Home > 社会・経済

スマホ表示はこちら


月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.36
    実話BUNKA超タブーVol.36

    コンビニ・書店で8/1発売 通常毎月1日発売 550円(税込) 

    オウム真理教30年大総括/麻原彰晃亡き後残された信者たちの危険性/添加物まみれの飲み物リスト/安倍政権の不手際 西日本豪雨は人災だった/真夏の残酷ショー「甲子園」主催 運動部「熱中症」リスク指摘する朝日新聞の欺瞞/大阪内格差の実態/水道民営化でもはや貧乏人は水も飲めない/60過ぎたら何も美味しくない楽しめない 老人になる前に絶対やっておきたいこと/韓国の未成年犯罪/子育てが地獄な国ニッポン 産んだら貧困まっしぐら&周囲からは白い目 ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年10月号
    実話BUNKAタブー10月号

    8/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    がんの原因になる食品実名リスト 体を壊す5大食品添加物徹底解説/無能安倍政権によって甚大な被害発生 現地ルポ 西日本豪雨から1カ月広島岡山の絶望的惨状/日本軍の作戦ワースト10/貧困若者から搾取した税金使い放題 老人がおカネで得する方法/オウム潜入の思い出プレイバック/死刑のある野蛮国家日本より韓国はるかに文明国/全66品ジョイフル一番まずいメニューはどれ?/綾瀬はるかくびれ丸出しF乳爆揺れ腹踊り/神戸山口組の大重鎮に異変/前澤友作の暴走が止まらない ほか

     ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評掲載中! 今月のテーマはエ□本の思い出!

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
社会・経済 2015.01.24(土)

前編:意外と知らない!? イスラム国っていったい何?

 


意外と知らないイスラム国の成り立ち

 近年急速に力を伸ばしている「イスラム国」。1月21日には、日本政府に対して、拘束した日本人2名の身代金を要求する事態となっています。しかもこの要求を断れば、人質を殺すと脅しているのです。
 この過激派軍団は、どのようにして生まれ力を伸ばしてきたのでしょう。

 イスラム国が力を伸ばしている理由を知るには、よく聞くスンニ派とシーア派とは何なのかを、まず理解しなくてはいけません。
 簡単にいうと、イスラム教の宗派の違いになります。イスラム教は予言者ムハンマドによって立ち上げられた宗教ですが、当然ムハンマドは他界しています。そこで、ムハンマドの代理人であるカリフの血統を指導者とするのがスンニ派です。イスラム国もスンニ派にあたります。そして、イスラム圏の8割はスンニ派と言われています。
 いっぽう、当然ながら最高指導者は、ムハンマドの血を継ぐ者ではなくてはならないと考える人も出てきます。これがシーア派と呼ばれる人たちです。
 つまり、イスラム国は8割の支持母体があると言えます。イスラム国は列強国によって勝手に定められた国境を打破すると宣言しており、これもスンニ派・カリフ制を支持する一定のイスラム教徒を熱狂させている理由になります。

 イスラム国の成り立ちも、この宗派対立にありました。ブッシュ政権によって倒されたフセイン政権はスンニ派でした。新政権は当然シーア派がとることになり、スンニ派の人間は政治の中枢から追い出されることになりました。しかし、そんな事態となれば8割を占めるスンニ派が黙っていないに決まっています。
 そして、スンニ派復権に向けて、アルカイダの残党などが立ち上げたのが、イスラム国です。アメリカがフセイン政権を倒したことが、皮肉にもイスラム国の出現に繋がってしまったのです。
 一見、過激な集団に見えるイスラム国に、次々とイスラム国に入隊していくのは、実は自然な流れなのかもしれません。

>>後編につづく

(文・FUTOSHI) 写真:(C)Val thoermer / 123RF 写真素材 
※写真はフォトストックのイメージ画像で、実際の写真ではありません

オススメ書籍:学べる図解版 第4弾 池上彰が読む「イスラム」世界(ー)[電子書籍版](角川マガジンズ)/池上彰・著
http://books.rakuten.co.jp/rk/dcfacd995a823f10a65d3752693f614d/








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 






募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 美しさ勉強講座 新日本プロレス 山口明 アイドル ロコドル ローカルアイドル 童貞 フジテレビ 瀬名あゆむ 韓国 中国 枡野浩一 オススメ
Powered by Vivvo CMS v4.6