、見所や期待ポイントを勝手にレビューするわね!

 まずは「ようこそ、わが家へ」(フジ)。「相葉雅紀くん演じる、いまいちパッとしない(書籍の)デザイナーとその家族が、何者かによって執拗な嫌がらせを受ける」という内容のサスペンスで、今のところ楽しく観ているんだけど、「この時僕らは、目の前で起きていることを、もっと深刻に受け止めておくべきだったんだ。そうすれば、これから起きる最悪な事態を避けることができたかもしれない」みたいな煽りモノローグが頻繁に入るのが、やや心配。さんざん煽っておきながら、視聴者の期待を悪い意味で裏切るドラマ(「え? 最悪の事態って、これ?」みたいに)が、過去にたくさんあったから……。
 ちなみに、相葉くんと共に真相を究明しようとするタウン誌記者の役で、沢尻エリカ様が出演。このところ、普通の役続き(「ファーストクラス」も、エリカ様の役自体は「いい子」だったし)でつまらないので、「実はエリカ様がすべての嫌がらせの黒幕で、最後に本性が炸裂する」という展開を期待。

 次に「美女と男子」(NHK)。3本のドラマがバッティングする火10の中で、NHKドラマって、良質な割に認知度が低く、視聴率が低めな傾向があるけど、今回は多くの人の興味を惹きそうな芸能界モノだし、仲間由紀恵の「自信過剰で気の強い女」っぷりもいい感じだし、かなり健闘しそうな予感。しかも「ニュースの女」といい「篤姫」といい、田渕久美子さん(脚本)の「気丈なヒロインが活躍するドラマ」って、毎回面白いのよね。全20回は長丁場だけど、最後まで勢いが衰えませんように。

 そして「Dr.倫太郎」(日テレ)。「ドクターX」シリーズや「花子とアン」が軒並み高視聴率を叩き出し、向かうところ敵なしな脚本家・中園ミホ先生と、やはりヒット作への出演が続いている堺雅人さんの超強力タッグによる、精神科医を主人公としたドラマ。中園ドラマファン&20年ほど前に放送されていた「心療内科医・涼子」(室井滋さん主演)が大好きだったアタシとしては、期待大。原案本のあらすじを見ると、今後意外な方向に話が進んでいきそう(精神医療モノかと思いきや、かなりドロドロな展開が待っているみたい)なので、目が離せないわ!

 同じく水10の「心が、ポキッとね」(フジ)も、やはり心に病や闇を抱え、いろいろとこじらせちゃった人たちのお話。水10って……心が疲れた人たちがドラマを観たくなる、そんな時間帯なのかしら……。とはいえ、こちらは「イグアナの娘」や「ちゅらさん」等を書いた岡田惠和さん&「最後から二番目の恋」チームによる作品ということで、切なくコミカルで、そしてほっこりする内容になりそう。
 正直言ってアタシ、タイトルを見た時はスルーしかけたんだけど、スタッフ&キャストに惹かれて観てみたら、続きが気になってしまい、視聴継続することに。阿部サダヲさん、やっぱり上手い……。一部では「変わらなさすぎ」とか言われているらしい山口智子さんの演技も、アタシは嫌いじゃないわ……。

 最後に、「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」(TBS)。こちらもタイトル見た時はスルーしかけたんだけど、堤幸彦さん演出だと知り、観ることに。小ネタ満載、謎満載で、「ケイゾク」や「SPEC」が大好きだったアタシは、やはりワクワクしているわ(ただ、大島優子ちゃん演じる主人公のキャラ設定が、若干「SPEC」の当麻紗綾に似すぎている気はするけど……)。
 それにしても遠藤憲一さん。「Dr.倫太郎」では倫太郎の先輩役、「ヤメゴク」では暴力団の組長役と、大活躍ね……。

 あと、とりあえず第1話を観てはみたものの、視聴継続するかどうか迷っているのが「アルジャーノンに花束を」(TBS)。アルジャーノンって、13年前にも連ドラになっているのよね。「花ざかりの君たちへ」がたった4年でリメイクされた時もびっくりしたけど、なぜ比較的最近(しかも他局で)ドラマ化された原作を使うのかしら……。どうしても前作と比較されるし、あまりいい結果にはならないと思うんだけど……。ただ、演じるのがめちゃくちゃ難しい役どころを山Pがどう演じるのか、気になるところではあるわ。

 今回も駆け足で紹介しちまったけど、みなさんが観ているドラマ、気になったドラマはあったかしら? しかし、改編のたびに「今期こそ、観るドラマを減らそう」と思うんだけど……なかなか減らせないわね……。

写真・日テレ「Dr.倫太郎」公式サイトより

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

連載バックナンバー(最新10件)はこちら → 
http://u111u.info/kdF1(コピペして検索窓に)







  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

12/2発売!上の表紙から予約可

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 山口明 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス 童貞 アイドル 美しさ勉強講座 フジテレビ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一 ダイエット NHK ウンザリ
Powered by Vivvo CMS v4.6