Home > サブカルチャー

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.33
    実話BUNKA超タブーVol.33

    コンビニ・書店で5/1発売 通常毎月1日発売 550円

    オフィス北野は"たけし利権”のため"芸能界のドン"が作らせた!? ビートたけし独立騒動の真相/ニッポン売春の歴史/電通とアディダス暗躍でハリルホジッチ解任 日本サッカー界の闇/大谷翔平と国産メジャーリーガーアメリカで罵詈雑言だらけの現実/嘘つき総理安倍晋三 嘘まみれの半生/ラーメン二郎もっとも無愛想な店は?/情報バカを喰い物にする健康保険業界の裏/環境汚染大国韓国/首都圏民度低い路線/芸能人オ◯ペット番付/山健組総帥の座に… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年7月号
    実話BUNKAタブー7月号

    5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    TOKIO山口メンバー(元)女子高生淫行事件で激震 ジャニーズ帝国崩壊の真相/板門店宣言は韓国の無条件降伏だった/仲良くもないジジババに貴重な時間を奪われる町内会という地獄/韓国版ネトウヨ「クッポン」の醜悪差別っぷり/自衛隊にまつわる最低エピソード集/アラーキーのセクハラなんて生ぬるいエ□本業界の驚愕ハラスメント/事務所を独立した芸能人勝ち組負け組/OL座談会「わたしたちが絶対に◯◯◯したくない男」/世界の銃乱射事件大全 ほか

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは崎陽軒の弁当だけで3ページ! 必見!

グラビアギャラリー
サブカルチャー 2015.02.05(木)

「SEKAI NO OWARI」の現リーダー・Nakajinに恋をする:ドラァグクイーン”エスムラルダ連載36

 


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第36回:「SEKAI NO OWARI」の現リーダー・Nakajinに恋をする

 昨年末は紅白歌合戦に出演、1月にリリースしたアルバム『Tree』はオリコン週間ランキング1位をとり、2月10日は初の単行本『世界の終わり』刊行。このところ何かと話題の多い、今、中高生を中心にもっとも人気がある(といわれている)バンド「SEKAI NO OWARI」(以下、セカオワ)。みなさんはご存知かしら?

 なんて質問を投げかけておきながら、実はアタシ、セカオワについてはそんなに詳しくないの。だってアタシ、中高生じゃなくて、中高年だもん。セカオワの曲である程度知ってるのは『スターライトパレード』と『RPG』だけ。ちなみに二丁目(のアタシの周り)には、もちろん「セカオワ聴いてます」くらいの人はいるけど、「セカオワ大好き!」って人はあまりいない……ような気がするわ。

 で、この原稿を書くにあたっていろいろ調べてみたんだけど、何よりもまず気になったのが、現リーダーでギター担当の『Nakajin』のかわいさ! PVとかでちらっと見たことはあったんだけど、アタシとしたことが、あのもさっとした髪型にすっかりダマされていたわ。しかもNakajin、結構なスポーツマンらしく、画像検索したら、見事に腹筋の割れた画像が何点も! 眼福眼福、ありがたや……。トーク番組での受け答えも感じいいし、理系男子らしいし、Nakajin、アタシとつきあって!(ババアがっつきすぎ)

 とまあ、Nakajin話はこのくらいにして……。人気がある反面、「詞の内容やボーカル・Fukaseの言動が中二病すぎ」「ごり押しされすぎ」「メジャーデビューしバンド名の表記を変えてから(以前の表記は『世界の終わり』)、曲がポップになりすぎ」といった理由から、アンチも多いというセカオワ。ただねえ。最近アタシ、この「アンチが多いらしい」という情報、あまり信じられないの。なにせ剛力彩芽の「アンチの多さ」を利用したプロモーションの成功(?)を、目の当たりにしたばかりだから。まずはごり押しし、反感を抱く人が増した頃に「嫌われている」との情報を流し、徐々に人々に「でもそんな悪い子じゃなくない?」「いじめたらかわいそう」と思わせ、気がつけばすっかりお茶の間に定着(←剛力イマココ)。もしかしたらセカオワも、その路線を狙っているのかも……。

 あともう一つ気になったのが、過剰なまでの「ほんわか仲良し感アピール」。ドリカムといいマイラバといいいきものがかりといい、男子複数+女子一人のさわやか系若手バンド(?)って、「女子があまりかわいくなくて、男女の恋愛感情抜きの仲良し感がうける」(ものの、徐々にシモ関係のスキャンダルが明らかに)というのが定番だけど……。セカオワの場合、ピアノ担当の女子・Saoriがヘンに美人なせいか、「みんなで一軒家に一緒に住んでます」とほんわか仲良し感をアピールされても、どことなく性的な匂いがするというか、ついつい「アンタら、やることやってるんじゃ……」と思っちまうのよね(下種の勘繰り)。

 実際、ネット上には「FukaseとSaoriは昔つきあってたらしい」「NakajinとSaoriも怪しい」(そんなのアタシ許さない)とか、わりと生々しい噂が。まあ、「大人の男女が清く正しくほんわか仲良く」ってこと自体がそもそもファンタジーにすぎないんだろうけど(セカオワメンバー、なんだかんだ言ってみんなアラサーだし)、あっという間にそういう生々しい部分が知られてしまうのも、ネット社会の哀しさよね……。中高生ファンたちは、そういうのもわかった上でセカオワを愛しているのかしら。それとも、表面的なイメージをそのまま信じて、「セカオワみたいな関係っていいよね!」と思っているのかしら……。

 でもね、そんなことはどうでもいいの! Nakajinがいる限り、アタシは応援し続けるわ(結局そこかい)。頑張れセカオワ!

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

 

連載バックナンバー(最新10件)はこちら → 
http://urx2.nu/h0PU (コピペして検索窓に)

オススメCD:Dragon Night(トイズファクトリー)SEKAI NO OWARI
http://books.rakuten.co.jp/rb/12899768/








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 山口明 新日本プロレス 美しさ勉強講座 童貞 アイドル フジテレビ ロコドル ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6