Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.34
    実話BUNKA超タブーVol.34

    コンビニ・書店で6/1発売 通常毎月1日発売 550円(税込)

    米朝軍事同盟まさかの成立/50代以下には絶望的な人生が待っている地獄の未来年表/麻生太郎とんでもない差別主義の暴言王/創価学会&池田大作ゆかりの地めぐり/日本大学アメフト「悪質タックル事件」腐りきった真相/韓国とキムチの気持ち悪い真実/鉄腕!DASH!!なんてやれるのは超絶ヒマだから TOKIOはジャニーズのお荷物グループだった/表参道の美女20人に訊いてみた「男の部屋に行く=◯◯◯OKなのか」/関西ヤバい路線ランキング/山口組分裂の深層… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年8月号
    実話BUNKAタブー8月号

    6/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    日本大学理事長田中英寿の正体/日大アメフト内田監督バッシングで日本ますます貧乏に/もはや安倍を切り捨てる創価学会 公明党の思惑/アメリカVS北朝鮮悪行対決/パワハラ大国韓国の象徴大韓航空最低な実態/刺し身が一番まずい居酒屋は?/貧困沖縄風俗の現実/恐怖のロシア帝国 ほか

     

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは90年代サブカル論争/御朱印ガールの2本立て!

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
サブカルチャー 2015.02.19(木)

エスム、ナンノの「闘う女っぷり」に感銘を受ける:ドラァグクイーン”エスムラルダ連載38

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第38回:エスム、ナンノの「闘う女っぷり」に感銘を受ける

 初代と二代目、二人のスケバン刑事(斉藤由貴と南野陽子)がそろい踏みした、今週月曜日(2月16日)の「ごきげんよう」(フジ)。みなさんはご覧になったかしら?
 前回、「アタシは闘う少女モノが好き」と書いたけど、「スケバン刑事」はまさに、ハマリにハマった「闘う少女モノ」の一つ。原作の漫画やドラマのDVDはいまだにちょくちょく読み返したり観返したりしているし、あまりにも好きすぎて、「スケバン刑事ショー」まで作ってしまったほど(ちなみにそのショーは、アタシが一人で初代から四代目=松浦亜弥までのスケバン刑事に扮するという、かなり無理のあるもの)。……と熱く語っても、若い読者のみなさんにはまったくピンとこないと思うけど、とにかくアタシたちの世代(の、特にオカマ)にとって「スケバン刑事」は、青春の一ページであり、とても思い入れのあるドラマなの。しかも今まで、斉藤由貴と南野陽子(以下、ナンノ)が二人で何かに出演する機会はそんなになかったので、アタシのTwitterのタイムラインには「『ごきげんよう』、すげえ!」といった、狂喜乱舞するオカマたちのツイートで埋め尽くされていたわ(てか、平日の昼間にテレビ観られるなんて、みんな仕事してるのかしら……)。

 ところで、その回の「ごきげんよう」は、斉藤由貴がひたすらマイペースを貫き、ナンノがチャキチャキと突っ込みを入れたりフォローをしたりするという、絶妙のコンビネーションが面白かったんだけど、一つすごく気になったのが、「最初のお給料はいくらだった?」という質問に、ナンノが「月給3万円」と答えていたこと。しかも、そこから寮費を3万円くらいとられていたらしく、それ、なんてブラック企業……? で、斉藤由貴がまたマイペースに(そして無邪気に)「なんていう事務所?」とか訊いていたんだけど、当然のことながら、ナンノも小堺一機もスルー。

 しかし、伏せられるとかえって気になるのが人情というもの。というわけで、アタシいろいろ調べてみたんだけど……。今まで知らなかったけど、ナンノって相当な苦労人であり、相当なやり手でもあるのね。
 まず、最初に所属した、そのブラック(?)な事務所に、まったく売り込みのノウハウがなかったため、 自らテレビ局や出版社に営業をかけ、「週刊少年マガジン」のグラビアの仕事、さらには「スケバン刑事」の主役をゲット。その後、事務所から独立したものの、元の事務所がナンノ名義で勝手に不動産投資をした挙句、倒産。数億円の負債をナンノが抱えることに。さらに芸能界での進路に悩んだ時には単身渡米し、ハリウッドのユニバーサルスタジオの裏門で、自分の写真を配布……。

 とまあ、これらはあくまでもネットで得た情報。でもアタシ、なんとなく腑に落ちた気がするわ。昔からよく「ナンノは性格が悪い」という噂を聞いたり、「スケバン刑事の後、生意気すぎたためにナンノが一時芸能界を干され、芦屋(兵庫県の高級住宅地)の洋菓子店『アンリシャルパンティエ』でアルバイトをしたことがあるらしい」といった都市伝説(?)を耳にしたりしたものだけど、おそらくナンノの並外れた決断力と行動力、気の強さが、当時は「性格が悪さ」「生意気さ」ととられてしまったんじゃないかしら。そしてアンリシャルパンティエで働いたのも、「干されて仕事がなくて仕方なく」とかじゃなく、きっと本当にやってみたくて、気づいたら面接を受けていたんじゃないかしら(でもたぶん、お店の人は「え? ほんとにうちで働くの……?」ってびっくりしたわよね……)。

 そんなわけで、昔から嫌いじゃなかったけど、今さらながらナンノの「男前さ」を知り、あらためて惚れ直しちまったアタシ。今年の頭に、「夫(2011年に結婚した実業家)が借金裁判に負け、自宅に差押え執行官がきたらしい」と報じられたりしていたけど(ナンノって……男運と金運がイマイチ悪いのよね……。でも、そんなところもなんか、いじらしい感じ)、きっとその程度のことは屁でもないはず。ナンノ、これからもアタシ、応援してるよ!

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

 

連載バックナンバー(最新10件)はこちら → 
http://urx.nu/hxSF (コピペして検索窓に)

オススメDVD:スケバン刑事(東映ビデオ)
http://books.rakuten.co.jp/rb/11895644/








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 美しさ勉強講座 新日本プロレス 山口明 童貞 アイドル ロコドル フジテレビ ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 枡野浩一 オススメ
Powered by Vivvo CMS v4.6