Home > 社会・経済

スマホ表示はこちら


||||日替わり連載陣||||

毎週月曜

瀬名あゆむのAV vs アイドル

隔週火曜

新日最強通信

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.28
    実話BUNKA超タブーVol.28

    座間9人事件でも異常性癖の餌食に悲劇の女性被害者史/実は全然可愛くない女優ランキング/医療品業界のブラック事情/バカが着る服&身につけるモノ/2017年を彩ったバカ大集合/ラーメン二郎猿マネ36店地獄めぐり/自殺大国ニッポン/空気の読めない貴乃花でも変えられない相撲界の隠蔽体質/東京で一番行きたくない観光地/電車で激安帰省する裏ワザ×21/トランプ劇場に利用された安倍 ほか

    コンビニ・書店で12/1発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2018年2月号
    実話BUNKAタブー2月号

    大相撲ハチャメチャ大研究 読めば相撲のネガティブな情報がすべてわかる!/DQN有名人名鑑/和田アキ子VS安室奈美恵 アッコさんのほうが絶対イイ女/糸井重里の罪と罰/自◯幇助男と会ってみた/差別を助長する最低のモノ サザエさん クリスマス 金正恩 紅白歌合戦 インスタ オリンピック/アメリカと中国の2大国を1人で振り回す金正恩は国家元首として超一流だった/北朝鮮とトランプが手を結ぶ日/狡猾なモンゴル 他 12/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
まんが死ぬかと思った悲惨な話

 

実録!体験談刑務所の中 正直シャバより幸せです!

 

まんが不幸な人

 

実録悪い人DX

 

関わったら負け!!地雷ニンゲン地獄変

 




社会・経済 2013.08.22(木)

恐怖の黒いダイヤ・ナマコの真実

 


ヤ●ザを招き寄せる高級すぎる黒いダイヤ

あなたはナマコの恐ろしさをご存知だろうか?
「え、ナマコ? ナマコ酢のコリコリしたアレだろ? なにが恐ろしいんだよ。美味しいだけじゃないか」とおっしゃる皆様。ナマコはさほど知られてはいませんが実は、非常に恐ろしい生き物なのです。
とはいえ、別に噛み付いてくるとか、毒を持っているというわけではありません。その恐ろしさを知るためには、まず、ナマコは中国ではツバメの巣やフカヒレ、アワビに並ぶ「四大海味」のひとつだということを知る必要があります。そう、ナマコは我々が想像する以上に超絶デラックスな高級食材。「黒いダイヤ」と呼ばれるほどの存在なのです。
祖父がナマコ漁に携わっていたというMさんは言います。

「ナマコがさ、乾燥させて、中国に売るとすごい儲かるってなったのね。じいちゃんが、『これからはナマコの時代だ。ウニだのアワビだのって言ってんのは派手だけど、あんなもんよりナマコの方が金になんだ』って言ってたもの。でもさ、そうやって『儲かるぞ~』ってなったら、漁師とか海女だけじゃなくてさ、密猟の人たちが出てきちゃったみたいなのよ。ヤ●ザ屋さんとかがね。ナマコって獲るのすごい簡単だからね。海底まで潜れたら、誰でも獲れちゃうからさ」

そう、密猟です。しかも、個人レベルではなく、悪い組織が大々的に携わるほどの。 でも実は、乾燥なまこは江戸時代から続く歴史ある高級輸出品。なぜ今になってというと、その背景には、中国の経済成長に伴うナマコの輸出量拡大と価格高騰が。特に2000年から2008年の北京オリンピックあたりまでは「ナマコバブル」と呼んで差し支えないほどの凄まじい価格高騰ぶりを見せていたといいます。

欲にまみれた漁民たちが沈んだナマコバブル

「だからさ、漁師も笑いが止まらないくらいに儲かってたのよ。小さいころはいっぱいナマコを食べさせられてたよね。栄養たっぷりだっていってねぇ。でもさ、中学生くらいになったころには、『ナマコは俺らが食うくらいだったら中国に売った方がいい』ってじいちゃんが言ってたね。ナマコ食うくらいだったら、肉でも食えってね」

だが、その状況が一変したのは、ここ数年前のこと。2011年には、約半年で4割ほどにまで値段が下がりました。暴落です。
そう、まるでナマコバブルの崩壊…。

「下落の原因はさ、福島原発の影響だとかさ、中国経済の停滞だとかって言われてるよね。じいちゃんがさ、死んじゃった後で良かったよ。うちは父ちゃんも家業つがずにサラリーマンだし、ほんと、大事になんなくて良かった。でもさ、周りじゃアレだよ。けっこう、首くくる寸前までいったみたいな話も聴くからね。やっぱさ、たっぷり投資した直後だったりしたらさ、マズいよね。しかも、そこんとこの息子が密猟の手引きをしたとかで捕まった直後だったりとかして、精神的にもやられてたんだろうね。まぁ、今はまた、ちょっとマシになってきたみたいな話を聞くけど、どうなんだろうねぇ」

密猟業者をおびき寄せてしまうだけでなく、善良なる漁師たちの人生を絶望にたたき落とした「黒いダイヤ」。
その暗黒の輝きに魅せられ翻弄される人々のお話は、なんとも恐ろしいと思いませんか?

(文・編集部)

写真:赤ナマコのナマコ酢/sabamiso(Flickr CC-BY)







  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 山口明 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス 童貞 美しさ勉強講座 アイドル フジテレビ 韓国 中国 オススメ 枡野浩一 ダイエット ロコドル NHK
Powered by Vivvo CMS v4.6