Home > 社会・経済
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.22
    実話BUNKA超タブーVol.22

    ソフトバンクの正体/北朝鮮大研究/読売新聞は安倍政権の主張垂れ流す広報誌/現地ルポ韓国大統領選の狂乱醜態ほか

    コンビニ・書店で6/1発売 毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年8月号
    実話BUNKAタブー

    8月号 痴漢冤罪から逃れる方法/長谷川豊が語るフジテレビ凋落本当の理由/韓国人の逆ギレ思考法中国人の自己中思考法 6/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
社会・経済 2015.01.24(土)

後編:意外と知らない!? イスラム国っていったい何?


>>前編より

中東問題が解決すると困るアメリカ

 前編では、イスラム国の成り立ちと支持を集める理由について見てきましたが、それだけではここまでの勢力にはなり得ません。イスラム国が力を伸ばしてしまった理由は、またもアメリカにあります。
 2010年から2012年にかけて起こった「アラブの春」という反政府運動がありました。独裁政権であったチュニジアそしてエジプトやリビアなどで大規模なデモが起き、民主政権が誕生しました。これは世界の民主化を押し進めるアメリカの新自由主義による影響です。
 世界中で好意的に受け取られていたアラブの春ですが、この混乱に乗じてイスラム国が武器や石油利権などを次々と手にしていたのです。石油の輸出は現在もイスラム国の大きな資金源であり、略奪した武器は近隣諸国を恐怖に陥れています。

 しかし、これらがすべてアメリカの誤算だったかというと、そうでもないのかもしれません。なぜならアメリカは定期的に戦争をし、もしくは戦争を支援し、経済を活発化させてきた歴史があるからです。
 イスラム国が力をつけて支配を拡大すれば、アメリカの軍事経済はますます潤います。イスラム国の敵対国に武器を輸出できるし、テロとの戦いを口実に戦争にも参加できます。実は中東問題が解決してしまって一番困るのがアメリカという説もあります。
 イスラム教徒内だけでも解決が難しい中東問題。そこにアメリカの思惑が加わり、ますます混沌を極めています。中東問題が解決する日は、永遠に来ないのかもしれません。

(文・FUTOSHI) イメージ画像:(C)vitanovski/ 123RF写真素材

オススメ書籍:アメリカはイスラム国に勝てない(PHP新書)/宮田律・著
http://books.rakuten.co.jp/rb/13070131/





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事



おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 TERAMAGAZINE 瀬名あゆむ アイドル ロマン優光 TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 山口明 ローカルアイドル ロコドル 童貞 杉作J太郎 鋭すぎる競馬予想 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6