Home > 社会・経済
最新号
グラビアギャラリー




||||ホントにおトクな情報||||


PR一眼レフカメラ上達講座でちゃんとした写真が撮れる!



社会・経済 2013.07.29(月)

噴火はもうすぐ? 富士山ハザードシミュレーション《前編》


地震と富士山の深い関係

 地震と火山活動は密接な関係があると言われている。
 富士山は1707年にも噴火しているが、これはM8.7だった宝永地震の49日後であった。近年では2004年のスマトラ沖地震の後にタラン火山やムラピ火山が噴火。2010年にはチリ地震の後にコルドンカウジェ火山の噴火が確認されている。この因果関係は、大地震による地殻変動で、火山活動が活発化するためと研究で判明している。大地震と言えば、当然、東日本大震災が思い出される。この東日本大震災と富士山の関係が懸念されているのである。

 では富士山が噴火したらどうなるのだろうか? まずマグマが流出した場合、流れだした溶岩が駿河湾にまで到着。静岡県の富士市や三島市の世帯はもちろん、東名高速や東海道新幹線も全て押し流され、流通は完全にストップするだろう。
 東京も無事ではない。火山灰は高度3万メートルに上昇し、東京に降り注ぐ。インフラを押しつぶし、至る所で帰宅難民が出る。さらに水を含んだ火山灰は高圧線に積もるとショートをおこし、大停電が発生すると予想されている。

 火山灰は鋭く尖っているため、ガラスの雨が降ってくるものと思ってほしい。吸い込むと喉を痛め、呼吸困難や気管支炎になり、目に入ると最悪の場合は失明する、まさに天然の凶器なのだ。万が一火山灰が肺から血液中に入り込めば、血行障害を起こすことも。数百万人の体長に異変をもたらす計算だ。しかし、大規模な停電で病院は全く使えない…。東京が大混乱に陥るのは想像に難くない。
 このような未来が近い将来現実になると、識者の間で騒がれているのだ。

>>後編につづく

(文・編集部)

おすすめ本:「まんがニッポンは騙されていた! 世界の超タブー」ネット通販にてお取り寄せいただけます!




あなたにおすすめの記事はこちら


  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

スマホアプリ「カメリオ」で「ブッチ

NEWS」と入れて最新記事をGET!

「ニューススイート」に配信予定

◎書店で12/2から発売!◎

◎書店で11/2から発売!◎

◎書店で9/30から発売!◎


●ロマン優光著、電子書籍版発売中




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 












募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

タグクラウド
おすすめ TERAMAGAZINE エスムラルダ 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 フジテレビ 杉作J太郎 中国 新日本プロレス ローカルアイドル オススメ 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6