Home > 社会・経済
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.22
    実話BUNKA超タブーVol.22

    ソフトバンクの正体/北朝鮮大研究/読売新聞は安倍政権の主張垂れ流す広報誌/現地ルポ韓国大統領選の狂乱醜態ほか

    コンビニ・書店で6/1発売 毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年8月号
    実話BUNKAタブー

    8月号 痴漢冤罪から逃れる方法/長谷川豊が語るフジテレビ凋落本当の理由/韓国人の逆ギレ思考法中国人の自己中思考法 6/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
社会・経済 2014.07.03(木)

北朝鮮の交渉担当大使・宋日昊は「天城越え」を歌うカラオケ好き?


日本語カラオケを極秘に歌う!?

 7月2日のTBS「ひるおび!」で日朝政府間協議の報道が行われたが、共同通信社編集委員(元平壌支局長)・磐村和哉が明かした所によると、北朝鮮の朝日国交正常化交渉担当大使・宋日昊(ソン・イルホ)がかなり以前に日本に訪れた折、彼はカラオケで日本の演歌を歌ったとのこと。話を聞くため、同じ場に居合わせたのそうだ。

 この話になった理由は彼が日本語が実は堪能で、でもそれを普段は出さないで、会議中日本語だけで秘密の話をしているのを、彼は全部聞いていたというエピソードからの流れなのだが、彼が来日して歌ったのはどんな曲だったのかといえば「天城越え」(原曲・石川さゆり)だったとか。

 といっても親日というわけではなく、対日交渉にあたるため覚えた日本語学習の過程で覚えたものとフォローされていたが、北朝鮮の上層部の意外なエピソードだ。以来、あの固い顔を見るたびに「天城越え」を想像してしまう。

 ちなみに、なんの関係もないがこのような固い話題の際、同番組ではパネラーのデーモン小暮にはほとんど話題が振られない。このような未解決の社会問題を自称・悪魔がコメントするのは控えられているのかもしれないが、それではなぜそこに居るのかが非常に気になる点だ。

 拉致被害問題が早く解決するように祈りたい。

(文・編集部)写真:xtockimages / 123RF.com





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事



おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 TERAMAGAZINE 瀬名あゆむ アイドル ロマン優光 TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 山口明 ローカルアイドル ロコドル 童貞 杉作J太郎 鋭すぎる競馬予想 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6